« 家具スベール | トップページ | 「ダンベル」の意味 »

2006/10/26

「アレイ」違い

お茶大で、「DNAマイクロアレイ法による遺伝子発現解析の実際」という講義を受けた。渡辺先生が作ったシステムが、"The Watanabe array system"というのだそうだ。

このシステムは、80塩基程度の短いDNAを3万種類もガラス板にずらっと並べて固定したものを使用する。

ふーん。ところで「アレイ」って、「路地」のことだったはず。何だかあわないよねえ。

私の携帯には、英和辞典が内蔵されている。机の下で、こっそり辞書を引いてみた。arrayって、整列してずらりと並んだもののことらしい。これなら、意味がピッタリだ。

じゃあ、「路地」というのは? …それは、alley。まだまだ、修行が足りない(^^;)。

おまけ。それでは、鉄アレイのアレイは、どんなつづりだろうと思って、帰ってきてからBookShelfを引いてみた。…それは、鉄亜鈴。日本語だったのか(^^;)。英語では、(a pair of ) dumbbellsというらしい。

|

« 家具スベール | トップページ | 「ダンベル」の意味 »

コメント

「てつあれい」は、楽しかったです。

投稿: | 2006/10/27 00:31

arrayの方は私の専門の方でも良く登場しますね、様は並列計算の出来るプロセッサ、
alleyは映画ハリーポッタの「ダイアゴン横町」とかで印象的です、手持ちのオックス
フォード英英辞典で発音を調べると、アレイとアリーやはり日本人には l と r は難し
いですね。
ビミョー... :-)

投稿: TIKA | 2006/10/27 07:35

鉄アレイには笑いました。
ほんと、知らないことっていっぱいありますね。
今日、私は英会話の日ですが、宿題が「自分の職業について、metaphaで説明せよ」というのです。
頭抱えていますよ。26歳のオーストラリアの男の子が講師ですが、なかなか難しいことまで教えてくれます。

投稿: 花梨 | 2006/10/27 07:38

 アマチュア無線では同じアンテナを並べたコリニアアレイアンテナとか抵抗を並べたレジスタアレイなどが頭に浮かびます。どちらも「array」の方ですね。

 スポーツセンターにも良く行っているので当然「鉄アレイ」も上位に入ります。(笑)

投稿: RAXS | 2006/10/27 08:32

>涼さん

日本語も、知らないことがまだまだありますね。言われてみれば鉄亜鈴も見たことがあったような気がするけど、カタカナでアレイになると、てっきり外来語かと思ってしまいました。

>TIKAさん
シリコンバレーでは、ITがあまりもうからなくなったので、ICチップではなくDNAチップを作っているそうです。
確かにalleyは「アリ」ですね。アクセントも違う。本に出てきたのを覚えたので、発音を勘違いしていました(^^;)。lとrは、日本人には難しいですねえ。発音は分けてするようにはしていますが、聞き取りは、いまのところは前後の意味でわかればいいかなと思っています。

>花梨さん
何だか、高度なレッスンを受けておられるのですね。宿題に悩むというところが、えらいのでは。社会人は、英会話を習っても宿題はさっぱりという人が多そうですもの。

>RAXSさん
工学系では、arrayは珍しくないんですね。ところで、最近、スポーツクラブでは、ダンベルと呼ぶのじゃないですか。鈴木正茂先生のダンベル体操ブーム以来、鉄アレイって、死語かも。

投稿: meka | 2006/10/27 10:48

鉄アレイは、鉄亜鈴なんですか。
これが一番びっくり。
いやはや勉強になりました。
またどっかで、このネタ使お。

投稿: 美々姉 | 2006/10/27 11:38

>美々姉さん

そうなんですよ。びっくりですねえ。どこかで使ってください。でも、早くしないと「てつあれいって何?」と言われちゃうかも。

投稿: meka | 2006/10/27 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/12443082

この記事へのトラックバック一覧です: 「アレイ」違い:

« 家具スベール | トップページ | 「ダンベル」の意味 »