« 神戸-羽田就航 | トップページ | 変な夢を見た »

2005/12/12

子どもを守るために…

子どもを守るためにといって、子どもの保護が進んでいるようだ。それは、必要なこともあるのだろうけど、そうやって社会から隔離され、人を疑うことを教えられた子どもたちが成長していったときのことが心配だ。誰かとうまくいかないからと殺しちゃったりする人が増えて、未来の子どもに、とばっちりがいかないだろうか。

|

« 神戸-羽田就航 | トップページ | 変な夢を見た »

コメント

そこなんですよ。
自分も同じように感じていました。
親御さんの不安はよくわかるんだけど、隔離するのはまずいんじゃないかと・・・。

じゃあどうすればいいのだといわれると思いつかないのですが・・・。

投稿: Ogaman | 2005/12/13 06:34

Ogamanさん、こんにちは。

精神的な面、肉体的な面、どちらからも、子どもは外を駆け回って遊んで欲しいですね(私はあまり外遊びをやらない子どもだったけど(^^;))。

投稿: meka | 2005/12/13 10:57

それは本当に難しい問題で。

親というのは、社会よりも、平和よりも、我が子が大事なものなのですよね。鬼子母神です。

もし、自分の子が人間味のない子になったとしても、死んでしまうよりマシと思うものだと思うのです。

「誰にでもやさしくね」と言って、育てたい。
でも、
「誰でも疑え」といわざるを得ない。

そういう苦しみは、親なら誰しも感じてるはず。

たぶん解決策があるとしたら、親がなるべく広く世間と交際して、信じられる関係を築いていくことだと思うんですよ。

子どもに教えるのではなく、親が世界を変える。
それはそれで、多難なんですけどね。

投稿: 美々姉 | 2005/12/13 11:03

美々姉さん、こんにちは。

そうですねえ。親にしても、子どもにしても、いろんなコミュニティがたくさんできるといいと思います。

20代の頃は、地域社会なんて面倒なだけと思っていましたが、いまになって、コミュニティの重要性を感じるようになりました。かといって、むかしと同じような地域にしばりつけられた生活は欲しくないのですが。

投稿: meka | 2005/12/13 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/7590659

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを守るために…:

« 神戸-羽田就航 | トップページ | 変な夢を見た »