« ゴミになったゴミ袋 | トップページ | 千葉マリンの参加賞 »

2006/02/06

TOEIC700の壁は厚かった?

1月のTOEICを受けたあとで、「問題がやさしくなっているような気がするから、大幅に落ちていることなはいはず」と書いた(今日のTOEIC)。しかし、結果は大幅とは言えないまでも、中幅に落ちてしまった!

今日、ネットに掲載されたスコアは、リスニング345、リーディング300の645だ。「大幅に落ちていないはず」というのは遠慮して書いたので、実際には「中幅程度のアップは確実。前回10月に690だったのだから、今回は700は越えるだろう」とふんでいた。う~む。

簡単だと思ったのにスコアが落ちたのは、ひっかけ問題にたくさんひかかったということだろうか。でも、やはり問題は簡単だったような気がするので、実際には得点割合は高く、何らかの調整が行われたのではないかという気もする。統計的に同じ英語力なら同じスコアがでるようにしているといっても、10くらいの変動はあると思っていたが、実際には40くらいの誤差があるのかも。

英語って、つくづくランニングに似ていると思う。練習してぽんぽん伸びたと思えば、快調なはずが撃沈したり。

ともあれ、690の前の7月は605、その前年の10月は530だったのだから、落ちたと言っても600台半ばのスコアは安定して取れるんだと思っていいだろう。

それに、TVのニュースや映画のセリフが、「ときどき聞き取れる」程度のいまの状態で、もし700台だとしたら、つまらないではないか。多少の変動にかかわらず、安定して700台や800台を出せるように、トレーニングを続けようっと。

|

« ゴミになったゴミ袋 | トップページ | 千葉マリンの参加賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/8532563

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC700の壁は厚かった?:

« ゴミになったゴミ袋 | トップページ | 千葉マリンの参加賞 »