« 今週のらでぃっしゅぼーや | トップページ | 松本アナウンサー »

2005/12/17

素人判断で30年ローンを背負っていいの?

耐震データ偽造問題。だまされてマンションを購入した人たちは、気の毒だ。素人では、とても耐震構造などわからないだろう。

でも、じっくり考えて思うのは、建物のことなどわからない素人が、素人判断で30年とか35年もの巨大ローンを背負ってしまっていいのだろうかということだ。

普通に地道に暮らしている人間は、何千万円もの借金を背負ったりはしない。カードローンで破産する人たちだって、何百万円程度の借金だという。不動産を取得すると言っても、今回のような欠陥住宅のほか、火事、地震、水害、地盤沈下、近くのゴミ処理場などの建設、近所とのトラブルなど、不動産の価値が下落する可能性は、いくらでも考えられる。火災保険程度は誰でも入るけど、すべての可能性をカバーする保険に入るのは不可能だ。

それに、30年後の自分を、どの程度予測できるだろう。病気、事故、会社の倒産、転職の失敗。収入が落ち込む危険は、サラリーマンだって、それなりにあるはずなのだ。

借金がすべて悪いわけじゃない。一般的に事業を興すなら、スポンサーを求めて、事業資金を獲得して、起業する。でも、そのためには入念な事業計画が必要だ。さまざまな危険を調べ尽くして、リスクを最小限にして、それでもある程度は賭になるのだ。

ところが、一般のサラリーマンがマイホームを購入するときに、どれだけの準備と覚悟をしているのだろうか。自分が素人なのは仕方ない。では、図面を別の建築士に見せて、判断をあおいだか。複数の業界人から、業界の実態を聞いたり、業者の評判を集めたりしたか。事業資金を借金する起業家なら、当然やるべきことだ。でも、マイホーム購入者のほとんどは、そんなことはしていないのではないだろうか。

そんないいかげんな調査で、30年ものローンを背負ってしまうことに、今回の悲劇の原因があるのではないか。

そういうことを調べない人が悪いといいたいのではない。ただ、そういうことをやることさえ考えつかない素人が、30年ものローンを背負うことが異常なのではないか。そういう人たちに気安く大金を貸し出す銀行も異常だ。

耐震偽装マンションを買った素人には、責任はない。解体費用や、当座の引っ越し費用や家賃を補助してくれるという国や地方自治体の方針は、いいと思う。でも、それだけの補助があってもなお、多くの人が最低限25万円では敷金もでないとか、立て替えで新たにローンを背負うのは無理と言って頭を抱え込む事態は、やはり異常だと思う。

自分や家族の命が危険にさらされているのだとしたら、一刻も早く退去するのが当たり前で、数百万円の当座の資金は、まっとうな暮らしをしている人間ならかき集められるはずだし、なければ借金したっていい。住宅ローンが重すぎてその借金も不能だというのは、やはりその住宅ローンが異様だと思う。

すべて政府が面倒を見ろというのは、やはりおかしい。だって、そういう危険をおかすのが怖くて、自分の身の丈にあった借金でできる範囲のマイホームしか購入しなかった人や、結果的には損だと言われても大きすぎるリスクを追わない選択をして借家住まいに甘んじている人たちも、税金を払っているのだから。その税金を、むやみに使うのは、許されない。

「みんながやっているから」というだけの理由で、自分の許容範囲内の大きな借金を背負った責任は、やはり負わなくてはならないだろう。でも、みんながそうしている社会も、それをあおりたてた銀行や政府も、おかしいと思うのだ。

数年前から、「家賃を払い続けることを考えれば、マンションを買った方が得だ」と言われたけれど、私はやっぱり買う決断がつかなかった。というのも、サラリーマンではないので、収入が安定しない。収入がもし落ち込んでも、アパート住まいならいくらでも生活レベルを落として支出を調整できるけれど、いったんローンを背負ってしまえば、そうはいかないからだ。

数年前に新聞の折り込みチラシでしきりに宣伝していた「グランドステージ下総中山」が、耐震偽装マンションの中に入っている。場所的には近所で手頃だし、広さの割には価格が安いので、名前を覚えているほどには注目していたのだよなあ。特に、ここはNTTの基地局に近い。ADSLには有利そうだったのだ。

本気で買う気はなかったけれど、いま思うと、やはり買わなくて大正解だったと思う。

|

« 今週のらでぃっしゅぼーや | トップページ | 松本アナウンサー »

コメント

いやいや、耳が痛い話です。
我が家もようやく築10年を迎えましたが、ローンは私としてはまだまだ目が飛び出るような額が残っています。
家を建てるとき、図面くらいは見たけど、土木の技術屋には建築のことはよくわからず、それでもわかっているようなふりをするのが精一杯でした。
ただ、たまたまオヤジが土建屋をやってたので、会社には建築士もいて、見てはもらったのですけどね。

でも今となっては家を建てたことが正解だったのか・・・。
たまたま旭川勤務が長くなっているけど、転勤族だからいつまでも自宅に住めるわけではないし、それなのにローンを払い続けるのも・・・。
なんといっても、将来は(少しずつでも)右肩上がりで収入は増えていくという見通しでローンを組んでいるので、今となってはローンの負担が重すぎて・・・。

まあ、渋る妻を説得して建ててしまったのだから、愚痴るわけにもいきません。
なんとかしなきゃ。

投稿: Ogaman | 2005/12/17 23:49

Ogamanさん、こんにちは。

すでに買ってローンを抱えている方には、こんなことを書けば嫌われてしまうのではないかと思いました(^^;)。

でも、これから買おうとする方には、政府や銀行にあおられて、無理してローンを抱え込むのは、ちょっと考え直してみたほうがいいのではと思います。

住宅ローン減税って、市民のマイホームの夢をかなえるためだといいますが、けっきょくは建設業者や銀行をもうけさすための政策じゃないでしょうか。「今年中に買えば税金が安くなる」なんて言葉に踊らされて大きなリスクを抱え込んで、くるしい思いをしている人は、少なくないはずです。

今回の件では、多くの人がニュースを見てすでに感じていると思われますが、これまであまり警告してこなかったマスコミも反省すべきでしょうね。

投稿: meka | 2005/12/18 00:35

いや、本当にこれだけ大きな買物の割には、甘い見通しで買っていました。
何といっても収入は右肩上がりで上がっていくという前提でローンを組んでいるというのは、ここにきて応えています。
今はどうなんでしょうかね?まさか昔のようにこんな見通しでは組まないだろうと思うのですが。

「借金は男の財産だ」などと訳のわからないことを言ってた自分が恥ずかしい・・・。

投稿: Ogaman | 2005/12/18 09:10

めかさんご無沙汰してます。
私も2人でやってる姉○さんと同業種の人間です。
家を建てる時、一応一級建築士ですがデザインはわからないのと、知り合いを駆使すれば安い方法はいくらでもありましたが、25年後に近い間、潰れない会社を選びそこに全て任せました。少し高くつきましたが、保険と思ってます。マンションにしなかったのは、何かあったとき自分で決められないのがいやでした。東京ではそうはいかないでしょうけど・・。
どんな職業でも、悪はいるのでそれに合わないために何がしかの知恵を出して自分や家族を守らなければと思ってます。
あと数年でローンは終わりですがもういかれています(笑)それと今回の事件では、一時構造をレベル高くして広告に書いて売り出した時期もありましたが、何でやめたんですかと聞いたら構造のレベル高くしても、売れる要素には、ならなかったそうです。偽造とは、レベルの違う話ですが、消費者皆さんの意識は非常に低いと思ってます。

投稿: gen | 2005/12/19 11:13

genさん、こんにちは。

パソコン書籍でも、セキュリティ対策の本は、売れません。知らないと大変危険なはずなのですが、読者は「無料で○○できる!」といったお得系のものに手が伸びるようですね。

このあたり、学校などで消費者教育として、きちんとやったほうがいいのかもしれません。自分でリスクを負う自覚がないまま「自由競争社会」になってしまうと、いいカモになる人が続出するでしょうね。

投稿: meka | 2005/12/19 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7669589

この記事へのトラックバック一覧です: 素人判断で30年ローンを背負っていいの?:

» デジタルカメラ、マンション(長期ローン) [松重昏迷閘門~随時随所無不楽~]
デジタルカメラは一生ものではない。40年以上前の時代に「カメラ」は財産だったかもしれないが、昨今の(世間が言うような)デジカメ(注「デジカメ」は三洋電機の登録商標)は、3万やそこらで買うものであって、しかも1年もすれば同一価格帯でもっともっと良いものが買えるようになることは必至。もちろん古い規格やらなんやらのまま使い続けることも可能だろうが、そればかりを続けていては「次」に行くことはできなくなってしまうだろう。 だから、4万のデジタルカメラを買うなら1年から2年あとにもまた4万が必要になるくら... [続きを読む]

受信: 2005/12/17 23:41

« 今週のらでぃっしゅぼーや | トップページ | 松本アナウンサー »