« 聞き間違い | トップページ | 梅田からは、伊丹よりも神戸が近い »

2005/12/21

『チャングム』は専門職の良心の話

建築士の専門職としての良心の話を頭に置いたまま、『チャングムの誓い』を見ていて気がついた。これは、専門職の良心の話である。

料理人として、いかに食べる人を喜ばせ、健康にする料理を作るか。医療担当者として、いかに人の病気を治し、健康を守るか。また、役人として、いかに民のために働き善政を行うか。専門職としての誇りを持ち、仕事をまっとうしようとする主人公たちに対抗するのが、自分たちの権力や利益のため、もしくは他人へのねたみのために、専門的な知識や技能、立場を悪用しようとする人たちだ。

『おしん』に似ているとか、いや『細腕繁盛記』だという話もあったが、どうも立身出世物語や権力闘争物語とは違うような気がしていた(『おしん』や『細腕繁盛記』はろくに見ていないので、実際にはわからないけど)。

『冬ソナ』が中高年女性に受けたのに比べて、『チャングム』は中高年男性の隠れファンが多いと聞くが、そりゃそうだろうなあ。『プロジェクトX』の世界が入っているもの。

|

« 聞き間違い | トップページ | 梅田からは、伊丹よりも神戸が近い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『チャングム』は専門職の良心の話:

« 聞き間違い | トップページ | 梅田からは、伊丹よりも神戸が近い »