« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

東京は、人が多すぎる

いつの頃からか、関東地方では、エスカレーターに乗るときに、乗ったまま動かない人は左側に立ち、歩いて上る人のために右側を空ける習慣ができている。ところが、最近、この習慣を批判する動きが出てきたように思う。

子どもと手をつないで乗って右側をふさいでいたら、押しのけられた。
左半身マヒなので、右手で手すりを持って乗らないと不安。
右側をあけるために、人の流れがとどこおっている。両側を使えば人の流れは倍になるはずなので、効率が悪い。
そもそもエスカレーターというのは、立って乗るものだ。歩いて上るのは危険である。だいたい、なんでそんなにせわしなく急ぐ必要があるのだ…うんぬん、かんぬん。

たいへん、ごもっともである。

左手が不自由な人は、どうどうと右手で手すりにつかまって、右側に乗っていただきたい。手をつないで乗る必要がある子ども連れなら、両側を使っていただきたい。それを押しのけて先を急ぐような人間は、まことにけしからん限りだ。

ただ、あえて言いいたい。原則として、この右側をあけるという習慣は、そのままあるといいなあと思う。というのも、大都会で多くの人が互いに譲り合ってすみわけるためには、とてもいい習慣だと思うからだ。

いまの東京は、人が多すぎる。たった100m先の地下鉄に乗り換えるのに、とんでもなく時間がかかる。人が多いから、ぶつからないように用心してゆっくり歩くのは、ある程度仕方のないことだろう。しかし、混雑している通路で、携帯を見ながらとろとろ歩く人。いきなり立ち止まる人。キャリーをがらがら引っ張っているのに、後ろにまったく注意を払わず、車輪が人の足を踏んでいるのに気がつかない人…。ほんの短い距離を歩くのに、たいへんなストレスがかかるのだ。

もちろん、杖をついた人やお年寄りや疲れて気分が悪そうな人がいれば、それなりに気を遣いたい。しかし、元気そうな若者が、友だちとじゃれあいながら道をふさいでいるのとか、おしゃべりに夢中なおばさん集団に前をふさがれて進めないときとか、本当にいらいらする。

上りエスカレーターの右側が空いているというのは、そんなときに、とてもありがたい。左側に人がずらずら並んでいても、並ばずにすいすい上っていける。並んででも歩きたくない人と、自分の足を使って早く上りたい人と、自分の意志や体力にあわせてうまくすみわけできていると思うのだ。

待つのがイヤなら、階段を上れという説もある。それは確かにその通りで、私はランニングのトレーニングもあるから、原則として普通は階段を上る。ただ、最近では、各駅で下りエスカレーターの設置が盛んに行われている。足腰が弱い人は階段を下りるのがむしろ危険ということで、それはそれで、いいことだ。でも、もともと階段しかなかったところに下りエスカレーターを設置するのだから、その分、階段のスペースが削られる。階段が、極端に狭くなっている。

電車が止まって降りてきた人は、上りならエスカレーターを待つことが多いけど、下りなら歩いて降りてくる人が多い。狭い階段で、降りてくる人波に抵抗して上ろうとすれば、どうなるか。とても危険だ。

何にしろ、東京には、人が多すぎる。それだけの人をさばききれる通路や階段が作れないのであれば、歩く速度の違う人間同士で、すみ分けをしようとするのは、かなり賢明なことだと思うのだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

藤とツツジが満開

藤とツツジが満開

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ほとんどいなくなった鴨

ほとんどいなくなった鴨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

音声認識

昨日、ペリカン便の不在配達票が入っていた。24時間の再配達受付では、プッシュトーンのほかに声で番号を言ってもいいとのこと。ほぉ~、音声認識ねえ。

ボタンを押した方が早いのじゃないかと思ったけれど、いまどきの電話機は、受話器とプッシュボタンが一体化している。ボタンを押すにはいちいち受話器を耳から離さなくてはならないわけで、受話器を持ったまま番号を言うだけというのは、案外楽だ。

音声認識ソフトは、少し使ったことがある。はっきり発音しさえすれば、早口でもOKなんだよね。さっさと番号を読み上げて、内容を確認して、再配達希望日時連絡終了。

しかし、きょうの午前中に指定したはずなのに、まだ来ない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

オークション

去年、化粧品店のセールでもらった景品の小物をオークションに出したら、まあまあの値が付いた。うーん。これって新品なんだけど、そもそも景品なので、たいしたものじゃないと思うんだよねー。捨てるのももったいないから、100円か200円で使ってくれる人がいてくれればと思ったのだけど…写真をきれいに撮りすぎたか? でもまあ、送料を加えても、普通の店で格安で買うのと同じくらいの価格ではあるかな。落札した人が「だまされた」などと思わないでいてくれると、ありがたいのだけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『ランナーズ』が2冊

今朝、茶碗を洗っている最中に、トトトッと階段を駆け上がる音がしたと思ったら、宅急便の配達だった。Amazonで注文した本が、もう届いたかなあとドアを開けると、届いたのは『ランナーズ』。昨日の午後に届いているんだけどなぁ。

たぶん、昨日の時点で届いていないという苦情があったところに、一律送ったのだろう。昨日の7時過ぎに「届いていますか?」と留守電に入っていたので、電話で確認が取れなかったところには、全部送り直すことにしたのかな。危機管理は、けっこうがんばっているようだ。

でも、よほどあわてて宛先を手書きしたのだろう。宅急便のお兄さんに「こちらで間違いありませんか」と言われてよく見たら、名前の字が間違っているよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/24

不具合って何だろう?

定期購読をしている『ランナーズ』が届かないので、電話をかけてみたが、話中。しばらく待ってかけなおしたが、また話中。こりゃたぶん待っていてもだめだわと思って、リダイヤル攻撃をかけたら、3回目でつながった。

発送は済んでいるのだが、不具合があって、今月は未着が多いのだという。2、3日中には届くようにするし、来月からはまた発売前に届くようにするとのことだった。電話のお姉さんの声が疲れている。きっと苦情電話が殺到しているのだな。

ところで不具合って何だろう? どこかのバイトが、『ランナーズ』を運ぶ途中でイヤになってrun awayしたとか。それとも、雑誌を積んだトラックが事故で川に落ちたとか…。いろいろな妄想がふくらんでしまうのであった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

雑誌が届かない…

ふと気がつくと、今月は『ランナーズ』がまだ届いていない。実は、最近あまり読んでいないのだけど、定期購読しているのに届いていないというのは、問題だ。まさか購読期間が切れたわけでもないだろうと、探してみたら、昨年3月の日付で2年間購読申し込みの明細が出てきた。そうそう。それまでは確か6か月ごとにしていたのが、何か勧誘があって、割安の2年間にしたような気がする。メール便の未着かしらん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/21

今年のタケノコ

Takenoko まりもさんのブログで、そう言えば今年はタケノコが来ないと書いていたら、今日のらでぃっしゅぼーやで、タケノコが届いた。

去年のタケノコよりは、かなり小ぶりだけれど、今年は2つ。まあ、このくらいのほうが、下ゆでするにも、食べるにも便利なのよね。

ともあれ、時間がある日に届いてよかった。さっそく下処理した。でも、明日は1日外出するんだよね。食べるのは、明後日からかな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/04/20

ちょっとマヌケなこと

・その1
本棚の上に地震対策でつっぱり戸棚をつけてある。つっぱり戸棚の中に入れてある箱を取り出そうとしたのだが、踏み台は積み上げた空きダンボール箱の下で、引っ張り出すのが大変そう。そうだ。耐震用つっぱり戸棚をつけてあるんだから、本棚に少々ぶらさがっても、倒れてきたりしないよね。本棚の一番下の段に乗っかって、上の棚に手を伸ばそうとしたら、本棚は倒れなかったけど、脚を載せた棚が重みでゆがんで、入れてあった雑誌が全部崩れてきた…。

その2
数枚の画像を合成して1枚にするのに、PaintShopProで「新規作成」を選んだ。640×480を指定すると、メモリ不足の警告がでる。おかしいなあ。ほかのアプリを全部終了して、再起動してみてもダメ。よく見たら、ピクセルではなくcmになっていた。そりゃあ、このノートには、640cm×480cmの画像を作成する能力はないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/19

存在すら忘れていた服

ついこの前までセーターを着ていたのに、この数日、急に暖かくなってきた。…出かけるのに、着る服がない。

ブラウスやスーツはあまり着たくないし、かといっていま着ている去年のNAHAマラソンの参加賞Tシャツだけじゃあ、まだ寒いしなあ。この上に羽織れるような手頃なジャケットもない。

私ってそれほど服装にこだわらないほうだとはいえ、こんなに服を持っていなかったけ? 何か手頃なジャケットを買った方がいいかしらん。でも、そういえば天袋に衣装ケースが1つあるはず。真夏用の半袖やノースリーブばかり入れてあると思うのだけど…。

引っ張り出してみたら、ありました。今日のような日に、カジュアルなスタイルにちょうどいい、半袖だけど厚めのウィルソンのコットンジャケットが。

けっこうお気に入りだったはずなのに、存在すら忘れていた。存在を忘れて別のものを買っちゃうことって、けっこうあるんだよね。買わなくてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/18

身体は1時間半で変化する

昨日、かすみがうらマラソンで、無事にフルを完走した。昨夜は多少脚にだるさはあったけど、一晩寝て、今朝は脚は何ともなし。全身にけだるい感じがして、うちくるぶしがやや熱を持っているものの、筋肉痛などは、いっさい感じなかった。12月のNAHAマラソンでも、これまでに比べて脚のダメージをあまり感じなかったけど、あのときよりもさらに何ともない。

けーぜさんの「筋肉痛の法則」 では、筋肉痛は火曜日がピークのはずだが、月曜日にまったく何も感じていないというのは、ひょっとしてフルを走って筋肉痛はゼロ?などと思い上がって、夕方、某大学の公開講座に行く。アパートの階段を下りるときも、駅の階段の上り下りも、何も感じない。

ところが、6時半から8時までの講義を受けて、講義棟の階段を降りようとした瞬間、それは現れた。あらら、大腿四頭筋が痛いよん。痛くて降りられないほどじゃないけど、段を下りようとすると、けっこうひびく。行きにこれに気付かなかったはずがないので、講義の間のわずか1時間半で現れたとしか、言いようがない。

そうか。人間の身体というのは、たった1時間半で変化するのだな。変化は、ゴール後ほぼ正確に27時間で来たと覚えておこう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/15

ハナカイドウ

ハナカイドウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開の八重桜

満開の八重桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かすみがうらは、雨模様

日曜日は、かすみがうらマラソンでフルを走る予定なのだが、どうも冷たい雨になるらしい(土浦市の天気)。

あまり練習もしていないし、ともかく完走だけすればいいと思っているものの、モチベーションが下がるなあ…。

10kmくらいだと雨がじゃんじゃん降る中を走ったことはあるが、フルは経験がないかも。と、思い出した。去年の利尻島55kmは、後半、かなり冷たい雨だった。そっか。雨でも55km走ったのだから、フルなら、まだいいじゃん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/14

コメントパスワードが復活?

いま、コメントを返そうとしたら、いきなりまた画像表示の文字入力画面が出てきた。クレームが付いたから廃止したのじゃなかったのかしらん。

ふと気がついて、試してみた。どうやら、最近の記事へのコメントは即時に登録されるけど、古い記事にコメントを付けようとすると、パスワードを要求されるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なじみの宿

昨日、5月の安政遠足侍マラソンのナンバーカード通知書が届いた。いつもの宿を予約しなきゃ。ちょっとひなびた感じがする小さな温泉宿だけど、親切でアットホームな感じがするところだ。

電話をして名前を名乗ったら、すぐにわかってもらえた。今年はこちらがのんびりしていたせいか、「今年もおいでになるか問い合わせようかと思ったけれど、あつかましいようなので、遠慮していました」とのこと。はいはい。デフォルトでOKです。よろしくお願いします。

はじめて泊まったのは2001年だったから、今年でもう6回目になる。こんなに毎年行っているところは、他にはないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

X-Seven

いま使っているICプレーヤーはシーグランドのX-Seven(クロスセブン)という。

確かボイスレコーダー機能もあったはずとマニュアルを引っ張り出してみたら、最長6時間の録音が可能という。試しに録音してみると、音質はそれほどよくはないが、まあまあといったところ。インタビューの予備機としては、じゅうぶん使えそうだ。これまでの使用経験から、6時間も電池が持つのかというところが、ちょっと不安だが…。

価格優先で買ったのだけど、単純機能の割には、いろいろと使えるみたい。

しかし、これでまたiPodを買おうという野望がついえてしまった。私の使い方だと、X-Sevenでじゅうぶんなんだよねえ。たしか、8000円はしなかったと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボイスレコーダー

仕事で長時間の録音インタビューをとることになった。

仕事に必要な録音は、数年前からPanasonicのボイスレコーダーを使っている。これは、いまのところとても調子がいいのだけれど、3時間、4時間の録音となるとノートをとっても追いつかない。万一失敗のときにそなえて予備の録音機がほしいなあ。

これを口実に密かにiPodを買おうかと思ったが、どうやらiPodって録音はできないのね。

いま使っているICプレイヤーも録音はできたはずだが、何時間くらい可能だったっけ?

携帯電話はminiSDカードになら1ファイル120分録音できると書いてあるので「使えるかも」と思ったが、長時間録音時はバッテリーに注意とあるので、やぱそうだ。

まあ、Panasonicのボイスレコーダーは、かなりしっかりしたものだから、これ1台でたぶん大丈夫だけどね。ボイスレコーダー機能がついている機械は増えたようだけど、長時間録音となると、専用機にまさるものは、ないのか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/11

東京マラソンの制限時間は7時間

来年2月に実施される東京マラソンは、制限時間は7時間だそうだ。交通規制の問題があるから、よくて6時間くらいかと思っていたが、それなりに考えているらしい。気温は低いし平坦なコースだから、このくらいの時間なら、ほぼ誰でも完走できるだろう。

東京に走りに来る人達をがっかりさせないためには、走らずに応援に回ってもと考えていたけれど、この時間なら私でも気楽に走れると思うと、走りたい気もやっぱりする。

しかし、参加費が1万円! 国内のフルマラソンの大会は、普通は4000円程度なんだけどなあ。まあ、それだけの手厚いサポートをしてくれるのなら、文句はないのだが…。

あ、でも抽選なら、走ろうとしてもはずれる可能性もある?

東京マラソンについて(都庁資料)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/10

中山法華経寺

Dcsa0035今日(9日)もじゅん菜池まで走ろうかと思っていたのだけれど、ちょっと身体が重い気がしたので、無理せず歩くことにした。

ふと思いついて中山法華経寺に行く。こちらは、途中まで真間川の桜の下をずーっと歩いて行けるのだ。しかも、寺の境内にも桜が多い。かなり散り始めているが、名残の桜を楽しめる。信号や交通量が多い道路を何箇所も渡るので、走るにはじれったいが、ぶらぶら歩くのには手頃だ。

市川に引っ越して来るまで知らなかったが、ここは日蓮宗の総本山だそうだ。うちは浄土真宗らしいが、私の母方の祖父は、熱心な日蓮宗の信者だったそうなので、親近感がある。

桜は散りかけていたが、赤い五重塔に桜がはえて、思ったよりきれいな写真になった。ちゃんとしたカメラを持って行かなかったのが残念だ。

Dcsa0036 こちらも、たぶん小さく出判別できないだろうと思った月が、はっきりわかるほどに映っている。カメラ機能はたいしたことがない携帯なんだけど、最近の携帯カメラの機能は全体として上がっているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

口角炎も貧血の症状なの?

すこし前に、左側の唇の端があれてしまった。確か、ビタミンB系が足りないとあれるんだっけ? でも、野菜も豚肉もけっこうとっているので、ビタミンB系がそれほど不足しているとは思えない。そういえば、胃があれているのでも、なるんだっけ。無制限に飲んでいたコーヒーを1日2杯までに押さえたら、そのうちにおさまった。

ところが、この前から、今度は右側の端があれだした。ううむ。ひょっとして先週から飲んでいる医療用の鉄剤のせいで胃があれているのだろうか。ようやく「口角炎」という名前を思い出したので、インターネットで検索をかけてみたら…おお、口角炎も鉄欠乏性貧血の症状に入っていた。

うーん。これも貧血の影響? でも、これまでの貧血らしいときには、口角炎はなかったんだけどなあ。

それにしても、先週鉄剤を飲み始めてから3日くらいで、しつこかった肩こりを、ほとんど感じなくなっている。やはりあの時点では、鉄分が不足していたのだろう。

先日のリタイアしかけのおじいさんドクターには1か月分の鉄剤をもらったけれど、やっぱりどこかできちんと診てもらったほうがいいのかなあ。それにしても、以前行った「ちょっと頼りなさそうなドクター」の医院に行くか、近所の総合病院に行くか、悩むところだ。

しかし、もし走っていなかったら、「最近、調子が悪いなあ。年のせいかしら」で済ませてしまう程度の症状なんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/08

鴨、鴨、鴨

鴨、鴨、鴨

| | コメント (9) | トラックバック (0)

人生最大の買い物

帯の値段のことを考えていて、自分はいままでどんな大きな買い物をしただろうかと考えた。家も自動車も買ったことがない。パソコンは10台以上は買い替えたので、総額では最高だろうけど、単価はすべて30万円以下。

学生時代に必死でアルバイトして分割払いしたヨーロッパツアー代金40何万円が最高だろうかと思ったが、よく考えたら最高額は、20代半ばに買ったハモンドオルガンだろう。66万円くらいだったと思う。弾いたのは、5年くらいの間だろうか。賃貸アパートに住むようになったので実家に置きっぱなしだったが、母が「あんな重い物が置いてあると、もし地震でもあったら怖い」というので、10年後くらいに無料で楽器屋さんに引き取ってもらった。

私の人生最大の買い物が楽器だなんて、何だかずれているような気がする。本とかパソコンだったらわかるのだけど…。

あ、でも社会人になってからの書籍代は平均月に1万円を越えているような気がするので、総額は2~300万円か。パソコンも、23万円を10台とすれば200万円、ネットへの接続費用やソフト代、周辺機器代金を加えれば、その何倍にもなるだろう。自分のアイデンティティが保たれたような気がして、ちょっと安心。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/06

稚内への特典予約完了

6月4日の利尻島悠々覧人Gに申し込んであるので、そろそろ飛行機の予約をしなくてはいけない。ANA JCBカードのポイントをマイルに交換すれば国内便往復の分はたまっているので、今年も稚内までの特典航空券で行くつもり。利尻島へは札幌から直接飛行機も飛んでいるが、特典航空券を有効に使うためには、稚内まで往復にして、残りはフェリーにするのが得策だ。

しかし、ポイントからマイルへの交換は、4月1日までできなかった。ポイントからマイルへの交換は、年間手数料がかかる。その切り替え時期が4月1日。昨年度は交換を申し込んでいないのに、3月末に申し込めば、2100円が余分にかかる。

4月1日になったとたんに、JCBのサイトで、ポイント交換を申し込み。1週間くらいかかると書いてあったが、たいていはそれよりは早くなるだろうと、毎日ANAのサイトでマイルをチェック。今日、無事に交換されていたので、特典航空券予約を申し込む。

羽田から稚内までは、1日2便しかない。早い便を申し込むつもりが、満席になっているよ。団体旅行でも入っているのかなあ。遅い便が稚内に着くのは、14:15。利尻島へのフェリーが出るのは、15:30。稚内空港からフェリーターミナルまで、バスで40分くらいかかる。不安だが、間に合うのは間に合いそうなので、とりあえずこれにした。直前になって時間的に余裕がありそうだったら、金曜に変更して、稚内で1泊するか。去年行った稚内のソバ屋は、ウニ丼が安いわりにおいしかった。

帰りの便は、思っていた通りとれた。

大会申し込み時に宿を申し込んであるので、これで、利尻島へ行く準備は完了。しかし、55km走るためのトレーニングが、全然進んでいない(^^;)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

得意、不得意

毎日新聞夕刊に、脳研究で話題の川島隆太氏の「脳を鍛えたい」という連載がはじまった。これから毎週木曜日に掲載されるとか。

短期記憶力を測るとして、ずらりと並んだ人の顔写真から名前を覚えるテストが掲載されている。顔を覚えるというのには苦手意識があるが、ともかくやってみたら、2人しか覚えられなかった。2人で6点。私の短期記憶力は、70代以上? でも、テスト内容をよく見たら、つまりは数人にしぼってしっかり覚えればよかったわけだ。そのつもりでやれば、きっとあと1人や2人は覚えられたわけで、4人をしっかり覚えれば、40代だ。これは短期記憶力というよりも、テクニックの問題かも。

もうひとつ、脳の訓練方法として、新聞コラムを音読することを勧めている。速さを測定してみようというのでストップウォッチで測ったら97秒。こちらは20代~30代の平均よりも速い。そう、私は文字情報の処理は、得意なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

IEでも調整可能だった

Firefoxを勧めてくれたのと同じ人に教わったのだが、IEでも「インターネットオプション」のユーザー補助で、「Webページで指定されたフォントサイズを使用しない」をチェックすれば、サイズ変更が可能になるとのこと。

うーん。最近、IEの解説記事など書かないから、勉強不足だなあ(^^;)。

でも、Firefoxのほうが微調整できて便利だわ。しばらくFirefoxを使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四ッ谷の桜

四ッ谷の桜

四ッ谷駅前で出会った桜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列

めったに人がいない郊外駅のみどりの窓口に、めずらしく行列がてきていた。GWの切符とりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox

ある掲示板で文字サイズが固定で読みづらいとなげいていたら、「それはIEのせい」と教わった。そこで、さっそくFirefoxを入れてみた。

[Ctrl]+[+], [-], [0]で、さっさと調整できるのが、いい。これで英文サイトも読みやすくなりそうだ(英語力がもう少しアップしないと、そうでもないか(^^;))。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/04

今日のじゅん菜池

Dcsa0030 4月1日の2枚目の写真と、ほぼ同じところで撮ったもの。手前のしだれ桜(?)がきれいに咲いて、もっと華やいだ雰囲気になった。

同じような構図で撮ったつもりだったのだけど、微妙に違う。写真って、思った以上に一期一会なのかもしれない。

相変わらず鴨がたくさん泳いでいるけど、この鴨はすぐにいなくなるんだろうなあ。春になるといつの間にかいなくなり、冬になるとまた戻ってくる。毎年ご苦労なことだ。ここの鴨たちは、夏場はどこに行っているのだろう。

Nashinohana こちらは、じゅん菜池前の梨園の梨。2月頃から人が入って手入れをしていると思っていたが、いつの間にか花盛りになっていた。1日に来たときは気付かなかったが、もう咲いていたんだろうか。

これから、花が散って、小さな梨の実がなって、だんだん大きくふくらんで、収穫されて…。これも毎年繰り返されていくのだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和服を着始めるとき

母が買ってくれた着物があるので、着ないと損だ。そんな感覚で和服を着ようとしてみても、新たに着れるようになるには、けっこうお金がかかる。

いま着てダサくならないように八掛を変えるのに、古い着物を洗い張りに出して、ついでにカビが生えた胴裏も変えて仕立て直すと約3万円。長襦袢がしみだらけなので、そこそこいいものを仕立てると約3万円。ひえ~。

ただ、ふと思うと、新社会人になったときに、それなりの服装をととのえるには、けっこうお金が必要だった。ビジネス用のスーツやブラウスは1枚ずつじゃ足りないし、それなりの靴もバッグもいるし。安物ばかりで揃えても、あわせれば何万円も飛んでいく。

あまり身なりにこだわってはいないとはいえ、いま洋服にお金を使わなくて済むのは、いざとなったら取りあえず着れる10年くらい前に買ったそこそこのスーツなどが、何着かあるからだろう。ベースがあるから、何年に1度か、数万円買い足す程度でも、なんとかなっている。

和服も、そこそこのベースができれば、それほど散財しなくてもよくなるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯の値段

2年ほど前に、一度無料の着付け教室に通いかけたが、強引に有料教室に勧誘されたのと、仕事が忙しくなったので、3回くらいでやめてしまった。

一度覚えたこともほとんど忘れてしまったので、習い直したいと思って、この春から別の無料着付け教室に通っている。こちらは呉服メーカーなどがスポンサーについているため、有料の教室はなく、教室に誘われることはない。ただ、セミナーと称して、織元などでの勉強会&販売会が何回かある。それで、帯の勉強会に行ってきた。

いやあ、確かに名人が手織りで織った帯をさわらせてもらうと材質がよく、デザインもオシャレで、結び方によって何通りにも使い回しがきくというのは、素晴らしいとは思うのだ。そして、通常小売価格の半額というのも、魅力であり、チャンスには違いない。値段だけの価値はある品物だとは思う。

続きを読む "帯の値段"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/04/01

ホームドクター

2年前に血液検査をしてもらったら鉄欠乏性貧血だった。鉄剤を飲んで一応よくなったのだけど、数か月くらい経つと、どうも貧血っぽくなったような気がする(肩がこりやすくなる)。しばらく市販のサプリメントを飲むと、よくなる。サプリメントをやめると、またなる。そのうち、サプリメントを指定通り1日2カプセル飲んでいても、なる。1日3カプセルにすると、なおる。

そんなことを繰り返して、さすがにこれはまずいのじゃないかと思って、医者に行くことにした。でも、2年前に行った駅前の医院のドクターは、ちょっと頼りない気がするんだよね。

うちの近所は地図を見ると医院は多いのだけど、リタイヤしかけで週に3回くらいしか診療していない医師や、看板だけ出ていて診療していないらしい医師とか、多いみたい。何軒か行ってどこも頼りないから、この前の貧血は駅前の大きな医院に行ったのだが…。

風邪をひいたときにかかるのにも困るので、近所に信頼できるホームドクターを開拓しておきたいものだ。ということで、金曜日の午前中に、まだ行ったことがない近所の内科・小児科医院に行ってみた。

続きを読む "ホームドクター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春のじゅん菜池

Dcsa0026桜が咲いているところをたどって、真間川からじゅん菜池へ。先週の佐倉マラソンでは、思ったより六甲の影響もなく10km走れたが、そのあとやや膝に不安があるような気がしたので、今日は走らずに歩くことにする。

じゅん菜池は梅の名所なのだけど、桜も咲いている。1年中何かしらの花が咲いているようだ。

逆光に花が透けてきれいなので、携帯カメラで撮ってみる。たまたま写真を撮ろうとしたら、親子連れが視界に入ってきてしまった。でもシルエットが入っているのもいいだろうと、勝手に被写体にしてしまう。

携帯カメラにしては、けっこう撮れているじゃない。でも、水面にカモがたくさんいたのが、あまり映っていなくて残念。

Dcsa0028_1 こちらは池の反対側から順光で。

そのあと、里見公園、真間川、桜土手公園と、桜をたどりながら家に帰った。桜の名所が多い街だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »