« 読めない… | トップページ | 英語音読は、若年性健忘症予防になるか? »

2006/02/12

2人の高岡

TVの東京国際マラソン中継をかけながら、ネットをいじっていたら、アナウンサーが何度も「高岡が歩いた」とか「高岡が追いつくか」と騒ぐ。歩いた人が追いつくわけはないだろう。どうもおかしいと思ったら、カネボウの高岡と早稲田大学の高岡と2人いるわけね。瀬古さんが解説者のせいか、初マラソンの早稲田の高岡の状況をしきりにアナウンスしているわけだ。

どっちの高岡の話か、TVだから画面を見てりゃわかるだろうと思うのかもしれないけれど、画面を見ているとは限らない。音だけ聞いていても混同しないように言ったほうが、いいんじゃないの?

|

« 読めない… | トップページ | 英語音読は、若年性健忘症予防になるか? »

コメント

うはは。

アナウンサーとかって、ときおり自分が興奮しちゃって、ちゃんと実況できてないときありますよね。
その人もあとで、きっと上の人にお小言くらってますよ。

投稿: 美々姉 | 2006/02/14 00:25

美々姉さん、こんにちは。

画面を見ずに見ている人もけっこういると思うので、もうちょっとわかるようにアナウンスしてほしいですね~。

でも、ちょっと不思議に思ったのは、先頭からだいぶ遅れている大学生が歩いたの止まったのと、何回も放映していることね。箱根駅伝などをよく見ていなかったのだけど、有名だったのかしらん。走れなくなっているのを何回もうつされて、かえって気の毒でした。

投稿: meka | 2006/02/14 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/8621072

この記事へのトラックバック一覧です: 2人の高岡:

« 読めない… | トップページ | 英語音読は、若年性健忘症予防になるか? »