« 電線のない写真 | トップページ | きゅうりの花 »

2007/06/07

来年の利尻島に向けて

先日の利尻島一周悠遊覧人Gのタイムは、8時間32分38秒だった。はじめて参加した一昨年は8時間44分19秒、昨年は9時間2分0秒だったので、いちおう自己ベストだ。とはいってもあまり差がないし、最後の20kmは大半歩き通しだったのだから、あまり喜ぶ気はしない。

ただ、3週間前に安政遠足で29kmを走った後、いやな微熱が続いてほとんど走っていなかった。3週間の間に走ったのは、5日前の6.6kmだけ。脚が弱らないようにできるだけ歩くようにはしたので、3週間で60kmくらいは歩いたけれど。

昨年は、やはり3週間前に安政遠足で29kmを走ったあと、2日後に2.6km軽く走っただけ。ひどい風邪を引いて歩くどころでもなく、2週間くらい半分寝込んでいたのだから、よくゴールしたものだ。いや、その前によくスタートしたというべきかも(^^;)。

一昨年は、安政遠足は4週間前で、関門でつかまったので21kmしか走っていない。ただ、利尻島直前3週間の間に75kmくらいは走っている。十分に準備したとは言えないが、とりあえずそれだけ走っていて8時間44分だったのだから、今回、ほとんど走れていなくても8時間32分だったというのは、2年の間に地力は上がっているのだろう。

何より、今年はかなり歩いたといっても、気分的にはけっこう楽だった。最初の年にははるか遠くに感じた55kmが、案外短く感じられるようになってきた。

今年の状態を考えれば、事前の数ヶ月にきちんと練習できれば、1km8分で55km走り続けるのは十分可能だという感触がある。それなら、トイレや給食タイムを入れても、余裕で8時間は切れるはず。

しかし、どうして昨年も今年も5月に調子を崩すのだろう。どうもシーズン終盤で疲れがたまりがちの頃に、かすみがうらでフルを走って、4週間後に安政遠足で29km(標高差約1200m)を走るのが、私の体力には負担になるのかもしれない。

安政遠足は、一度峠コースを走ってしまうと、ふもとがゴールの関所コースでは、ものたりない気がする。来年のかすみがうらは、フルをやめて10マイルにしておくべきかも。

ともあれ、来年は55kmを最後まで笑顔で走ってゴールできるようにしたい。

|

« 電線のない写真 | トップページ | きゅうりの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/15346494

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の利尻島に向けて:

« 電線のない写真 | トップページ | きゅうりの花 »