« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

肩が凝るセーター、その後

一度洗濯したら、くたっとして締め付けが緩くなり、肩も凝らなくなった。ラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

消えるスティック糊の怪

スティック糊をそんなに使うわけではないが、3本だと安かったので、3本パックを買ってきた。1本出していつものスティック糊の定位置、デスクの上のトレイに入れ、残りの2本を袋入りのまま小物入れに。

あるとき、スティック糊を使おうとしたら、トレイの上にない。おかしい。デスクの後ろに落ちていないか、うっかり引き出しに入れていないか、あちこち確かめるが、やはりない。糊1本にそんなに時間を使っていられないので、そのときは取り置きの2本の中からもう1本取り出して、用を済ませた。

さて、しばらくたって、今日、またスティック糊を使おうとしたら、トレイの上にない。おかしい。デスクの後ろに落ちていないか、うっかり引き出しに入れていないか、あちこち確かめるが、やはりない。糊1本にそんなに時間を使っていられないので、1本しか残っていない取り置きを取り出して、用を済ませた。

でも、やっぱりおかしいぞ。スティック糊が消えるはずがないのだ。スティック糊を取っていく泥棒がいるはずもない。どこかにあるはずだ!

ふと気が付いて、ペンの他にはさみやカッターナイフなど文房具も立ててあるペン立てをのぞいたら、何事もなかったようにちょこんと並ぶスティック糊が2本。無意識にペン立てに入れていたんだなあ…。それも、2度も。3本目も消える前に気が付いて、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/26

おかしいぞ、NHK

今日の朝ドラで朝早くたたき起こされた喜代美が、日の光がさんさんと降り注ぐ中で「まだ5時」と言っていたけど、おかしいぞ。正月の大阪は、日の出の時刻が一番遅い時期。朝5時なら、まだ真っ暗なはずなのだ。

「そんな細かいこと」とは、言わないで欲しい。小説家にしろ漫画家にしろ、プロの制作者であれば、そのくらいのことは気にかけていると思う。面白さを出すために非現実的な演出をしているというのとは、ちょっと違う。気にかけなくなった時点で、レベルが落ちているとしか思えない。

しかし、大阪放送局で作っているのに、誰もおかしいとは思わなかったのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/25

肩が凝るセーター

ダイエーのバーゲンでセーターを買った。最近、黒い服は似合わなくなったような気がしていたのだが、全体に少しきらきらする糸が交ぜてあって、白い毛糸で模様が入ったこれは、カジュアルだが、なかなかいい感じ。

私は丈は長いが上半身の幅は細いので、セーターやジャケット類はたいていMサイズにしている。これもMサイズを買って、帰ってから着てみると、ちょっと袖のあたりがぴしっとして窮屈な感じがする。でも、スリムなのは最近のデザインの傾向か。着た感じは思っていたよりよかったので、満足だ。

しかし、なんだか…貧血で、けっこう肩が凝っていたのだ。先週の金曜日に鉄剤を飲み始めて、すぐに軽快な感じになってきた…はずだったのに、どうも肩が重い。ひょっとして、セーターのせい? 試しに新しいセーターを脱いで、着慣れたいつものセーターに替えたら、肩が軽い。

うーん。長時間は着ない方がいいのかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/11/23

NAHAマラソンのナンバー

昨日、NAHAマラソンのナンバーカード引換券が届いた。今年は、16000番台だ。完走実績はそれなりに積んできたし、ベストタイムも少しだが上がっているのに、ナンバーは年々後ろになっていくような気がする。参加者が増えているからだろうか。

今年はコースが一部変更になって、スタート位置が後ろにずれている。ということは、広い国道に並べるスペースが減って、狭い公園内の待機路に並ぶ人が増えるということか。ますますスタートロスが増えそうだ。20分は覚悟しておいたほうがいいかもしれない。

ますます完走があぶなくなってきた。

鉄剤を飲み始めて3日くらいで肩こりはほとんどしなくなったし、少し走っておけばと思ったのだけど、東京国際女子で少し長めに走り+歩きをしたあと、喉が腫れ気味になってしまったので、用心した。それでもなんとか歩くのは歩き続けている。今日で11月の歩行距離は130kmを超えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーナッツ入りコーラ

"The Shop On Blossom Street"という本に、ピーナッツ入りコーラというのが出てきた。話の舞台はシアトルなんだけど、南部から来たお嫁さんが、ときどき変わった習慣で周囲を驚かす。Cokeを飲むのに"With peanuts?"と聞かれて、おつまみに出してくれるのだろうと"Yes"と答えたら、コーラの中にピーナッツがぷかぷか浮いているものが出てきた。

そんなのが本当にあるのかなと思って、調べたら、アメリカ南部ではそういうのが流行っているそうだ(Peanuts' n Coke)。

これは面白そうだと思って、やってみた。そんなに奇妙な味ではない。ぷかぷか浮いているピーナッツを、コーラと一緒に口の中に入れて、もぐもぐ。けっこう面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

まずいおでん

寒くなってきたので、シャトルシェフにおでんを仕込んでみた。

煮昆布で出汁は出ているし、鶏肉を入れたし、あとは醤油でいいかと思ったのだが…。残念。一晩寝かせて楽しみに食べたら、味が物足りない。はっきりいって、まずい。まずいのに、鍋一杯作ってしまった。

調味料の後入れは効果がないかと思ったけれど、ダメ元で天然かつお出汁の素スティック1本を放り込んで、半日寝かせる。よかった。そこそこおいしくなってきた。さらに時間をかけたのもあるのだろう。明日は、もう少しおいしくなっていることを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/19

毎日5km歩く

どうも体調が悪くて走れなかったのだけど、手賀沼の後、体力を温存しながらNAHAマラソンの対策を少しでもするには歩くしかないと思って、毎日5km以上歩こうと決めた。

レース翌日から歩き始めて、11月3日に着物を着て出かけたので駅まで往復2kmちょっとしか歩かなかったのを除いて、3週間、ともかく5km以上のrun or walkを達成している。18日は、東京女子マラソンの応援にひっかけて歩いて移動した。15kmくらい歩いたろうと思って帰って測ってみたら、思ったよりも距離が長かったので、全部で17.8kmのrun & walkになっていた。

今月に入ってからの歩行距離は100kmを超えている。日常生活で当然歩くべき距離20~30kmを引いても、18日までのトレーニング距離としては、まあまあではないだろうか。

3週間の間、1回だけちょっと走ってみたのだけれど、やはりきつい感じがしたので2kmでやめた。手賀沼でハーフで3時間以上かかったこともあり、これではNAHAマラソンは中間点で終わりかと思ったが、貧血だったとわかったので、これからの2週間で鉄剤を飲めば、そこそこ調子は回復するだろう。

今後、調子が戻ってきたら、少し走るトレーニングも入れるか。まあ、制限時間内の完走は厳しいと思うが、貧血が回復できれば、中間点は越えられそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/16

やっぱり貧血

血液検査の結果は、やはり貧血だった。血色素量は11.4(11.2-15.2)で女性では一応基準値内だが、かなり低い値。血清鉄が34と基準値(45-170)からかなり落ちてしまっている。

血色素量は昨年よりもむしろ低いくらいで、手賀沼で全然走れなかったのもこのためかと思えば、ちょっと安心。

ところで、貧血というと食事に気をつけたほうがとよく言われるが、食事で取れる鉄の量は、せいぜい1日数十mgだろう。1日200mgの鉄剤を処方されて何ヶ月も飲んだのに1年でまたなるのだから、本来食事でおぎなうのは、無理な問題なのだ。食事をきちんとしていても女性は貧血になりやすい宿命がある。医師にも貧血と診断されて、食事に気をつけなさいとは、言われたことはない。もちろん、食事をきちんとするにこしたことはないのだけれど、貧血だと言えば、レバーやほうれん草を食べろとか、ちゃんと食事しなさいと言われるのには、親切心からとは思っても、ちょっとうんざり(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

ひょっとして、また貧血?

微熱や喉の腫れといった以前からときどきなる不調が夏の間続いていたので、走れないのもそのせいかと思っていたが、昨日の夜になって、ひょっとしてこれはまた貧血かもと気が付いた。昨年の10月から12月にかけて、貧血と診断されて、鉄剤を飲んでいる。同じ医院で、今年の7月に成人病検診で血液生化学検査をした。そのとき、「血色素量は正常範囲内ですね」と言われたが、血清鉄が下限ギリギリだったのが、気になっていたのだ。相変わらず月経量がかなり多いので、4か月の間にさらに進んだと考えれば、じゅうぶん可能性はある。

気候がいいせいか寒さは感じないが、それなりに身体を動かすようにはしているのにやたらに肩こりになりやすいところとか、歩くのは平気なのに全然速く走れないといったところは、まさに貧血の症状だ。そういえば、手賀沼の記録的なワースト更新も、最初に貧血になったときの青梅のまさかの15km関門ストップとよく似ている。

昨年は、春頃からおかしいと思っていたのに、リタイアしかけのあやしい医院に行ってしまったりして、ちゃんと治療を受けるまで時間がかかったが、今回は幸い昨年最終的にかかった安心できそうな医院にまっすぐ行ってみた。簡単に話しただけで「まず貧血に間違いないですね」と言われたが、とりあえず血液検査をしてみることに。

明日は医院が休みなので、結果は金曜日に。で、やっぱり貧血だったという場合、NAHAマラソンまで約2週間しかないけど、すぐに鉄剤を飲み始めれば、なんとか間に合うだろうか。どのみち走れていないので、足が持ちそうにないけれど、体調が普通になれば、なんとか完走は可能かも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/07

ここでも

ここでも
クリスマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

今年もまた

今年もまた
こんな季節か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/04

政局の混迷

問題は、民主党が寄せ集めの集団でまとまりがつかないということではないと思う。

元自民党にいた人が民主党にいたり、いまは民主党の党首をしている人と同じ仲間として新進党を作った人が自民党にいたり。似たような考えの人が適当に自民党と民主党にばらけているだけなのに、対立の構図を作ろうとするのに無理がある。二大政党制というけれど、似たような政策を掲げている党をどうやって選べというのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイマークで乗客がケガ

スカイマーク機内でカート生得、乗客2人重軽傷

実は、一昨日、そろそろ年末年始の帰省用の切符をと思って、スカイマークの空席チェックをしたのだ。安い切符はすでに売り切れていたので、保留したのだけれど、やっぱり新幹線にしようかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手賀沼からNAHAに向けて

先週の手賀沼エコマラソンは、少しだけだが3時間超過でハーフのワースト記録を作ってしまった。それでもゴールはできたので、手賀沼エコマラソンを7回連続完走。連続記録がとぎれなくて、よかった。

初ハーフこそ2時間40分ちょっとだったけど、あとは2時間40分を越えたことはない。いきなり3時間超は練習不足で走力が落ちたでは説明がつかないので、体調が悪かったと考えるべきだろう。実際、家に帰ってから熱を測ってみたら、37.2度あった。朝はおそらく平熱だったと思うけど、走っている頃に微熱状態になったに違いない。

走っている間も、キロ8分を越えているのに心拍数が170になってしまうのはちょっと変だった。ただ、13kmくらいまではゆっくりなら走れたし、坂道で歩き出しても、歩くのはつらくなかった。速度が遅いのもあるが、練習していないわりには、脚はもったと思う。

しかし、このまま練習できないでいると、例え当日体調が万全になっても、NAHAマラソンでフルを完走するのはきつそうだ。NAHAマラソンは4回連続完走してきたが、今年はハーフか32km地点でアウトになるかもしれない。それでも、体調がよほど悪くならない限りは、スタートはするつもり。ともかく出るのが楽しい大会だし、ハーフまで走るだけでも東京マラソンの練習代わりになるだろう。

とりあえず脚力を落とさないために、調子が悪い日でも、1日5km以上歩くことを目標に決めた。3日は着物で外出したので駅まで往復しかしなかったが、手賀沼の翌日月曜から金曜までは、達成。ただ歩くのもなんなので、遠方のダイエーまで毎日買い物に行っている。買い物に行くと、つい余分な物まで買ってしまうのが問題だけど、いつも行く京成リブレよりも、ダイエーの方が大手だけあって値段は少し安いみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり着物はときどき着ないと

9月に一度着たきり、10月は着物を着る機会がなかった。今日(3日)に、ちょっとした集まりがあるので着てみようとしたら、帯結びの前に着物を着るのにつまずいた。

長襦袢までは問題なく着て、いざ着物を着ようとしたら、サッシュがうまく付けられない。おかしい、おかしいと思って足下をふと見たら、ウエストベルトが転がっている。そうだ。ウエストベルトを先に付けなきゃいけなかったんだ!

帯は、一度目は結んで見たものの、ちょっとぐあいがおかしいので結び直し。二度目は、まあまあ結べた。

やっぱり着物はときどき着ないと、着方を忘れてしまう。せっかく覚えたのに、着られなくなったら大変。月に1度くらいは着なければ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »