« 「専門家」に対する一般人の意識 | トップページ | 12歳でフィギュアスケートでオリンピック出場! »

2005/12/19

ランナーの大先輩

昨日の忘年会は、適当に各自走って皇居に集合するというものだった。私は、NAHAマラソンの疲れがなかなかとれないようなので、宴会だけにしようかと思ったのだけど、どうやら自宅から皇居までの20km弱は走れそうなので、皇居まで走っていった。

仲間と合流後、近くのお玉湯へ(有名な稲荷湯は日曜日は休み)。

脱衣場で、話しかけてくるおばあさんがいた。「あなたたち、皇居を走ってきたの」などと、いやに詳しいようなので、かなり冗談で「ひょっとして走られるのですか」と聞いたら、「あはは。いまは85歳だから、やめたけどね。30年くらい走ってました」とのお言葉。ええ~!!

近所(神田)の方らしいが、話しているうちに、息子さんと一緒に成田山まで走った行ったという話も飛び出した。成田山って、うち(千葉県市川市)からでも、フルの距離以上あるよ~。60kmはあるんじゃない?

30年前は、まだ女性がマラソンなど走れるのか、といった時代だったはず。こういう大先輩がおられるから、いまの私たちがある。

|

« 「専門家」に対する一般人の意識 | トップページ | 12歳でフィギュアスケートでオリンピック出場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7702082

この記事へのトラックバック一覧です: ランナーの大先輩:

« 「専門家」に対する一般人の意識 | トップページ | 12歳でフィギュアスケートでオリンピック出場! »