« 青梅マラソンは先着順に | トップページ | ユニークな変わり結び »

2006/08/18

自分のことにあてはめて…

小学生の甥が、夏休みの宿題を手伝ってくれという。算数のドリルで1度やったものを、ノートに問題を写して、もう一度やらなければいけないのだそうだ。グラフや表がたくさんあって、問題を写すのが大変なのだという。

おばさんはそんなに親切ではないので、そんな面倒な手伝いはやらない。わからないところを教えるくらいなら、やってもいいけどね。

「え~、でも、こんなにたくさんあるのに、でけへん」というので、「たくさんあるといっても、少しずつやればできるでしょう。少しずつでもやっていれば、いつかは終わる。とりかからなければ、いつまでたっても終わらないよ」と、さとす。

言っている間に気がついた。これって、自分の仕事でも同じ(^^;)。とりかからなければ、少しずつでもやらなければ、終わらない。でも、なかなかとりかかれないんだよね~。

|

« 青梅マラソンは先着順に | トップページ | ユニークな変わり結び »

コメント

ああ、それは。
私も毎日思うのです。

「やれば終わるのよ。それが終わったら、やりたいことやれるのに。いつまでにやらないから、いつまでもつまんないのよ」

・・・って。

私か!!!

人間って、成長しませんな。

投稿: 美々姉 | 2006/08/18 14:06

美々姉さん、こんにちは。

そうですねえ。人間って、小学生のときとあまり変わっていないみたいですね。

投稿: meka | 2006/08/18 16:04

私もそうです。
「まず着手すること!」と
自分に言い聞かせています。

毎日これだから↑困ったもんです。
大物の原稿書きも朝からそう思っていて、
午後にはなぜか高校野球見ちゃって、
とりかかったのが、4時近くです。

ただ、締め切り間際で徹夜しても間に合わないことだけは身にしみてわかっているので、
ちょっとずつでも宿題を進めなくてはなりません。

投稿: 花梨 | 2006/08/18 16:44

花梨さん、こんにちは。

徹夜して間に合わせようとするところは、ご立派です。私は、最近、その気力(体力?)がなくなってしまいました。ああ、でも、もっと前からやっておけば、徹夜などする必要はないのですよね。そんなことをぐずぐず言っている間に、少しずつでも進めるのが大切なのでしょう(^^;)。

投稿: meka | 2006/08/18 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/11491008

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のことにあてはめて…:

« 青梅マラソンは先着順に | トップページ | ユニークな変わり結び »