« 風邪がなおらないと困ること | トップページ | 日差しも雨も降り注ぐもの »

2006/05/30

英語多読200万語突破

風邪がなおらなくて、咳き込むのでこの1週間ばかり英語の音読は控えているが、その代わりに、多読は進んだ。風邪を引いている間に、昨年5月からはじめた多読が、200万語を突破した。

最近読んで面白かったのは、"Shadow Children"のシリーズ。人口抑制のために1家族に子どもは2人までしか許されない。3番目の子どもは見つけ次第殺されてしまうという恐怖の管理社会で、3番目に生まれたShadow Childは、その存在を認められず、ひっそりと隠れて暮らしていたが…という話。読みやすい割には、子どもの心理描写などに深みがあって、読み応えあり。

"Animorphs"のシリーズは、地球侵略をたくらむ悪玉宇宙人に対して、それを防ごうとする善玉宇宙人。善玉宇宙人に動物に変身する力を授けられた4人の子どもが、自分たちの地球を守るために活躍するという、子ども向けSF。ずいぶん人気作のようだけど、設定を読んだだけではどうかなあと思っていたが、2巻目まで読んだところでは、意外に話に深みがあって、面白い。『タイム・トラベラー』『赤外音楽』など、むかしのNHKの少年ドラマシリーズの雰囲気だろう。

いま読んでいるのは、"The Secret Garden"。バーネットの『秘密の花園』だ。有名な作品だが、私は、たぶん抄訳しか読んでいなかったらしい。かわいそうな「いい子」ががんばって、幸せになっていく話かというイメージがあったが、実際には主人公の少女がなかなかにひねくれているところが、面白い。一部登場人物のヨークシャーなまりがすさまじいが、だいたいの意味はわかる。

気のせいかもしれないけれど、最近、児童書レベルなら、かなり読みやすく感じるようになってきた。ところどころわからない部分もあるけれど、あまり気にせずに、小説として楽しめる。いまのところ半年で約100万語を読み進めているので、10月に300万語突破したい。

|

« 風邪がなおらないと困ること | トップページ | 日差しも雨も降り注ぐもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/10313361

この記事へのトラックバック一覧です: 英語多読200万語突破:

« 風邪がなおらないと困ること | トップページ | 日差しも雨も降り注ぐもの »