« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

驚異の成長速度

驚異の成長速度

朝10時頃に、網をはったのが、キュウリのつるがもう巻き付いている。実は12時頃に見たときには、もう巻き付いていた。植物の成長速度は、すさまじい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日差しも雨も降り注ぐもの

pourというのは、水やコーヒーをカップなどに「注ぐ」ときに使われる単語なんだけど、"Shadow Children"を読んでいたら、"It's pouring."という表現がでてきた。これはなんだろうと思ったら、どしゃぶりに雨が降っているという意味らしい。なるほど。雨が天から降り注いでいるわけだ。

ところが、"The Secret Garden"では、降り注ぐのは雨だけではなかった。"The sunlight is pouring."という表現が、何度もでてくる。なるほど。日差しも降り注ぐものなのね。日差しも雨も、ざぁ~っとあふれるように降り注ぐイメージが素敵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

英語多読200万語突破

風邪がなおらなくて、咳き込むのでこの1週間ばかり英語の音読は控えているが、その代わりに、多読は進んだ。風邪を引いている間に、昨年5月からはじめた多読が、200万語を突破した。

最近読んで面白かったのは、"Shadow Children"のシリーズ。人口抑制のために1家族に子どもは2人までしか許されない。3番目の子どもは見つけ次第殺されてしまうという恐怖の管理社会で、3番目に生まれたShadow Childは、その存在を認められず、ひっそりと隠れて暮らしていたが…という話。読みやすい割には、子どもの心理描写などに深みがあって、読み応えあり。

"Animorphs"のシリーズは、地球侵略をたくらむ悪玉宇宙人に対して、それを防ごうとする善玉宇宙人。善玉宇宙人に動物に変身する力を授けられた4人の子どもが、自分たちの地球を守るために活躍するという、子ども向けSF。ずいぶん人気作のようだけど、設定を読んだだけではどうかなあと思っていたが、2巻目まで読んだところでは、意外に話に深みがあって、面白い。『タイム・トラベラー』『赤外音楽』など、むかしのNHKの少年ドラマシリーズの雰囲気だろう。

いま読んでいるのは、"The Secret Garden"。バーネットの『秘密の花園』だ。有名な作品だが、私は、たぶん抄訳しか読んでいなかったらしい。かわいそうな「いい子」ががんばって、幸せになっていく話かというイメージがあったが、実際には主人公の少女がなかなかにひねくれているところが、面白い。一部登場人物のヨークシャーなまりがすさまじいが、だいたいの意味はわかる。

気のせいかもしれないけれど、最近、児童書レベルなら、かなり読みやすく感じるようになってきた。ところどころわからない部分もあるけれど、あまり気にせずに、小説として楽しめる。いまのところ半年で約100万語を読み進めているので、10月に300万語突破したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪がなおらないと困ること

10日くらい前からひいている風邪が、まだなおらない。日曜日に受験予定だったTOEICはキャンセルして寝ていたら、さすがに少しはよくなってきたようで、午後はほとんど咳き込まなくなったけど、夜間は相変わらずせきが残っている。この頃、ちょっと調子を崩すとなおるまでにかなりの時間がかかるようで、本当にもどかしい。

キャンセルできないスケジュールもあるので、2日に1日くらいは駅まで往復程度は歩いているのだけれど、歩く量は激減しているし、まったく走っていない。今週末の利尻島は、完走があやうそうだが、飛行機はキャンセルできないし、何とか当日までに完治だけはして、スタートラインには立ちたいものだ。

さて、風邪をひきつづけていると、さまざまな予定はキャンセルしなきゃいけないし、仕事はたまってくるしで、困るのだけど、ほかにもいくつか問題が。

朝顔の本葉が出てきて、きゅうりとゴーヤはつるがどんどん伸び出してきた。朝顔は植え替えが必要だし、きゅうりとゴーヤはネットを張ってツルが巻き付くようにしてやらなきゃいけない。でないと、勝手にあちこち伸びて、大変なことになりそうだ。

料理が面倒なのと、食欲がそれほどではないから、つい好きなものを中心に総菜ですませてしまうので、らでぃっしゅぼーやで届いた野菜その他が、全然減らない。幸い、今週は利尻島に行く予定で、らでぃっしゅはお休みにしているから、まったく食べきらないうちにまだどっと届くということは、ないはずなのだが…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

誤字・脱字をなくすためのコスト

新聞の投書欄に、教科書の誤字・脱字などけしからん、パソコンなどに頼っているから、きちんと校正できないのだ…といった意見が載っていた。

教科書の誤字・脱字。たしかに、内容によっては大問題だし、あまり目立つのも困る。しかし、人間がやることには、どうしてもミスは発生する。

一般的な商業出版では、著者と担当編集者が、それぞれ2、3回は隅から隅まで読んでいる。それでも、どうしても見逃しはある。プロなのに見逃すなどけしからんと言われるかもしれないが、どんなに気をつけてみても、やはり見逃しは残るのだ。

続きを読む "誤字・脱字をなくすためのコスト"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/26

Amazonのトップページ

本はだいたいbk1で買っているのだけれど、bk1には洋書がない。英語の多読用に、洋書の児童書をAmazonで買っていたら、最近、Amazonのトップページを開くと、洋書の案内ばかりがでてくるようになった。cookieの働きは正直だ。

ちなみに、bk1で本を買うのは、ブリーダープログラムを通すと本人でも3%のポイントが付くからだけど、Amazonでは、最近1か月に5000円以上買うと、500円のギフト券がバックされるようになったようだ。まとめて買うときは、Amazonのほうが得みたい。

でも、1か月の購入額は発送時期で決まるらしい。洋書は発送までに10日くらいかかることがあるから、気をつけなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

刃は葉と同じ

英語で、刃はblade。イネ科の植物の葉っぱもblade。もともと、細長い葉のことを、bladeといったのを、形が似ている刃もbladeということになったらしい。日本語でも両方とも「は」と読むのは、ただの偶然かしらん。

以前、百足のことをラテン語で百本の足という意味でcentipedeだと知って驚いたけど、こう重なってくると、古代、日本語と英語は同じ言語だった…なんて伝奇小説のネタになるのかもしれない(^^;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/24

稚内行きの便を変更

稚内行きを最初に押さえたときは、遅い便しか取れなかったのだが、これだと利尻行きのフェリーまで1時間15分しかない。空港からフェリーターミナルまではバスで約40分だから、何とか乗れる時間だけれど、ちょっと心配だ。それに乗り遅れると、翌日の大会には参加できなくなる。

念のため今日、調べなおしてみたら、早い便にも空席がでていたので、変更することにした。こちらは稚内で3時間くらい時間をもてあますことになるけれど、やっぱり余裕があるほうがいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

『モモ』という本

トールキンの話を書いて、思い出した。

先日、電車の中でのこと。隣の席に、高校生か大学1、2年生かという若い男の子が2人座って、何やかやと話している。その話が、突然、もれ聞こえてきた。

「俺さ、実はエンデという人の『モモ』という本が、超好きなんだよ。他の子は、誰も知らないと思うけど」

おーい。お兄さん。それは、超超有名な本なんだよ。ところで、エンデなら『はてしない物語』は、読んだ?と思わず話しかけそうになったが、きっと変なおばさんだと思われるだけなので、やめておいた。

その子の仲間内は、誰もエンデを読まないのかな。若者特有の「自分だけ」気分で、実際には案外読んでいる子は、多いかも。

でも、そういえば、私は『モモ』は映画をTVで見ただけで、本は読んでいなかった(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの子どもは、トールキンを読んでいるのか?

いま、Animorphsシリーズの2作目"The Visitor"を読んでいる。これは、子ども向けのSFで、読みやすいわりには面白くて、英語の多読にはぴったりの素材なんだけど、中にこんな文章がでてきた。

She looks like one of those solemn elves in a Tolkien book.

アメリカの子どもは、トールキンを読んでいるのか? 日本の子どもは、よほど本好きでマニアックな子どもでもなければ、『指輪物語』は読んでいないだろう…と思ったんだけど、よく考えたら、『ホビットの冒険』なら、きっと子どもに広く読まれているよね。

作者の好みかもしれないけれど、さらっとトールキンを出せるほどには、知られているのだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

風邪がひどくなった

一昨夜に37.3度くらいだった熱が、昨日の朝は36度くらいになっていたので、よくなったかと思ったら、甘かった。夕方から、今度はせきとくしゃみ。熱は37.3度くらい。咳き込んで苦しいというほどではないが、調子がよくない。夜はさっさと寝ようとしたが、よく眠れなかった。

今朝は、だらだら昼頃まで寝ていたが、37.3度くらい。午後になって、せきもくしゃみもおさまってきたから、よくなったのかと思って熱を測ったら、37.6度に上がっている。

うーん。今晩は、大学の公開講座があるのだ。37度くらいならどうということはないから行こうと思っていたが、これはまずいか。熱は夜には上がってくるものなので、外出先で38度くらいにあがってくるとまずいし、早くなおしてしまわないと、いろいろな予定がくるってしまう。今晩はおとなしくしていよう。

ということで、昨日も、本日も、トレーニング・ゼロ日。利尻島が心配だ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/20

風邪をひいたらしい

3日くらい前から、のどがやや痛いと思っていたら、今日は朝からくしゃみや鼻水ちょろちょろ。昨日も今日も、身体がなんとなく重いと思っていたら、風邪をひいたようだ。安政遠足は、筋肉痛もほとんど起こらず、めでたし、めでたしと思っていたけど、それなりに疲労はあったのかもしれない。

今日は、チャングムの誓いは見ずに、さっさと寝よう。録画はしてあるし、年末にBSで一度見たし…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/19

トレーニング・ゼロの日

1km以上歩けばトレーニングとして計算するようになってから、まったく動いていなければ駅前に買い物に行ったりして何とかしていたのだが、きょうは久しぶりにトレーニング・ゼロになってしまった。

先週、安政遠足に出たときには朝5時半に起きて8時から走ったので、自然に朝に目が覚める。これを幸いと朝7時に起きていたのだけれど、寝るのはズルズル遅くなるから、どうしても睡眠不足。昨日、仕事で遅くなったので、今朝はアラームを付けずに寝たら、目が覚めたのは10時半だった。

特に忙しいというわけじゃないのだけれど、仕事で連絡をして返事を電話待ちというのが何件かあるので、家を出られない。夕方に電話を受けたら、駅前まで図書館の本を取りに行こうと思っていたら、らでぃっしゅぼーやから、配達車のタイヤがパンクしたので、1時間ほど配達が遅れるとの連絡。配達を受け取ってからご飯を食べていたら、もう本の受け取りは間に合わないよ~。

夕方にとりあえず郵便局までは行ったけど、ここは往復でも600mくらいなので、とてもトレーニングに入れられないのであった。

ということで、3月10日以来のトレーニング・ゼロ日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

着物を着てみた

Yagasuriこのところ、また無料着付け教室に通っている。むかし母が着せてくれたのも、以前習ったのも、すべて改良枕を使った帯結びだったのだが、今回ははじめて普通の枕を使用。やっと普通の枕でお太鼓結びができるようになってきたので、着てみた。着てみておかないと、せっかく覚えたのを忘れてしまいそうなので、ちょこっと走ってきて、シャワーを浴びて、そのままパパッと着てみた。

どんな風に着れているか、鏡ではよくわからないので、後ろ姿を撮影。うーん。帯の折りじわが目立つ。着物にも膝のあたりに折りじわがあるなあ。背中とお尻にも着じわがあるし、お太鼓の右はしが、少しゆがんでいるようだ。

それでも、とりあえずは形になっているか。さっきからしばらく着ているけど、お太鼓が落ちてくるようなことはないし。きれいに着るには、着慣れることが必要なはずなので、細かいところは気にせず、とりあえず着れたことをよろこぼう。

ちなみに、これは化繊の洗える着物で、1万円。帯は、リサイクルショップで買ったもので、5000円なり。化繊の着物というと安っぽいと言われるようだが、最近は化繊も質がよくなっている…というパンフレットを、先日、呉服屋さんからもらった。こういう低コストで気楽に着慣れていくのも、いいんじゃないのかなあ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

録画し損ねた

安政遠足に行っている間に、どうやらデスクトップがハングアップしてしまったらしい。うちは、パソコンが止まると録画機能が止まる。土曜日の夜の「チャングムの誓い」を録画しそこねた。

今回から、確か昨年末にBSで一挙再放送した回だったと思うので、見損ねたことにはならないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼が笑うスケジュールの心配

萩往還の70kmの制限時間が12時間だと知って、気持ちが動いたのだけれど、よく考えると5月には、安政遠足侍マラソンがある。こちらは、今年で6回連続出場しているし、リピーターが多く、毎年出会うおなじみの顔もある。毎年宿泊している宿の人にも、「また来年いらしてください」と言われている。こちらに出ないというのは、ちょっと考えられないのだ。

萩往還は、毎年5月4日と決まっているらしい。安政遠足侍マラソンは、5月の第2日曜日だ。今年は14日だったけど、もし8日だったら4日とは4日しかあいていない。曜日はだいたい1年に1日ずつずれるから、来年は8日か、それでは無理かと思ったが、調べてみると、来年の第2日曜日は13日だった。9日あけば、安政遠足の峠コース(29km、標高差約1050m)は無理でも、関所コース(20.35km、標高差約300m)はタイムを気にしなければ、何とか走れるだろうか。いやいや、私の脚力では、やはり無謀だろうか。でも、再来年になると、安政遠足は5月11日になってしまう。やるなら、来年のほうが、条件はいいかも?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/14

もしもし券売機

もしもし券売機

安政遠足は、天候にもめぐまれ、無事に完走。信越線の横川駅で切符を買おうとしたら、みどりの窓口がない。かわりに自動券売機があるのだけれど、オペレーターを呼び出して、行き先をつげるのであった。自動ではなく、もしもし券売機というらしい。それはいいけど、オペレーターがほかの駅と話中とかで、かなり待たされた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/13

しまった

新幹線は、高崎55分。信越線は、57分。乗り換え案内にはでなかったけど、急げば乗れたかも。しかたがないので48分待ち。新しくなった高崎駅を探検。以前、改札内にあった土産物屋さんが、改札の外になっている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

30品目バランス弁当

30品目バランス弁当

いやに健康そうなお弁当。選んだわけではない。新幹線が発車しそうだったので、あせって手近にあったのをとったのだ。でも、さっき乗り換え案内で調べたら、高崎で48分待ち。あせることはなかった。明日は安政遠足侍マラソンなので、安中に向かう途中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/12

お野菜たっぷりのコース料理

仕事で長時間インタビューするのに、新宿駅東口の「くらわんか」を利用した。

予約をしたMさんの趣味とかで、出てきたのは、有機野菜を取り入れた「お野菜たっぷりコース」。これは、すごい! 食べ応えがある野菜料理が次々とでてくる。

特に印象的だったのは、生野菜スティック風。春玉ネギは辛みが少ないとは思っていたけれど、生の玉ネギがスライスではなく、固まりででてくるとは思わなかった。らでぃっしゅぼーやでは、春玉ネギがよく届くので、今度まねしてみよう。関西でお正月のお雑煮に使うような、細身の大根には、ちっちゃい葉がついたままだったので、葉までむしゃむしゃといただく。素材がいいので、さらっとしたごまだれ(?)をつけると、ほんのり甘い野菜の味がよくわかる。

満腹したけど、すごく低カロリーだったに違いない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/11

朝顔、発芽

7日の夕方にまいた朝顔の芽がでてきたようだ。まだ葉は開いていないけど。ゴーヤとパセリは、いまのところ元気そう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/10

炊飯器の蓋

昨日、炊飯器の内蓋をとりはずそうとしたら、ペリッと音がして、プラスチックの留め具が割れてしまった。2つあるので、1つが割れても使用は可能だけど、ショックだ。買ってから1年くらいは経っているはずだけど、まだ何年も使っていないよー。

でも、そういえば、前の炊飯器も、ゴムがダメになって内蓋が外蓋とくっつかなくなったのを、単に置いてセットすれば使えるので、そのまま10年くらい使っていたのだった。仕方ない。このまま使うか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報プラザもメール連絡できるように

図書館で本を予約しておくと、駅前の情報プラザで受け取ることができる。予約した本が受け取り可能になったという連絡は、メールで受け取れるはずなのに、なぜか情報プラザではメールを送信できないということで、電話がかかってきていた。

さて、4日ほど前に久しぶりに本を予約して、今回も電話がかかってくるだろうと思っていた。本館の本は貸出中だけど行徳図書館のは開架にあるということだからすぐ来るだろうと思っていたら、なかなか連絡がない。おかしいなあと思ったら、3日前に受け取ったメールの中に、「受け取り可能」の連絡メールが埋もれていることを発見。

アンケート調査などで、「どうして"情報プラザ"でメールが送れないのだ~」と書いていたので、どうやら対応されたらしい。いきなりやり方を変えられるのは困るけど、対応の素早さには、ちょっと感心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

萩往還って…

70kmの制限時間が、12時間なんだ…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エントリーし忘れ

春日部大凧マラソンに応援に行ったときに、「富里スイカロードレースは申し込んだ?」と聞かれたので、「まだ」と言ったら、「もう申し込み期限が過ぎちゃっているよ~」と言われた。

むむむ。かくして、5年連続出場で、記録は途絶えた。走り始めて、5年半。6回連続出場というのは、まだない。5回連続出場しているのは、あとは手賀沼エコマラソンだけ。今週末の安政遠足侍マラソンにでれば、こちらも5回だけど。

エントリーし忘れというのは、初めてかもしれない。まあ、6月は利尻島があるので、スイカへの参加意欲が低下しているというのは、あるだろう。スイカはおいしいのだけれど、遠いのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/07

今年もゴーヤを

「今年もゴーヤ(にがうり)を植えよう。昨年とっておいたタネを発芽させなくては…」と思っているうちに5月になったので、タネから育てるのはやめて、今年も苗を買ってきて植えることにした(^^;)。

「土を再生するのに熟成させなければ…」と思っているうちに、やはり5月になったので、再生剤でごまかすことにした(^^;)。

5月3日は天気がよかったので、ホームセンターに行く。苗を買うつもりだったが、多少でも土を熟成したほうがよさそうなので、有機性の再生剤と有機石灰だけを買って、帰宅。ベランダにレジャーシートを敷いて、半年間ほったらかしておいた植木鉢をひっくりかえして、土をひろげる。買ってきた再生剤の説明によれば、しばらく日光にあてたほうがいいそうだ。消毒のためだろう。翌日は天気がよさそうなので、そのまま放置。

続きを読む "今年もゴーヤを"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

おいしい買い物

ホームセンターへ出かけた帰りに、ふだんは方角違いであまり行かないマルエツに寄る。

めぼしいものはないかなと見ていたら、400円~500円の値段が付いたカツオのたたきのパックの中に、198円のものを1パックだけ発見! よく見ると、皮の部分をそぎ落としたものを集めてあるらしい。端切れということで半額にしてあるのだろう。だけど、カツオのたたきって、皮に近い部分がおいしいんじゃないか~。もちろん、ゲット。

長持ちしないだろうと、夕食に全部食べたけど、200g以上は絶対にあったな。お腹がいっぱいで、とっても満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

雷雨で受信障害

午前中、急にTVの衛星放送が受信できなくなった。ちょうど強い雷雨だったのでそのせいだろうと思っていたら、あんのじょう、天候が回復したら、受信できるようになった。衛星放送というと、どこからでも受信できそうな気がするけど、案外弱いものなんだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »