« 工事は終わったのか? | トップページ | Apple Houseの謎 »

2006/09/26

公務員の飲酒運転って懲戒免職だったのでは?

最近、ニュースを見ていて「あれっ」と思ったのは、公務員で飲酒運転で事故を起こしても、訓告くらいで済むこともあったということ。ばれただけで、懲戒免職だと思っていた。

というのも、うちの実家には、地方公務員の義兄がクルマで来たらビールを飲ませないという決まりが、姉の結婚直後からあるのだ。

まあ、クルマで来た人に飲ませないのは、当たり前なんだけど。最初の頃、母が「コップに1杯くらいなら大丈夫なんじゃないの」と言ったら、「公務員なんだから、万一つかまったら大変でしょう」と、みんなで冗談で言っていたのだ。

だから、公務員が飲酒運転をしたら、酒気帯び程度でも大変なことになるのだと思っていた。社会常識は、そうじゃなかったの? それとも、これまで飲酒運転を厳重処罰しなかった役所が、常識はずれとか。

|

« 工事は終わったのか? | トップページ | Apple Houseの謎 »

コメント

私もずっとそうだと思ってました。
飲酒もそうだけど、信号無視とか、そういうので免職になるんだと思ってました。

違うのか・・・。

投稿: 美々姉 | 2006/09/26 15:01

美々姉さん、こんにちは。

そうですよね。人間、誰でも1度や2度の間違いはおかすから…とはいっても、やっぱ、やっていいことと悪いことがあるよねえ。

投稿: meka | 2006/09/26 15:28

mekaさん、こんにちは たけしたです。
飲酒運転は 確信犯だと思いますぅ。
だから厳しくしてほしい。
信号無視とかは しようとしてするのは
別として 見落としとかあるからぁ。

ちなみに兵庫県知事またいらんこと言って
問題を広げてるみたいですね。

そうそう 嫁の実家篠山では しょっちゅうあるみたいですわ、公務員の飲酒運転がぁ。

言い訳は電車バスがない だれも通っていない殻だってさ。

ではでは

なれないタッチパッドパソコン 急にポインタが飛ぶからイヤ!

投稿: たけした | 2006/09/28 10:27

たけしたさん、こんにちは。

これだけニュースで騒がれているのに続々つかまるのは、その人たちは常態化しているのでしょうね。いやはや。

ところで、自転車は道路交通法上車両ですから、お酒を飲んで自転車に乗るのも飲酒運転です。千葉県で、この前逮捕された人がいました。

投稿: meka | 2006/09/28 11:40

昔、サントリーのウイスキー工場に見学に行った時に、自転車ですというと、「飲めません」シールをもらってしまいました。あうう。

最近は、自転車の無灯火でも捕まるとかいう話なので、気をつけなくてはと思っています。夜中に無灯火で走っている人って結構多いですね。私も含めてですが(^^;

投稿: ぽか | 2006/09/28 15:49

ぽかさん、こんにちは。

日暮れ時に走っていると、半分以上の自転車が無灯火ですね。音もなくいきなり現れるから、怖いです。自分がこけるのは自業自得じゃないかと思うけど、ぶつかられる歩行者はたまったものじゃありません。

スクランブルの横断歩道を歩行者信号が青のときに、乗ったまま渡っていく自転車もおかしいはずなんですけどねえ。

投稿: meka | 2006/09/28 16:15

mekaさん、今晩は。
家内の実家の田舎では常態化してますね。
お葬式でも みな呑んで平気で運転して
帰りはりますわ。 勿論公務員も農協も。

自転車飲酒運転も この間京都市内で学生さんが捕まったそうです。京都府警初だとか。
きっと 文句いったんやと思いますぅ。
素直に謝って押して帰れば良かったのに。

無灯火自転車こわいですね。
もう一つ怖いのが 携帯電話しながらくる
自転車。 急になにか話しかけられたようになって 転びそうになりますわ。

ではでは

投稿: たけした | 2006/09/28 18:03

たけしたさん、こんにちは。

千葉県のも、不審者がいるという通報でで警官が駆けつけたら自転車で逃げようとしたので、取り押さえたら酔っぱらいだった…ということらしいです。

携帯はねえ、歩いていてうしろから急に「もしもし」って言われると、本当に驚きます。

投稿: meka | 2006/09/28 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/12041527

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の飲酒運転って懲戒免職だったのでは?:

« 工事は終わったのか? | トップページ | Apple Houseの謎 »