« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

スターα

JCBでは年間100万円以上の買い物をすると、翌年はスターαというのになって、ポイントが5割り増しになる。1000円で1ポイントだから、100万円で1000ポイント。それの5割増しだから、1500ポイント。ANA JCBカードだと、1500ポイントは15000マイルに変換できるので、国内一往復が無料になる。つまり、ANAカードで毎年100万円の買い物をしていれば、1回の特典航空券をもらえるということだ。

50万円以上でもスターβになるが、これは2割増し。翌年100万円買い物をしても、12000マイルにしかならない。この差は大きい。

以前は、仕事で使うパソコンを1年に1台くらい買い替えていたので、簡単に100万円を越えていた。実をいうと、毎年NAHAマラソンや利尻島やらへ行くのは、超割でなければ、だいたいこのマイレージを使っている。マイレージがたまらないと、そうそう遠方のマラソン大会に参加できないのだ。

ところが、最近はパソコンを買う頻度が減ったので、100万円を越えさせるのに苦労する。公共料金も、保険も、ちょっとした買い物も、使えるものはできるだけカード払いにしてきたが、今年は12月15日までにあと4万円ほど使わないと、100万円を越えられない。

そこで、迷っていた和箪笥がちょうどそのくらいの値段であったので、思い切って注文したのだけれど、在庫切れで入荷が12月15日だという。がーん。それでは、発送は15日以降で、カードに15日までにつかない可能性が高い。

ううむ。あと4万円をどうするか。泡盛1年分買っちゃうとか…(^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/25

巨大ブロッコリ

Broccoli 予想通り 、らでぃっしゅぼーやで大根と白菜が届いたが、大根は普通サイズで白菜はミニ白菜だった。今週はキャベツはなくて、ほっとする。

その代わりに巨大だったのが、このブロッコリ。直径18cmくらいある。こんな大きなブロッコリは見たことがない。暖かくて育ちすぎたのか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/11/24

『チャングムの誓い』の最終回を新潟だけ再放送

チャングムの誓い』の最終回を、新潟県域だけ再放送するそうだ。停電のため、放送中断したとか。そりゃ、苦情殺到だろう。

でも、新潟で停電があったなんて、知らなかったな。大停電なら大々的に報道されるのだろうけど。日本は、けっこう広い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

大根と白菜

TVのニュースで、最近ちょっと暖かくなって大根と白菜が取れすぎたので、価格調整のために一部廃棄すると言っていた。ああ、もったいない。天候の影響で野菜が取れないと困るが、取れすぎても困る。農家は大変だ。

しかし、ひょっとして今週のらでぃっしゅぼーやは、巨大大根と巨大白菜のセットが届いたりして…。巨大キャベツが3週連続で届くのだけは、なしにしてほしいものだけど。まだ、1週目のをやっと半分くらい食べたところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/20

犯人は、IE7だった

数日前からMapFan.netで距離計測やルート計算ができなくなった。アプリケーションエラーがでて、強制終了されてしまうのだ。お決まりの手順で、プログラムのアップデートや上書きインストールをしてもなおらない。サポートページに行って、FAQを参考にキャッシュデータを削除してみたり、アンインストール後再インストールしても、なおらない。

仕方がないので、サポートページから質問メールを送ったら、IE7には対応していないのだという。はいはい。そういえば、数日前にIE7にバージョンアップしましたよ。普段はFireFoxを使っているけど、仕事でちょっとIE7が必要になったのだ。IE7はトラブルがあるとは聞いていたが、ほかのアプリに問題を起こすようなバージョンアップをするなよなー。

返答メールで届いたパッチをあてたら、無事に距離計測ができるようになった。土曜の夜に送ったメールの返事が、月曜の午前中に届いているのは、なかなか対応が早い。

でも、すでにパッチがあるのと、すばやく返答が帰ってきたということは、すでに同様の苦情がいっぱい届いているというわけで、だったらサイトのFAQもさっさと情報追加しておいてくれないだろうか。再インストールを繰り返して、何時間かムダにしちゃったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVに写っていた

東京国際女子マラソンの応援にでかけた。TV中継していたはずなので、帰宅して、ビデオを調べてみた。5.69km地点と27.67km地点にfrunの幟が写っているが、これを持っているのが私。どちらも、白い帽子がかすかに写っている。全国放送のTVに写ったのは、はじめてかも。しかし、これを「写っている」と言えるのか(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/18

いじめられる側の心理

いじめられる側に、「そんな簡単に死んではいけない」とか言っても、なかなか心に届かない。はたから見れば、「なんでそんなことで自殺するの」と思えることも多いだろう。これは、いじめられる側が特殊な心理状態に追い込まれてしまうからじゃないかと思うのだ。

いじめる側というのは、ずるいから、必ず徒党を組む。「あんたなんか存在価値はない」とか「あんたはこんなとんでもないヤツだ」と言われても、1人に言われるだけなら、その相手を嫌なヤツだと思うだけで、たいしたダメージは受けない。だけど、2人、3人とが集団になって責めてくると、こわいんだよね。

素直で内省的な人なら、「自分は本当にそんな存在なんだろうか」と思いこんでしまうし、「それはいくら何でもおかしい」と思っても、周囲に味方が誰もいないと感じてしまう。

3対1のときも怖いけど、傍観者がいるときは、もっと怖い。例えばその場に10人いて、3人だけが1人を責め立てたとしよう。周りの6人は傍観者だったとしたら、不条理なことをされているのに、誰も味方になってくれないと感じてしまう。親とか先生とかは別世界の存在だから、あてにならない。

何人かに責められたという事実よりも、周囲全体に見捨てられたという感覚を味わってしまったら、もう希望はない。でも、それは、ウソなんだ。いじめる側が上手に作り上げた虚構でしかない。

「命を大切にしましょう」なんて、表面的な言葉を繰り返す前に、こういう心理状態を子どもたちに説明してほしい。いじめられると、気持ちがおかしくなって、一種の病気のような状態になってしまうのだと。だけど、それはウソなんだと。自殺したりするのは、いじめる側の思うつぼにはまるだけなんだと。それと同時に、傍観しているのは、いじめに荷担しているのと、まったく同じ事なんだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

豚ショウガ鍋

らでぃっしゅぼーやで大根が続けて届いたので、それを消費するために、土ショウガを買ってブリ大根を作った。今度は土ショウガが余ったので、久しぶりに豚ショウガ鍋を作ってみた。

といっても、普通の鍋の出汁に、土ショウガのみじん切りを入れただけなんだけど。土ショウガが好きな人にはお勧めだ。土ショウガには、豚がよく似合う。それに、何しろ土ショウガ入りだから、めちゃくちゃ身体が暖まる。

ところで、先週、巨大なキャベツが1玉届いたのをほとんど消費しないうちに、今週、また同じくらいの大きさのキャベツが届いた。これを、どうやって片付けよう…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/15

東京マラソンに追加当選

東京マラソンに追加当選したという通知が来た。

申し込むときには、東京のど真ん中を走るというコースに魅力を感じつつも、「参加費が高いし、混雑しそうだし、寒そうだし。ボランティア私設エイドでサポートするのも価値がありそう。まあ、当たればそのとき考えよう」くらいの気持ちだった。でも、周囲で当たった、外れたと熱心にさわぐ人たちを見ると、せっかく走れるのに走らないなんて、もったいなさすぎるよね。

ということで、即座にクレジットカードで参加費10000円を支払った。まあ、参加しようか迷っていた京都木津川マラソンに比べれば、交通費はかからないし。

今年は夏からの不調でNAHAマラソンは結果を期待できそうにないので、これがリベンジ大会になるかも。混雑を考えると記録をねらうことは考えていないが、最後まで笑顔で走れるように、せいぜいがんばってトレーニングしなきゃ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/11/13

10月TOEICの結果

10月に受験したTOEICの結果がWebで発表された。695(L:380 R:315)だった(^^;)。ちなみに、7月は705(L:320 R:385)。

ICCの講師によればLとRがアンバランスに揺れ動くのは変化の兆しだそうなので、スコアアップまでもう少し時間が必要ということか。

これで、今年中に860どころか、せめて730を越えようという野望はついえた…。2004年の10月に530、2005年10月に690という大躍進からすれば、全然進歩していないように見える。でも、実は私は1990年に650だったので、2004年から2005年のは、忘れていたのが戻っただけだったんだろうな。昨年10月に690だったのが、今年1月に645に落ちてしまっているので、昨年10月のは誤差の範囲内で実際には670くらいの実力だったということだろう。それを考えれば、7月、10月として連続して700点前後のスコアだったのは、着実にレベルは上がっているのだと思う。しかもLの最高は380、Rの最高は385になったので、あとは安定して両方同時に力を発揮できればいいわけだ。

実際、1年くらい前に読んだ本を読み返してみると、以前もあらすじは追えていたのだが、霧が晴れるような感じで意味がよく入ってくることが多い。8-9才向けくらいの児童書は、知らない単語はまだまだあるが、さほど苦労せずに状況をつかめるようになった。TVの英語ニュースも、政治経済はよくわからないが、クマが出没するとか竜巻が発生したといった内容は、かなりわかるようになってきた。

わかる部分が増えてくると楽しいので、どんどんやりたくなってくる。おっと。仕事もやらなきゃ。それから、ランニングと着付けの練習も(^^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『食品の裏側-みんな大好きな食品添加物』

安部 司: 食品の裏側 みんな大好きな食品添加物

総合評価★★★★

食品添加物関係の本というと、どう見ても科学的にずれた内容で、やたらに危険をあおるだけのものか、科学者が書いたやたらに「安全です」と断定するだけで、その内容がよくわからない本の2通りかと思っていたが、これは少し違った。

食品添加物を扱う商社に勤めていた筆者が、食品業界の現場で見聞きした体験を元に、疑問を投げかけた本。

コーヒーフレッシュは実は水と油に白い粉を混ぜただけといった、一般人にはびっくりするような話はたくさん載っているが、やたらに危険をあおりたてることはしていない。科学的常識をふまえたうえで、「台所にないものは、少ない方がいい」など、アドバイスは一般人にも具体的でわかりやすい。

また、著者は、安易に安いものに飛びついてきた消費者にも責任があることを指摘する。食品添加物の必要性や便利さを理解しながら、でも、これでいいのだろうかと考えようと呼びかけている。安易な食品添加物の利用で、子どもの味覚が破壊されてしまうこと、食べるという行為は他の生命をいただくということなのに、子どもたちは簡単に手に入るものだと思ってしまうことなど、深く考えさせられる。

食品の裏側

食品の裏側
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.13
安部 司著
東洋経済新報社 (2005.11)
通常24時間以内に発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/12

シャトルシェフで茶碗蒸し

カスタードプディング in シャトルシェフで、涼さんにコメントをいただいたので探してみたら、シャトルシェフを買ったときについてきたクッキングブックが見つかった。ちゃんと茶碗蒸しが載っている。カスタードプディングはないけど、パンプディングはある。便利に使っているつもりだったけど、全然活用していなかったらしい。

茶碗蒸しは、2分加熱、10分以上保温とある。

昨日、さっそく作ってみた。量は適当だけど、卵を1個使うとだし汁は2カップぐらい? だしは利尻昆布(利尻島一周悠遊覧人Gの参加賞)でとり、しょうゆを少々。うちは茶碗蒸し用の茶碗がないので、大きめの小鉢を使う。蒸すわけじゃないので、フタはなくても大丈夫だろう。突然思い立ったので、具は、らでぃっしゅぼーやで届いていた春菊のみ。

本を適当に見ていたので、2分加熱後30分保温してしまったが、ちゃんとできた。いま本を読み直したら、10分でよかったのか(^^;)。

適当に味付けしたわりにはおいしかったが、2カップ分の茶碗蒸しを一度に食べるのは、多すぎた(^^;)。今度、茶碗蒸し用茶碗を買ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校長よ、死ぬな

「命を大切にする教育」とやらが、いかに上っ面のものだったかを自分で証明して、どうするの。死ぬくらいなら、醜く小ずるい大人として、トンズラでもしなさい。そのほうが、ずっと子どものためになると思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/11/11

カスタードプディング in シャトルシェフ

今週の『ためしてガッテン』で、プリンを土鍋で加熱するとうまくいくというのをやっていた。プリンは80度くらいの温度で加熱するのがよくて、温度を上げすぎると固くなるのだという(化学だなあ)。土鍋で水をじゅうぶん沸騰させ、その中にプリンのカップを入れてフタをすれば、土鍋の保温力が、ちょうどいい温度に保ってくれるのだそうだ。

簡単にできそうなのでやってみたいが、うちにある土鍋は1人用で、プリンのカップを入れるとフタはしまらない。でも、土鍋の保温力がポイントなら、似たようなものがある。シャトルシェフ(保温鍋)だ。

カラメルは面倒なので、とりあえずは省略。卵がちょうど1個残っていたので、泡立てないようにときほぐし、砂糖を混ぜ、バニラエッセンスを少々。適当に牛乳をまぜる。あ、牛乳を温めるとか言っていたけど、忘れた。まあ、いいや。番組では分量ももっとちゃんと言っていたが、そんなものは適当でいいだろう。でも、プリンって、ミルクセーキを加熱して固めたものだったのか。

カップは陶製のものがゆっくり温まってよいということなので、陶製のマグカップを使う。こすといっていたようなので、茶こしでこして、マグカップに材料を入れる。

シャトルシェフの内鍋に3分の2ほど水を入れて沸騰させる。そこにマグカップを入れてフタを閉めて、親鍋に入れてフタを閉めて保温。25分待つ。そっとフタをあけてさわってみると、ほんの少し材料が指についたので、もう3分。

さましてから食べてみた。うん。まあまあのできあがりだ。少し固めのようなので、最後の3分は余分だったかも。でも、蒸し器もオーブンも使わないのは、本当に簡単だ。

これを応用して、茶碗蒸しはできないものだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/09

ウイルスバスター

デスクトップのウイルスバスターの期限が11月末までだという表示がでるので、更新しなくちゃと思って調べたら、会費改定のお知らせというのがあった。なんと、値上げするのか。でもまあ、仕方ないから更新するかと思って、もう少しよく見たら、2007からは1アカウントで3台まで使えるようになったという。

なんだ。私はノートの方で来年4月まで期限があるから、そちらでデスクトップも使えばいいのだ。注意書きをうっかり見落としたら、必要ないのに12月以降の継続料金を支払うところだったぞ。もっと目立つように書いて欲しいな~。

しかし、デスクトップのユーザー登録を書きかえようとしたら、書きかえ方がよくわからない。ネットであちこち周り、パソコンであちこちいじり、けっきょくいったんアンインストールして、試用版をインストールしなおして、それのユーザー登録をし直して、登録。1時間半かかった。パソコンいじりは、暇がかかる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TEPCOひかりは、KDDIに

TEPCOひかりは、KDDIに吸収されますというお知らせのハガキが届いた。なんだか、みんないくつかの会社に集約されていくようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

もう、こんな季節

もう、こんな季節

| | コメント (8) | トラックバック (0)

整理ダンス

家具はできるだけ減らしてシンプルに暮らしたいと思ったのだけど、着物が増えてきた。押入収納庫などに入れているけど、折りたたまないと入らないのは、なんだか心配。それほど高級品はないが、やはり洋服に比べると高価なものも多いので、いためないようにしなくては。きちんと保存するには、やはり和箪笥が必要なようだ。

しかし、和箪笥を新たに置く場所をどうしよう。いま使っている整理ダンスの中身を押入に移して、整理ダンスがある場所に和箪笥を置くのがよさそうだが、そうすると整理ダンスを処分せざるを得ない。

この整理ダンス、実は私が生まれて1か月後くらいの写真に写っている。つまり、私が生まれたときには、すでにあったという年代物だ。特別高級品ではないし、かなり古びているので、20代くらいのときには、もっときれいで新しいタンスに買い替えたいと願っていたものだけど、ここまでつきあってしまうと、どうも別れがたい。まあ、処分するとなると、お金もかかるしねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強風の日の洗濯

夏に着た浴衣をまだ洗っていなかった。大きな浴衣は、外に干すしかない。今朝はよく晴れているので、これはいいと洗濯機の放り込む。放り込んで水を流し出してから、すごい強風が吹き荒れているのに気がついた。ううむ。

あんのじょう、干してみると、びゅわんびゅわんと、はためく。それでも、洗濯してしまったものは干すしかない。ぶつかって汚れないように、ベランダの手すりをざっと雑巾がけ。ずれてくしゃくしゃにならないように、袖口をきちっと洗濯ばさみで止める。

1時間ほどして見にいったら、もう乾いていた。乾きにくい大物は、強風の日に洗濯するに限る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灯油販売車の種類

うちの近所には、3種類の灯油販売車が来る。うちは灯油を買わないので会社名などはよくわからないのだが、流している曲が違うのだ。

いちばんよく来るのは「すずめの兄弟」で、たまに「よころびの歌」も来る。もう1社あったはずだけど、何だったかなあと思っていたら、昨日、それが来た。「たき火」だった。なんだかすっきりした(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/11/02

虎ないで?

トラないで!

昨日、地下鉄赤坂見附駅でみかけたもの。工事のあとで壁にふれないで欲しいという意味らしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/01

高卒資格って、そんなにいいかげんでいいのかな?

高校の未履修問題で、70コマ以上は受けなくていいという方針が打ち出されたそうだ。300コマも足りない生徒もいるそうなので、まずは一安心か。でも、新聞には「70コマでも負担だ」なとという生徒の声ばかりが載っている。

うーん。正直言って、70コマまででいいことにしてしまうのも甘いと、私は思う。300コマ足りないということは、1日60コマとして50日。2か月以上の授業だ。

学力は十分あるのに病欠や何やらで出席日数が足りないために、卒業証書をもらえない生徒がいる。また、高卒認定試験(旧大検)で、1科目足りないために、認定を受けられない人もいる。彼らのことを考えると、実際には履修していないのに卒業を認めてしまうというのは、何だかなあ。高校の卒業資格って、大学や専門学校の入学資格になっているし、企業でも中卒(高校中退を含む)か高卒かで給料が違ったりする。そういう重要なものなのに、そんなにいいかげんでいいのかな。

生徒は悪くないから、できるだけ負担をかけないようにというのであれば、履修しないでもOKにするのではなく、履修時期に猶予を持たせるということにしてはどうだろう。学校の方針で未履修科目ができた生徒は、とりあえず3月には仮卒業できることにして、進学や就職にはさしさわりがないように、政府が指導する。その上で、1年か2年以内に、補習か通信制のレポートか高卒認定または同等の認定試験で未履修科目を修了したら、卒業が確定することにする。ついでに、過去3年くらいの卒業生にも、同じ事を義務づけてはどうだろう。

ここでは、本当にその科目が必要かどうかという議論はひとまず置いておきたい。ただ、「高校卒業にはこれだけの科目が必要」と決まっていて、それをきちんと守らされている人たちがいる以上、ルールは守ってもらいたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »