« 台風のあと | トップページ | 朝ドラか首相辞任か »

2007/09/08

「金比羅宮書院の美」展

東京芸大美術館で行われている「金比羅宮書院の美」展に行ってきた。そういう展覧会をやっていることも知らなくて、チケットをいただいたので何気なく行ったのだが、行ってよかったー。

実は昨年、取材で高松に行ったときに、金比羅さんに詣でて、今回展示されている円山応挙の絵などを見ている。いい絵だったけど、この前見たし…というのがあったのだが、全然違った。というのも、金比羅さんでは、部屋に描かれたふすま絵を、廊下から眺めることになる。今回はガラスはあるがふすまの形に並べられた絵を部屋の中に入っていく感覚で間近に見られるわけで、迫力が違う。半分口をあげて鳴いているような鶴も、虎というより猫っぽくてかわいい虎も目の前でたっぷり鑑賞できた。

それに伊藤若沖の花丸図は、昨年行ったときには、いたみの激しい奥書院にあるため、公開予定はないとのことだった。もっともこのときは伊藤若沖の存在すら知らなかった。絵はがきやポスターになっている写真を見ていっぺんに魅せられてしまったのだが、この本物を見る機会はないのではないかと思っていたのだ。

今回、その一部、ふすま4枚分だけだが展示されていたのだが、やっぱり素晴らしかった。細かい筆遣いでいろいろな花が生き生きと描かれている。

ところで、このふすま絵は、奥書院の部屋の一面に花が描かれているという。最初展示場に入ったとき、両側に絵があったのですべて展示されているのかと思ったら、4枚を除いた残りは、複製だった。その複製が、写真をキヤノンのカラープリンターで印刷したというのだから、またこちらもすごい。よく見ると本物に比べて迫力が違うが、薄暗い証明のもと、ぱっと見ただけでは、わからない。印刷技術の進歩に驚いた。

入場するときに30分待ったが、中はそれほど混雑していなかった。ありがたやと思って見ていたら、だんだん混んできた。もう一度前のも見たいけど、人をかき分けてもどるのは大変そうだと思っていたら、出口と入り口が一緒になっていた。これ幸いと、2度目を回る。気に入ったところだけ重点的に見たが、前に見落としていたものもじっくり見られて、ラッキー。また出口に戻って来たので、また最初から回る。あわせて3回も回ってしまった。

この展示会は、明日9日まで。気になる人は、がんばって見てきてください。

追記:東京芸大美術館には何も書かれていなかったが、念のために金比羅宮のサイトで調べたら、10月から来年1月まで金比羅宮、来年4月から6月に三重県立美術館、来年10月から12月にパリのフランス国立ギメ東洋美術館で展示があるそうだ。

|

« 台風のあと | トップページ | 朝ドラか首相辞任か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/16384088

この記事へのトラックバック一覧です: 「金比羅宮書院の美」展:

« 台風のあと | トップページ | 朝ドラか首相辞任か »