« おかしな留守番電話 | トップページ | きゅうりの食感 »

2006/06/26

きゅうりが急成長

Kyuuri70円で苗を買ってきて植えたきゅうりに、実がなった。これまで、雌花は何回か咲いて、花がしぼんだあとにミニキュウリはついていたのだが、すぐに縮んでしまって実らなかった。たぶん、受粉しなかったのだろう。

これは、珍しく縮まずに成長を続け、無事にこの大きさに。幸い、今週は珍しくらでぃっしゅぼーやできゅうりが届いていない。今晩、収穫して食べようか。

Asagao こちらは、今年初めて咲いた朝顔。実は、植え替えのときに失敗して根がぶちぶち切れてしまった株だ。けっきょく、つるが伸びてこずに、小さいままつぼみがいくつかついて、さっさと花が咲いた。生存の危機を感じると、さっさと子孫を作ろうとするってことかな。

いまの少子化は、実は日本人が生存の危機を感じていないあかしかも。

|

« おかしな留守番電話 | トップページ | きゅうりの食感 »

コメント

∥いまの少子化は、実は日本人が生存の危機を感じていないあかしかも。

でも、感じていないだけで進行中かも。こういうことには人間は驚くほど鈍感かも知れません。
と、ちょっぴりSF的になってしまいました。

投稿: | 2006/06/26 17:08

涼さん、こんにちは。

人間の生物としての遺伝情報からすれば、飢餓がなければ、生存の危機ではないのだと思います。でも、確実に危機は近づいているのでしょうね。本当の危機になれば、危機感から生命力が盛りかえすかと思うのですが…困るのは、その時代に私は高齢者だろうなってことです。

投稿: meka | 2006/06/26 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/10687198

この記事へのトラックバック一覧です: きゅうりが急成長:

« おかしな留守番電話 | トップページ | きゅうりの食感 »