« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/29

血圧

成人病検診で、金曜日に近所の内科医に行ってきた。

血圧をちゃかちゃかと測って、「110-70ですね」という。
うーむ。家で測ると、たいてい150~160-90~100なんだけど。この医院では、前も120-70くらいと言われたような気がする。ここの血圧計、ひょっとして低めにでるなんてことはないよねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/26

ピーターラビットのキャッシュカード

Photo_2 三菱UFJ信託銀行に口座を持っている。なぜ信託銀行などに口座があるかというと、会社に勤めていたときに、財形貯蓄ができるのが東洋信託銀行だけだったからだ。東洋信託銀行はUFJ信託銀行になり、やがて三菱UFJ銀行になった。

さて、もともとそうういう口座だから、キャッシュカードがなかったんだけど、やっぱり不便ということで、作ってもらった。そのカードが昨日届いたのだが、開けて驚いた。ピーターラビットの絵入りだったのだ。かわいい~。

キャラカードや通帳にはあまりこだわっていなかったけど、このカードはうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士登山競争の応援はやめ

27日の富士登山競争の応援に富士山に登りたいと思っていたのだけど、今年はやめることにした。体調がいまいちよくない。利尻島一周を走ったときと同様、すごく悪いというわけでもないので、行けばたぶん問題なく登って降りて来られるだろうが、利尻島のときは走った1週間後くらいに、しばらく体調が悪化したのだった(^^;)。

どこが悪いというわけではないのだけれど、微熱がでたり、頭痛がしたり、体力が全般に落ちている。そもそも体調がよくないと言いながら55km走るか…というと、一般の人にはわかってもらえないかもしれないが、走り慣れていると、ゆっくりなら特に無理なく走れてしまうのだった。それでも、長い距離を走ると身体に疲れがたまるというのが、長距離走なのかもしれない。若者は疲れたらばったんキューですぐ回復するのが、歳のせいで、疲れが現れにくく回復しにくくなっているのかも(^^;)。

それでも、ゴールデンウィークの頃に比べると、けっこうよくなってきたみたい。夜中に何度も目が覚めて睡眠が取れないといったことは、なくなった。しばらくのんびりして、秋に向けて体調を整えようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

"Out of Africa"

何ヶ月か前に、ブックオフの片隅で300円の値札がついているのを見つけた。あまりに安いから間違いかと思ったが、どうやら売れないのでブックオフ方式でどんどん値が下がってしまったようだ。

20年くらい前に劇場で一度見た切りで、ストーリーなどはほとんど記憶に残っていない。でも、素晴らしい映画だったという記憶はあって、昨夜見てみたら、その記憶の通りに素晴らしい映画だった。

邦題『愛と哀しみの果て』とついているけれど、この映画にはあまりにも陳腐すぎると思う。ライオンの襲撃もあるアフリカの大地、文化や生活の違う現地人とのすれ違いと心の交流、現実を置き去りに夢とロマンで生きているような男、わがままで無鉄砲なところはあるが、持ち前の行動力で道を切り開いていこうとするカレン(メリル・ストリープ)の魅力。

けっして明るい内容ではないのに、「力強さ」というものを感じさせてくれる作品だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOEICと選挙

TOEICのリスニング試験では、周辺の騒音が問題になる。

昨日、TOEICの開始前に試験官から聞いた説明によると、選挙期間中だが事前に選挙管理委員会等に連絡し、試験時間中は周辺に選挙カーを走らせないようにお願いしてあるとか。それでも万一やってきた場合は、試験官の判断で一時テープを止めることがあるということだった。

英語の試験で選挙運動に影響を与える権利はないだろうけど、受験者はだいたいがその周辺の住人だ。もし、リスニング試験中に選挙カーががあがあがなりたてて行けば、その候補者は恨みに思われてかえって損だろう。

昨日受験した大学は、広大なキャンパスの真ん中あたりの建物なので、そういう心配はほとんどないのだが、5月に受験した会場では、試験開始直後に間近な道路を救急車がサイレンを鳴らして走り去っていった。それで聞き取れないということはなくても、どうしても注意がそがれてしまう。以前、別の教室で学生がざわざわ騒ぐ声が漏れ聞こえてきて、気になったこともある。やっぱり会場によって差があるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のTOEIC

昨日の第132回TOEIC公開テストを受けてきた。

11時20分に家を出るつもりが、目が覚めたら10時25分だった。あわてて食事をしようとしたが、起き抜けで食欲なし。無理矢理いくらか詰め込んで11 時33分に家を出たが、リスニング中におなかがすいて、注意がそれた(^^;)。それでも、なんとか集中力を取り戻して終了。けっこう手応えはあったよう に思う。

問題フォームは、4DIC16。表紙に記載してあるフォーム番号で問題が違うことを知ったので、回収前に覚えて、回収直後に受験票にメモした。

Part1は、前半はいやに簡単で楽勝と思っていたら、後半、迷う問題が出てきたり、ふっと注意力が切れて聞き逃したり…。いくつか落としたかもしれな い。男性が車のドアをあけて立っていた写真、Windowをあけているのじゃないだろうと思ったけど、じゃあ何だ? 長い道路がどうのというのがあったみ たいだけど、それかなあ。道路にレンガを敷いているおじさん。最初の方を聞き逃してよくわからなかったが、laying bricksというようなのが聞こえたようなので、それに。

Part2は、いままでになくやさしい気がして、前半はほとんどすべて聞き取れた。これまで、冒頭のWhereとかWhenだけ聞き取って答えているのが多かったが、ほぼ全文わかったのが多かった。でも、後半にややわからないものが。

Part3は、Part1の説明が流れている間に、問題文を3会話文くらい読む。選択肢も読んで「ひょっとしてレストラン?」という先入観念を持ってし まったのが、よくなかった。「スパゲッティ」と聞いて、即座に「やっぱりレストランだ」と思ったのだけど、よく考えると食料品売り場かも…。あれ?と思う 間に、後半を聞き逃す(^^;)。でも、その後は気を取り直して、集中。集中すれば、不思議にほとんど聞き取れる。問題先読みも途中で少しだけ追いつかれ そうになったが、だいたい先行できた。

Part4も、不思議に何を言っているのか、けっこうわかった。これまで、Part3や4は、何を言っているのかよくわからなくて、部分的に飛び込んでき た単語と選択肢の出し方でカンで判断していたところがある。昨年の7月くらいから、何を言っているのかほぼわかる会話文がいくつかでてきて驚いたが、今回 は、内容がわかるもののほうが、多かった。でも、どんな話だったかというと、試験が終わったらほとんど記憶に残っていないのだが…。

Part5,6は、可もなく不可もなくだと思う。文章全体の意味は考えず、選択肢から感覚的に選んだものが多かった。ここは名詞だろうとか判断したものもあるけど、前ほどには意識せず。Part5,6は20~21分かかった。

Part7は、5月に時間切れで失敗したので、文章をまるごと読むのはやめ。まず質問文を読んで、ざっととばし読みして回答を探す方法に。でも、文章全体 で言っている意味は、だいたいわかるものが多かった。また、あまり悩む問題も少なかったように思う。というか、全部解くことを目標に、確信が持てなくても 「たぶんこれ」と思った段階で、考えるのをやめて次に進むことにしたのだ。

それでも5月のときは文章の内容がよくわかるわりに、回答はどれか迷うものがけっこうあったが、今日のは悩む問題は少なかったと思う。

履歴書の書き方をアドバイスした記事はわかりにくかったが、それでも古いスタイルではダメだとか、読みやすくしろとか言っているのは、わかった。

いつもはダブルパッセージであせらないように先にやるのだが、今日は、「必ず全問解く」のを目標に、Part7は出題順通りにやった。最後のほうで時間が きになったが、最後のダブルパッセージを残して5分ほど余裕あり。最後の方は、あまり確認せずに選んだものがいくつかあったが、約30秒前に全問解き終 わって、やれやれ。

最後から2つか3つ目のダブルパッセージで、CDが割れていたので送り直せという問題は、前に見たことがある。たぶん、去年の7月くらいに出ていたはず だ。伝票で品番から曲のタイトルを探して答えればいい問題とか、店のポリシーが伝票の下に書いてあるのを覚えていたので、ラッキー(それが正答だと仮定し ての話だが)。

Part7は、5月のときほど内容のわかる感はなかったが、質問のわかる感はむしろ高かったので、けっこうできているのではという感じがする。

ということで、まあまあできたような気はするのだけれど、何しろTOEICは体感とスコアが乖離することがあるので、あまり期待はしないでおこう(^^;)。

でも、1年くらい前に比べると、Part2,3,4はよく聞こえるし、Part7も素早く内容を把握できているようになっていると思えたので、それなりに満足。

-----
実は、こちらのブログには書かなかったけど、5月も受けて問題はやさしく感じたのだが、スコアはなんと1月から50ダウンの680(L:360 R:320)。なんでやねん(^^;)。まあ、50は誤差の範囲内というから、そんなものか。ただ、体感が落ちているわけではないので、それほど気にはしていない。わかる部分が増えたために、かえってひっかけに引っかかったり、考え込んで時間をロスしたのが原因ではと思っている。

いずれにせよ、数ヶ月おきに受けていると、スコアだけではない体感の変化がよくわかって面白い。しかし、ここ数年10月にも受験しているのが、今年は手賀沼エコマラソンと同じ日になってしまった。9月か11月に受けるか、1月まで受けないか。どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

今年最初の朝顔

今年最初の朝顔

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/07/16

中国産ウナギと静岡産ウナギ

スーパーに中国産ウナギが山と積まれていたけど、最近の中国産食料品のうわさを聞くと買う気になれず…。ふと見ると、「今日のお買い得品」は「静岡産ウナギ」1尾980円。別にウナギなど買う気はなかったのに、買ってしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/14

コンピュータ入力忘れ?

図書館から「あなたが借りている本が返却されていません」というメールが届いた。そんな馬鹿な。少し前に小論文の書き方の本を3冊ほど借りた覚えがあるので、そのうちの1冊かと思って棚を探してみるが、もちろん、ない。

そういえば図書館のサイトで貸し出し状況がわかるだろうと調べてみると、それではなかった。5月末に借りた英語の"Little Princess"が「延滞」になっている。

そんな馬鹿な。あの本は大きすぎて持ち歩けないので、けっきょく読むのがいやになって、途中で返したのだ。小論文の本ならどこかにまぎれてしまっている可能性はあるが、あんな大きな本が残っていて、目にとまらないはずがない。

調べると英語SNS5月26日の日記に、「返そうかな」と書いてある。27日はTOEICで荷物になるから返さず、恐らく28日、29日くらいに返したのではないか。特に記憶はないが、駅に行くまでコミュニティセンターの図書返却ボックスに入れたはずだ。1日に利尻島に行くまでに返さなければと思っていた記憶はある。

そのあたりを説明しようと図書館に電話をすると、こちらの話をたいして聞かずに、「ご自宅にはないのですな? 調べてすぐあとで電話します」という。待っていたら約10分後に電話がかかってきて、「確かに返却済みでした。申し訳ありませんでした」という。

おそらく、戻ってきたときにコンピュータに入力し忘れて未返却になっていたのが、期間が経って、自動的に催促メールが発信されたに違いない。図書館に戻っているかどうか、調べてそんなに簡単にわかるものなら、なぜ先に確認しないで催促メールを送るんだ。あの本はどうしたかあれこれ調べるのに使った私の時間と電話代をどうしてくれる。

それにしても、貸出期間が1か月半も過ぎてから催促メールを送るというのは、どうかと思う。1か月以上も経てば人間の記憶はあいまいになってしまう。どうぜ自動的にメールを送るのなら、1週間くらいでさっさと催促したほうが、返す方もわかりやすくていいのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

NR試験に合格

今朝、国立健康・栄養研究所のホームページでNR試験の結果が発表された。合格していた。よかった。3年目を受けなくてよくて(^^;)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/07/08

十日町紬

呉服屋さんで、着物のお手入れフェアをやっているというので、母がむかし買った紬を持っていってみた。私のものではなく、30年くらい前に姉のために仕立てたらしいのだが、姉は全然着物を着ない。数年前に私が「何かあったら欲しい」と頼んだら、送ってくれた中の1枚だ。白っぽい地に、ピンク、グレー、ベージュ系の模様が入っている。似たような柄はほかに持っていないし、やわらかい感じが気に入っている。

表の生地はほとんど傷んでいないが、30年ほどタンスの肥やしになっていたので、裏地がしみだらけで、着物全体がかびくさい。また、八掛が明るいピンクで、最近の傾向から言えばちょっと派手すぎる。それに、姉にあわせて仕立てたものなので、私には少し裄が短い。このままで着られないこともないのだが、多少の出費できれいになるのなら、なんとかしておきたいもの。

しかし、胴裏や八掛を取り替えて仕立て直すとなると、やはりお金がかかる。6万円弱はするようだ。母は「それほどたいした着物じゃない」と言っていたような気がする。5万や10万くらいの着物の手入れに6万円はなあ…。

呉服屋さんに、「これ、どのくらいの着物でしょう」と聞いてみた。
「そうですねえ。最低でも20万か30万くらいですかね」
「えっ」
「いえ、それはあくまで最低でもということですから」

安くて驚いたと思われたらしい。実は高くて驚いたのだ(^^;)。もっとも、「最低でも30万」の着物が、バーゲンで15万円になったりする世界だから、何とも言えないが…。母はけっこう財布のひもが堅くてしっかりものだと思っていたけれど、どうやら着物だけにはかなりお金を使っていたようだ。それも自分の着物よりも娘の着物を作ってくれたのはよいが、その娘がほとんど着ずに、タンスの肥やしになっている。正直言うと、当時はそういう着物を買ってくれるよりも、大学進学などにもっとお金をかけてほしかったのだけど…。

十日町紬だそうだ。そういういい着物であれば、もったいないよね。ということで、お直しを頼んでしまった。防水加工などをつけて、けっきょく約8万円…。着物には、しばらくお金をかけないつもりだったのに(^^;)。

それほど着物が大好きだという気はしないのだけど、なぜか足を踏み込んだら、ずぶずぶとはまっているような気がする。洋服や化粧には、ほとんどお金をかけない人間なのに。これだけのお金を使うのなら、海外マラソンに軽く行けそうなのになあ。けっきょく、蛙の子は蛙ということか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

1か月ぶりのラン

利尻島で55km走ったあと、体調が落ち込んだこともあって、全然走っていなかった。昨日、ランニングはほとんどやっていないけど東京マラソンに申し込んだという友達を「じゃあ、ちょっと走ろうか」と誘ったのがきっかけで、ゆっくりと皇居1周。

安政遠足の直前に、8.6km走ったときには、夜に足がだるくなって「やばっ」と思ったが、今回は直後にバン・ドゥーシュで足をほぐしたせいか、特に足がだるくなることもなく、普通に走れてよかった(^^;)。

手賀沼エコマラソンを申し込んだし、無理をしないように、徐々に走っていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/06

ミニトマトを試食

ベランダのミニトマトが1粒、かなり赤くなってきた。写真を撮ってから…と思ったが、面倒なのでそのまま食べてしまった(^^;)。皮がやや堅い。ちょっとすっぱい。でも、確かにミニトマトの味で、小さな苗から育ったと思うと感心してしまう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/02

野菜の収穫が始まった

Yasai3 昼にそうめんを食べようと思ったけれど、冷蔵庫にはキュウリがない。

そういえばプランターのキュウリがかなり大きくなっていたっけ。と思って見に行ったら、思った以上に巨大になっていたので、あわてて収穫。

上半分が太く、下半分がやや細くて、アンバランスだ。急いでいたので、長さを測り損ねた。しかし、ふつうにスーパーで売っているキュウリよりはかなり長いのは確実だ。

半分を薄切りにして、そうめんと一緒に食べてみた。やや淡泊だが、普通にキュウリだった。もっと早く収穫したら、味も濃密なのだろうか。

Yasai4_1 ナスもかなり育ってきた。

写真左側のナスは、成長が止まったらしく、何日もサイズが変わらない。色も薄めになってきたようなので、収穫時期を逸したのかもしれない。

夕方に収穫して、切ってみたら、皮がやけにかたくて、包丁で切るのが大変だった。でも、よく煮てみそ汁にしたら、皮もやらわかくなって、おいしくいただけた。

Yasai2_1 ミニトマトはたくさん実をつけているが、少し前までみんな濃い緑色だった。

2、3日前からちょっと透明がかってきたので、さてはと思っていたら、今朝は少し赤みがかっているのがひと粒。収穫も、間近だろうか。

しかし、明日は1日外出になる。食べ頃は、あさって以降だといいのだけれど。

Yasai1_2 うちの野菜畑の全体像はこれ。狭いベランダによく茂ったものだ。緑の量でいえば、ゴーヤよりも多いかもしれない。地球温暖化とヒートアイランド対策に、少しは貢献しているだろうか。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

土曜日の着物

Asahoha1 Asanoha2 土曜日に着ていった着物。端が切れていたりピントがぼけているのは、急いでセルフタイマーで撮ったため。

着物のランクとしてはまったくの普段着だが、つい2次会も行ったら夜は雨がじゃんじゃん降っていて裾がびしょぬれになったので、これにしてよかった。化繊の着物なのだ。

帯と帯締めは今年の夏にバーゲンで買ったもので、超高級品ではないが、まあまあのもの。

化繊の着物というと夏は暑いと言われるが、これは化繊の着物の中ではいいもののようで、案外涼しい。でも、さすがに8時間着続けていると、汗だくになった。

※画像がきたなかったので、入れ替えた。どうやら保存するときに圧縮率が極端に高くなっていたようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Vistaで使えない

Let's NoteのUSBが正常ではないので、うまく印刷できない。プリンタはVistaをインストールしてあるValuestarでやることにした。さて、今度はスキャナを使う必要がでてきたが、やはりUSB接続だから、Let's Noteではうまく動かない。そこでValuestarにつないだのだが…ドライバをインストールしたのだが…いざ、画像ソフトに読み込もうとすると、うまくいかない。

念のため、キヤノンのサイトで最新ドライバをダウンロードすることにした。この機種は…Vista用のドライバはなく、XP用のドライバでも動かないって(;_;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »