« ウイルスバスター | トップページ | 校長よ、死ぬな »

2006/11/11

カスタードプディング in シャトルシェフ

今週の『ためしてガッテン』で、プリンを土鍋で加熱するとうまくいくというのをやっていた。プリンは80度くらいの温度で加熱するのがよくて、温度を上げすぎると固くなるのだという(化学だなあ)。土鍋で水をじゅうぶん沸騰させ、その中にプリンのカップを入れてフタをすれば、土鍋の保温力が、ちょうどいい温度に保ってくれるのだそうだ。

簡単にできそうなのでやってみたいが、うちにある土鍋は1人用で、プリンのカップを入れるとフタはしまらない。でも、土鍋の保温力がポイントなら、似たようなものがある。シャトルシェフ(保温鍋)だ。

カラメルは面倒なので、とりあえずは省略。卵がちょうど1個残っていたので、泡立てないようにときほぐし、砂糖を混ぜ、バニラエッセンスを少々。適当に牛乳をまぜる。あ、牛乳を温めるとか言っていたけど、忘れた。まあ、いいや。番組では分量ももっとちゃんと言っていたが、そんなものは適当でいいだろう。でも、プリンって、ミルクセーキを加熱して固めたものだったのか。

カップは陶製のものがゆっくり温まってよいということなので、陶製のマグカップを使う。こすといっていたようなので、茶こしでこして、マグカップに材料を入れる。

シャトルシェフの内鍋に3分の2ほど水を入れて沸騰させる。そこにマグカップを入れてフタを閉めて、親鍋に入れてフタを閉めて保温。25分待つ。そっとフタをあけてさわってみると、ほんの少し材料が指についたので、もう3分。

さましてから食べてみた。うん。まあまあのできあがりだ。少し固めのようなので、最後の3分は余分だったかも。でも、蒸し器もオーブンも使わないのは、本当に簡単だ。

これを応用して、茶碗蒸しはできないものだろうか。

|

« ウイルスバスター | トップページ | 校長よ、死ぬな »

コメント

お早うございます。

この番組、ちょうど卵をかき混ぜているシーンを見ました。
シャトルシェフって、ずっと関心があったのです。茶碗蒸しは、これのメニューにあるのではないですか?

投稿: | 2006/11/11 09:04

涼さん、こんにちは。

圧力鍋用の料理本はあるけど、シャトルシェフ用のようなものは持っていないので、よくわかりません。今度、茶碗蒸しを作ってみます。

シャトルシェフは、火を消したままで調理できるのが、いいですね。煮込みながらでも安心して外出できますから。

投稿: meka | 2006/11/11 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/12638262

この記事へのトラックバック一覧です: カスタードプディング in シャトルシェフ:

« ウイルスバスター | トップページ | 校長よ、死ぬな »