« 7か月分をまとめて | トップページ | あと2か月分 »

2006/02/27

ゴミステーションの花束

昨日、昼過ぎに帰ってきたら、自宅の前のゴミステーションに、またゴミ袋が2、3個置いてある。日曜日は収集がないのに、なんでゴミがあるのかなあと思うが、ちょっと不気味だったのは、そのゴミ袋の上に、豪華な花束がポンと置いてあったことだ。

演奏会で演奏者に渡したり、お別れ会で定年退職者に渡すような、そんな花束だ。少し古くなって痛んでいるようだが、包装もリボンもそのまま。

道路に花束というと、死亡事故を連想する。まさか事故がと思ったけれど、狭い私道で車がスピードを出せる道じゃないし、死者を悼む花束をゴミ袋の上に置いていく人は、たぶん、いないだろう。

花束をもらった人が、そのまま捨てたんだろうか。なんだか花があわれだ。

ゴミ袋に入っていないゴミは、通常、そのまま残しておかれるのだけれど、今朝の収集で花束は回収されたらしい。今日は、あとかたもなかった。

|

« 7か月分をまとめて | トップページ | あと2か月分 »

コメント

花瓶に生けることをせず数日放っておいて、そのまま捨てたのでしょうか。
送り主の気持ちも生かされていないし、なにより花が可哀相ですね。

花瓶がないのなら、いえ無くても花を愛でる気持ちがあれば、どんな形ででも花の命を全うできたと思います。
でも、それが無理なのだったら、周りの人に分けて帰れば良かったのにと、つい思ってしまいました。

でも、贈る側も考えなければいけないのかもしれませんね。

気持ちのこもらない贈り方はしたくないし、頂いたのなら 贈り主の気持ちを大事にしたいと思います。

投稿: | 2006/02/27 19:32

涼さん、こんにちは。

キリスト教会付属の幼稚園に通っていたので、小学生になってもしばらく教会学校に通っていました。6月に花の日というのがあって、みんなで花を持ち寄って礼拝をしたあと、てわけしてあちこちに配るんです。踏切のおじさんや交番や病院に花束を届けたような覚えがあります。いらないのなら、駅か交番にあげてくればいいのにね。

あ、駅長室や交番の前に放置しておくと、すわ花束爆弾かと騒ぎになったりして(笑)。

投稿: meka | 2006/02/27 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/8861083

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミステーションの花束:

« 7か月分をまとめて | トップページ | あと2か月分 »