« S700iSは、けっこう面白い | トップページ | 沖縄で英会話 »

2005/12/14

『スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと』

auther: title
『スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと』(←Amazon)
小田伸午、大修館書店
総合評価★★★

骨格は筋肉にどのようについているのか。神経系の働きの重要性。力を入れて「蹴る」よりも重力を利用して膝を抜くほうが速い、など。スポーツで成績をあげるためには、やみくもに筋力をつけるよりも、身体の動き方を研究することが大切であることを、詳しく解説。例えばイチロー選手や末續選手の動きを例にとって説明されると、なるほどなあと思える。

「なんば」の動きについても、単に同じ側の手足を同時に前へ出すことではないこと、その動きの合理性などを紹介。誤解されにくい呼び方として、「常足(なみあし)」を提唱している。

この手の理論になじみがない一般人にはやや難解な部分もあるが、内容は一般人を意識して図解やクイズ形式で説明。スポーツを理解する上で、知っておきたい基本原理をていねいに紹介してくれている。スポーツに興味があるなら、一度は目を通しておきたい。

【あわせて読みたい本】
「ナンバ走り」

スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと
小田 伸午著
大修館書店 (2005.3)
通常2-3日以内に発送します。

|

« S700iSは、けっこう面白い | トップページ | 沖縄で英会話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/16248853

この記事へのトラックバック一覧です: 『スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと』:

« S700iSは、けっこう面白い | トップページ | 沖縄で英会話 »