« 帯の値段 | トップページ | 今日のじゅん菜池 »

2006/04/04

和服を着始めるとき

母が買ってくれた着物があるので、着ないと損だ。そんな感覚で和服を着ようとしてみても、新たに着れるようになるには、けっこうお金がかかる。

いま着てダサくならないように八掛を変えるのに、古い着物を洗い張りに出して、ついでにカビが生えた胴裏も変えて仕立て直すと約3万円。長襦袢がしみだらけなので、そこそこいいものを仕立てると約3万円。ひえ~。

ただ、ふと思うと、新社会人になったときに、それなりの服装をととのえるには、けっこうお金が必要だった。ビジネス用のスーツやブラウスは1枚ずつじゃ足りないし、それなりの靴もバッグもいるし。安物ばかりで揃えても、あわせれば何万円も飛んでいく。

あまり身なりにこだわってはいないとはいえ、いま洋服にお金を使わなくて済むのは、いざとなったら取りあえず着れる10年くらい前に買ったそこそこのスーツなどが、何着かあるからだろう。ベースがあるから、何年に1度か、数万円買い足す程度でも、なんとかなっている。

和服も、そこそこのベースができれば、それほど散財しなくてもよくなるのだろうか。

|

« 帯の値段 | トップページ | 今日のじゅん菜池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/9424974

この記事へのトラックバック一覧です: 和服を着始めるとき:

« 帯の値段 | トップページ | 今日のじゅん菜池 »