« 景品の値段 | トップページ | 壊れたのではなかった »

2005/12/16

主音声と副音声

今週月曜日から、NHK BS2で『チャングムの誓い』の後半、第28話からを毎日2話ずつ再放送している。せっかく友達がDVDで全巻貸してあげるというのを、「そんなものを借りたら50何時間見つづけて生活が破壊されてしまう」と断って総合TVで1週1話ずつ見ているというのに、NHKは、なんということをするのだ。BSが見られるようになったから、つい毎日見てしまうじゃないか。

最近、水曜と木曜の夜は出かけるので、番組表から録画予約してみたが、どうもうまくいかない。録画はされるのだが、再生すると日本語と韓国語が重なって流れてしまうのだ。つまり、主音声と副音声が両方流れてしまう。韓国語が聞こえるのは面白いが、肝心の台詞が聞き取りにくい。

理由がなかなかわからなかったのだけど、いろいろいじっていて、ようやく番組表から予約するときに「設定」というメニューがあるのに気がついた。「設定」メニューをあけると、予約時に「主音声」「副音声」「主音声+副音声」を選ぶようになっている。なるほど、そこまでわけて録画できるのね。でも、デフォルトがなぜ「主音声+副音声」なんだろう。いまどきのビデオデッキは、「主音声+副音声」で録画しても、主音声だけ再生できるようになっているのかしらん。

それにしても、こういうのってマニュアルを読んでいるだけでは、なかなかわからない。TVも高機能になると使いこなすのに知識も経験も必要だってことだろうか。あまりTVには関心がないから、知らなかったなあ。

|

« 景品の値段 | トップページ | 壊れたのではなかった »

コメント

なるほど!
私も同じことを経験していました。
こういうことだったのですね。
英語と吹き替えが同時に流れてきて、
どっちも聞き取りにくくて、ビデオを見るのをやめたばかりでした。
ちゃんと方法を探らないとだめですね。
面倒くさがって放棄していました。

投稿: 花梨 | 2005/12/16 11:41

花梨さん、こんにちは。

私だけではないとわかり、ちょっと安心しました。ビデオ録画もけっこう複雑なんですね。

投稿: meka | 2005/12/16 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主音声と副音声:

« 景品の値段 | トップページ | 壊れたのではなかった »