« 東京マラソン完走 | トップページ | 東京マラソン、応援をありがとう »

2007/02/19

コミュニケーションとは、難しいもの

コミュニケーションとは、本来、難しいものなのだと思う。

文字だけで自分が本当にいいたいことを理解してもらうのは、ものすごくむずかしい。かといって、顔をあわせていれば理解されるかというと、そういうわけでもない。わかったつもりになっているだけで、現実には、全然わかっていないってことが、多いのでは…。

ネットで長く暮らしてきて、思ったこと。
人間は、実際に言葉に書かれていることよりも、自分が理解しやすいことを信じやすい。そして、自分の想像の範囲外の話は、自分の想像の範囲内に無理やりねじ曲げて、理解したがる。単にマナーがどうのとか、文字だけの情報は誤解しやすいということではないと思う。

人間は、もともとみんな違う。あまりにも違う人間同士が出会えば、すれ違うものなのだ。
でも、だからこそ、少しずつでも理解し合うことに価値がある。

@niftyでパソコン通信をはじめて、17日で、ちょうど18年。
ネットとの、そして自分とは異なる人たちとのつきあいが、続いている。

こんなにも多くの、さまざまな人たちとの出会いに感謝したい。

|

« 東京マラソン完走 | トップページ | 東京マラソン、応援をありがとう »

コメント

ちょっとずれたコメントかもしれませんが、、、
FRUNの書き込みが少ないのがちょっと気になる自分としては、mekaさんのこの書き込みの意味するところを探ってしまうのですが……。
でも実際には何もわかりませんけどね。(苦笑)
みなさん、ブログとかで表現する場を持ってはるからでしょうかね・・・。
ネットの人間関係は、現実より更にややこしいように思います。
消えたいと思うこともありながら、でも完全に消えることもできず?今となっては、それは余りに寂し過ぎますし。どんどん悩みが深まっていくこの頃です。(^^ゞ

投稿: くー | 2007/02/20 22:22

くーさん、こんにちは。

昨夜、続けてコメントしようとしたら、メンテナンスで書き込めなくなっていました。コメントが遅れてごめんなさい。

ネットの人間関係は、しがらみがないから、最初に居場所を見つけると、素晴らしく楽しいと思えるようです。でも、密に長くつきあえば、楽しいだけじゃすまなくなってくるわけで。特に、ネットではバックグラウンドが全く違う人たちと知り合うわけですから、自分の「常識」が全然通用しないことが多いです。

私はもう何年も、そういうジェットコースターに乗ったようなアップダウンを何度も繰り返して来ました。すごく親切にしてもらったり、楽しい体験をしたかと思えば、「何で話が通じないんだ」といらいらしたり、強い憎しみのようなものをぶつけられて、夜も眠れなくなることも何度か…。

でも、18年も、ネットをやめなかったです。それはやっぱり、そういうアップダウンの中でも、人に出会うということが、素晴らしいから。

ブログとかmixiが流行っているのは、自分がいつも主役で気楽にいられるからだろうなあと思います。私もそういう気楽に楽しめるところは好きです。でも、公開の場であることを忘れると、危険かも。それに殻にこもっちゃっていると、本当のいい出会いは経験できないですよね…。

うまく落としどころを見つけていく必要があると思います。たぶん、一生あれこれ悩むことになると思いますけど(^^;)。

投稿: meka | 2007/02/21 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/13976009

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションとは、難しいもの:

« 東京マラソン完走 | トップページ | 東京マラソン、応援をありがとう »