« プラスチック製容器包装の日 | トップページ | ああ、あと1日あれば… »

2006/06/16

こんな夢を見た

編集者と喫茶店に行ってカウンターに座ると、何気なく間に高校生にしてはちょっとひねた感じのセーラー服姿のお姉さんが入り込んできた。これは誰だったかなと思っていたら、何だか話相手をしてくれる。でも、最近のタレントのことなど私は知らないので、まったく話が通じない。店を出てから、あれが最近流行のコンパニオンだと気がついた(目が覚めてから、「普通の喫茶店にそんなものがいるかよ」と、さらに気がついた)。

駅に向かって歩いていたら、なぜか一緒に歩いているのは小説家の高橋克彦氏だった(小説は好きだけど、実際にセンセーにお会いしたことはない)。これはチャンスだと思って、「美術が好きな妖怪っていませんか」と質問したのだけれど、適当にはぐらかされてしまった。

駅らしいところに着いたが、阪急と阪神と京阪の中から、乗る電車を選ばなければならない。この頃はすっかり千葉県民になったつもりだったけど、神戸に帰ろうとしていた。私がもし認知症になったら、やっぱり神戸に帰ろうとするのかもしれない。

|

« プラスチック製容器包装の日 | トップページ | ああ、あと1日あれば… »

コメント

こんばんは、こちらは昨日とうってかわって晴天で暑かったですよ。

阪急と阪神のニュースも、影響しているのではないでしょうか?
京阪は、AN three(アンスリー)繋がりだったり……

投稿: | 2006/06/16 19:50

涼さん、こんにちは。

こちらは朝は土砂降りでしたが、午後からやみました。

実は、夢のことなので、阪急と阪神というふうに、明確ではないんですね。どちらに乗っても最後は同じところに行くんだけれど、どちらに乗った方がいいかなあと思っている夢は前からときどき見ていて、それは、私の経験上は阪急が阪神に乗って、山電に入ることを意味しているんです。でも電車のイメージは、なぜかくたびれていて、京阪なんですよ。ごめんなさい。京阪は、けっしてくたびれていないのはわかっていますが、私の中の京阪のイメージは子どもの頃に大津市内をごとごと走ったいた電車なんです。

投稿: meka | 2006/06/16 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/10545107

この記事へのトラックバック一覧です: こんな夢を見た:

« プラスチック製容器包装の日 | トップページ | ああ、あと1日あれば… »