« 間違い宅配便 | トップページ | 疲れはあとから出る? »

2005/12/08

NAHAマラソン完走記

frun用に書いた完走記を、こちらにも載せておきます。

昨年に続いて関門&制限時間が15分延びているので、タイムアウトの心配はほとんどほどない。つくばでそこそこ走れたので案外行けるかもという気はあったけど、NAHAは記録をねらえるコースじゃない。それに、これまで記録ねらいでがんばってうまくいったためしがない。完走メダルを確実にゲットするお気楽モードで、ただ、昨年はグロスで6:06:41と関門時間延長に助けられての完走だったので、今年はおまけに頼らない6時間内完走を目指して走ることにした。

暑さを心配していたけれど、幸いに小雨がぱらつく程度の曇り空。気温18度は、マラソンには最高だ。傘を吹き飛ばすほどの風が心配だったが、前半は追い風に加えて細い道と人混みのおかげで、あまり気にせずに走り出せた。

昨年、トイレ待ちに時間がかかって、定位置に整列しそこなったので、今回は早めに整列。Hさんにお会いする。ナンバーは13000台なので、ぎりぎり広い国道からスタートできるだろうと思っていたら、スタート直前になってもなかなか前に進まず。国道の少し手前まで来たところで、鐘が鳴ってしまった。スタートロスは、14分9秒。最後尾に近いナンバーだった3年前でも12分32秒だったのに、どうなってるの?

それでもおまけ時間があるので、関門をあまり気にせずに、気楽に走ることにする。スタート地点を越えたところで、それまで一緒だったHさんは、あっという間に消え去った。周囲の流れに乗りながら適当に走る。あまりに遅い人は抜かすけど、無理にぐいぐい抜かしてエネルギーを浪費しないようにした。

国際通りの三越近くで母と姉が応援してくれているはずだったので、探したが見つからず。私が予約した観光タクシーが連れてきてくれるはずになっていたので、うまくタクシーに乗れたのか少し不安になったが、気にしてもどうしようもないので、考えないことにする。あとで聞いたら、あまりに風が強いので、運転手さんの機転で道路の反対側にいたそうだ。

2kmの標識を見落としたが、3km、4kmとすいすい進む。速度はけっして速くないのだが、何となく走っていたらどんどん先に進んでいる感じがして、時間経過を短く感じる。5kmのガススタンドは、いつも私設給水所をやっているのに、今日はやっていないみたい。ありゃりゃ。はじめさんに「5kmの最初の給水所は混雑するので~」と話していたのに。でも、今年は涼しいので、あせって給水する必要はなさそうだ。そこの直後の公設給水所も、人混みをかきわけてまでいくことはないと思って、パス。以後、給水所は3か所か4か所に1回しか寄らなかった。

それにしても、毎度のことだが人が多い。特に大会に出場し慣れていないビギナーも多いので、友達同士で並んでゆっくり走って道をふさいだり、急にエイドに向かって道を横切ろうとしたりと、マナー違反が目立つ。でも、いつもの年に比べて、あまり気にならないのは、私が余裕で走っているからだろうか。

タイムは気にしていなかったが、だいたい7分台をキープ。事前の計算では1km8分で走れば、スタートロス12分でも中間点の関門を3時間でクリアできるはずだから、平均7分台ならいいや。10km付近の坂道も、人を避ける以外は特に坂を感じずに進む。

昨年、16km付近で「脚が本当につらくなる前に」と思ってストレッチしたが、あれは失敗だった。念入りにストレッチしたら、かえって動かなくなってしまったのだ。リズムに乗っているし、今年は本当にきつくなるまで止まらないことにして、給水もできるだけ走りながらとって走りながら飲む。

17、8km付近で毎年鉄腕アトムを歌っている人がいる。昨年はなぜか微妙に音程がはずれていて力が抜けたが、今年は一昨年並のうまさに戻っていた。顔は覚えていないけど、昨年は別の人だったのか、それとも喉でもいためていたのだろうか。このあたり、応援が少ないサトウキビ畑は、だらだらとした上り坂で例年は暑いのに給水が減るのがちょっとつらいのだけど、今年は涼しいので何も気にならない。

そうこうするうちに、20km付近の風力発電の風車が見えてきた。昨年はこのあたりで子どもにパンをもらったけど、今年はいなかった。残念。下り坂になったのでするする下ると、あっという間に中間点だ。あれ? 中間点を過ぎたのに、ほとんど疲れていない。中間点の通過は2:56:50。けっして早くはないけれど、スタートロスが14分もあったことを考えると、まあまあか。

中間点の平和記念公園を越えると、やや登りになるが、速度はあまり落ちていないようだ。25kmひめゆりの塔付近で、土産物屋さんが沖縄そばを配ってくれている。一昨年は関門時間が気になって食べ損ねたので昨年はしっかり食べたが、今年は気持ちよく走れていたので、あえて止まることはないと思って、パス。

このあたりで、スタートからは約3時間半。そろそろトイレに行きたくなってきた。昨年はコース沿いにあったショッピングセンターのトイレを使った。距離表示のすぐあとだったような気がするけれど、何kmだったっけ? 26kmにはない。27kmでもない。途中、簡易トイレがあったが、1台か2台に10人くらいは並んでいるのでパス。そういえば、昨年も25kmあたりから、トイレを探しながら、だいぶ走ったっけ…。

29kmの標識をすぎたところに、トイレがあった! 道路が右に曲がっていくところで左側に道路に面してトイレがあるので、「お手洗い」の文字がよく見える。幸い入り口のところには数人しか並んでいないようだ。個室が3つくらいあるので、楽勝だ。簡易トイレではないので、設備もいい。来年もNAHAを走るなら、またここを使おう。

それまでほとんど止まらなかったので、トイレ待ちの間にストレッチをする。あれ? 右脚のふくらはぎが、めちゃめちゃ堅くて、固まっている。そういえば、昨夜寝ている間につったので、朝型念入りにストレッチして直しておいたのだけど…。こんなにパンパンの状態で走っていたの? でも、走っている間は痛みはないし、気がつかなかったなあ。ニッポンランナーズの影響で、ふくらはぎに負担をかけない走りになっているのがよかったのだろうか。

念のため、トイレを出てからもう一度ストレッチ。トイレとストレッチで5分くらいをロスしたが、トイレに入る直前に4時間。約3km先の31.8kmの関門は従来で4時間半、延長で4時間45分になっているから、まったく問題ないはずだ。

中間点を過ぎても疲労をあまり感じなかったが、25kmを過ぎたあたりから、さすがに少し疲れを感じてきた。でも、タイムは7分台をキープしていて、走るペースはあまり落ちていないようだ。いつもは25kmあたりでかなり疲労を感じて走るのがいやになってきて、エイドを見つけては立ち止まったりするのだけれど、今回は「止まりたい」と思うほどではない。しかも、時刻から換算すると、このまま1km8分以内で走り続ければ、ゴールは5時間45分前後。スタートロスが14分だから、もし5時間43分でゴールできれば、今年3月の荒川を抜いて、ネットで自己ベスト? そのためには1km7分40秒をキープすればいい?

あせってつぶれることはないと思いつつ、「ひょっとして記録が」と思うと、止まれなくなってきた。ただ、フルではいつも中間点前後からパンやバナナをとっているのに、今回は30kmまで、黒糖2、3個とみかん1かけらだけ。35kmあたりでエネルギー切れを起こすのではないかと思って、その後は意識して黒糖を3、4回、バナナを半分いただいた。すべて私設エイドだ。NAHAマラソンは、私設エイドが強力にバックアップしてくれるのでありがたい。

電照菊の畑を抜けて、30kmを過ぎたあたりから、糸満市内に入ってくる。31.8kmあたりの関門も無事通過。ラップをを取らなかったが、おまけ抜きでも5分以上は前だった。疲れは感じているが、いつもはこのあたりではもうヘロヘロのことを考えれば、あまりにも楽で気分がいい。

小禄バイパスへと曲がると、那覇空港に発着する飛行機が大きく見える。ここから右に曲がっていくと、しばらくだらだら続く上り坂だ。道路は広くなり、歩道横の1車線がコース。隣の1車線は自動車が走り、反対側2車線も自動車が走る。…と、この道に入ったら急に、いままで感じなかった風がぶわっと吹き付けてきた。うわぁ~、上り坂に向かい風だよ~。このあたりで自己ベストはあきらめたが、それでも走り続けさえすれば、コースベストとベスト2は間違いない。

それまであまり時間や距離を感じずに走ってきたけど、風と坂のダブルパンチは、どうにもたまらない。時計を何度も見るけれど、いっこうに時間は経っていないし、距離表示も進まない。また、「37km」が見あたらなかったと思ったら「あと5km」が出ていたりして、距離表示がよくわからない。この時間は長かった。それでも、走っていれば、いつかはゴールに着くのだ…。

そういえば、この上り坂、去年、一昨年はもっと長かったような気がする。今年はまだ、歩いている人を抜いていくくらいの元気はあったからいいか。やっと坂を登り切って、モノレールの高架下へ。奥武山公園駅の手前で左に曲がると、もう競技場は目の前だ。10kmあたりから前後して抜きつ抜かれつして走ってきた白人女性が、競技場の近くで仲間の応援を見つけたらしく、はでに騒いでいる。その隙に、一気に抜いて競技場へ。frunメンバーが誰かいないかちらっと眺めたけれど、わからなかった(どうやら宴会の真っ最中で、誰も見ていなかったようだ(笑))。

NAHAマラソンでは、5時間台になると、せっかく競技場に入ってきたのにみんなトラックをトボトボと歩いている。歩いている人たちをいっきに抜いて、ゴール。タイムは5:46:45、ネットは5:32:36。自己ベストには約3分およばなかったけど、NAHAのアップダウンと風の影響、それに何よりも余裕を持って最後まで走り続けられたことを考えると、フルではいままででベストの走りができたような気がする。前半2:42:41、後半2:49:56で、トイレとストレッチで5分使ったことを考えれば、ペースがほとんど落ちていないのだ。しかも、後半の所用タイムは、自己ベストだった荒川よりも1分ほど早い後半自己ベスト。1km8分以上の超ゆっくり走やwalkingなど軽い負荷で距離をつんだのが、効果があったのかなあ。ともあれ、フルをこんなにラクに走れたのははじめてで、気分がいい。

昨年、大混雑で当日中に受け取れなかった完走証は、やはり並んだけれどゴール後25分くらいで無事もらえた。しかも今年の完走メダルはかなりゴージャス。NAHAマラソンはいつも楽しいけれど、今年は格別だった。

|

« 間違い宅配便 | トップページ | 疲れはあとから出る? »

コメント

お疲れさまでした。
フルでラクに走れたというのはいいですね。
たとえペースを落としたとしても、なかなかそうはいきません。
自己ベストに近いタイムでラクだったなんて、素晴らしいと思います。

そしてあの完走メダル。いいですねぇ。

投稿: Ogaman | 2005/12/08 22:03

Ogamanさん、こんにちは。

はい。フルをあんなにラクに走れるとは思いませんでした。ひょっとして、1kmあたりあと10秒速く走れば、苦しんで自己ベストなのでしょうか。でも、それならラクに走る方がいいなあ。

投稿: meka | 2005/12/08 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7525294

この記事へのトラックバック一覧です: NAHAマラソン完走記:

» 結果報告。-42.195km,完走- [疾風のごとく...]
NAHAマラソン、完走しました。 これは、その完走の記録であります。 [続きを読む]

受信: 2005/12/11 22:41

« 間違い宅配便 | トップページ | 疲れはあとから出る? »