« ハッピーホリデー | トップページ | 買ってしまった »

2006/12/23

肩口に安全ピン

昨日は、英語仲間の忘年会。特に理由はないが、なかなか着る機会がないので、着物で行くことにした。1時間くらい前からとりかかり、まあまあ失敗せずに着られたわと思って鏡をよく見たら…着物の袖口から、長襦袢が2、3ミリ、にゅ~っと見えている!

しまった~。長襦袢は私の身体にあわせて最近作ったもの。着物は、母がむかし姉のために作ったもの。桁丈があっていないのだ。これはいかにもみっともない。でも、いまから着替えている時間はない。

ふと、先日呉服屋さんで、桁丈があっていないときは、長襦袢の肩のところをちょっとつまんで仮に縫っちゃうといいと教わったのを思い出した。着たままはとても縫えないけれど、安全ピンなら…。ということで、襟元から手を突っ込んで、長襦袢の肩のところをちょっとつまんで、安全ピンで止める。ううむ。ぴったりあったとはいえないが、何とかごまかせそう。

長襦袢と着物の袖丈が合わないとまずいのは知っていたけれど、桁丈も重要なんだなあ。こういうのって、着慣れていかないとわからないよねえ。

|

« ハッピーホリデー | トップページ | 買ってしまった »

コメント

 安全ピンはこういうことにも使えるのですね。長めのワイシャツにも応用出来そうですね。記憶のポケットに入れました。

 レースにでる度に(ゼッケン固定用の)安全ピンが増えていきます。何か良い使い道はありませんかねぇ。

投稿: RAXS | 2006/12/23 23:38

RAXSさん、こんにちは。

おお、長めのワイシャツですか。そういえば、使えそうですね。

安全ピンは、本当にどんどん増えてしまって、困っています。参加賞Tシャツと安全ピンを、なんとかしたいものです。

投稿: meka | 2006/12/24 00:36

私も、母が長襦袢を先に作ってくれたので、裄丈問題経験してますw
当時着物は母と共用でしたので、しばらくは肩にしつけ糸が常でした(そうすると腕がにょっきりだったりしますが・涙。袂からの襦袢袖は、必死でごまかすw)。
裾は、はしょるからなんとかなる、と思いきや、おはしょり分が足りずに、帯ぎりぎりの下腹あたりでくくっていたことも・汗。
その後着物も縫ってもらったので、しつけ糸から解放され…、今では着物自体着る機会が無くなって、そんなこともあったなーと遠い目に;
そうですか。安全ピン過多ですか。うちでは、たまに必要になって探したりしますが、みつからなくて諦めることがしばしばです(運動嫌いであります。とほ)
年の瀬も押し迫って参りました。忙しい中、風邪も流行ってるようです。ノロウィルスもですが、咳が抜けない風邪、微熱が続く風邪など、いろいろあるようで。お互い気をつけて年越しいたしませう。
よいお年をお迎えください。

投稿: とめち | 2006/12/24 18:14

とめちさんは、お母様もけっこう背丈がおありなのですね。お会いしたことあるはずだけど、よく覚えていません。私は、以前、TVで「身長差のある母の着物も対丈で着ればよい」というのを見て、試しに母の着物をはおってみたら、おはしょりなしで、くるぶしがにゅっと出ました(^^;)。身長差約5cmの姉の着物なら、腕はでてもとりあえず着られるのですが、身長差18cm?の母の着物は、無理でした…。

市民マラソン大会に出ると、ナンバーカードをとめるための安全ピンが配られるのです。大会にでるたびに、安全ピン4個か8個もらうので、どんどんたまっていきます。今度会ったときに、少しプレゼントしましょう。

投稿: meka | 2006/12/24 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/13172626

この記事へのトラックバック一覧です: 肩口に安全ピン:

« ハッピーホリデー | トップページ | 買ってしまった »