« 東京マラソン | トップページ | 東京マラソンの経過(1) »

2008/02/19

東京マラソンを走っていてちょっと考えたこと

昨日の東京マラソンを走っていて、実は、最初のうちは、昨年ほど楽しめなかった。昨年は新宿や銀座の大通りと応援の大歓声だけで満足だったけど、今年は2度目だし。昨年のような興奮は、やはり少し醒めている。

スタート地点に、簡易ポンチョを投げ捨てて行ったランナーがたくさんいた。コース上に多くのポンチョが散っていて、足にまとわりついて危険だった。少し手に持って走って行って、5km給水のゴミ箱にでも捨てればいいのに。

スタート後すぐ、1kmにもならないような混雑したところで、カメラをかまえてコースの真ん中で立ち止まるバカがいた。まあ、去年も傘を手に持って前後に振って走っているバカがいたけど。何万人もが固まって走るのに、そんなことしたら危ないって、わからないのかなあ。

スタート地点のトイレが足りなかったせいか、新宿のガード下では、壁に向かって並んで立つ男性の群れ。みっともない。それに、あとであのガード下を歩く人のことを考えないのか?

後半のほうでは、コース上にせり出して並んで、ハイタッチしようとする中学生か高校生の団体のボランティアの群れ。応援してくれるのはありがたいんだけど、完全にコースをふさいでるって(^^;)。しかも、彼女らが大騒ぎで手を出しているのは、私の向こう側を通っていく有名人。やむなく、彼女らの手を押しのけて走る目に。なんでボランティアがランナーの妨害をするんだ~。

その有名人は、ずっと前後して走っていたんだけど、歌舞伎座の前の狭くなった走路で、おつきのカメラクルーと3人ばかりが横1列になって、歩いている。こちらはちょうどリズムに乗って走っているのに。前をふさがれて、走れないよう。

でも、ふと気が付いた。ちょっとしたことで、こんなにイライラしてしまうのは、自分の走りに余裕がないからなんだよね(^^;)。自分の走りに余裕があれば、前をふさがれても楽によけられる。タイムをねらっているわけでもないのに、前をふさがれてイライラするのは、リズムをくるわされると、復活する自信がないから。

そういえば、最初にNAHAマラソンを走ったときも、そうだった。あまりの混雑にまともに走れずに並行して、NAHAマラソンを嫌いになりかけた。でも、「NAHAはよかった」という周りの声に押されて翌年も走ったら、とても気持ちよく楽しく走れた。

昨年に比べて、今年はやはり準備不足。タイムは気にしないと決めていたし、思ったよりは走れたけれど、やはり走りに余裕がなく、そのせいで気持ちがあれてしまったのだろう。お恥ずかしい(^^;)。いくら完走だけが目的だといっても、マラソンを楽しんで走るには、それなりの準備が必要だ。うまく走れないことを、他人のせいにしてはいけない。しかも、東京マラソンは、これだけの人数が一度に走るのだ。ある程度の混雑には対応できる余裕を持てるように、準備をしておかなければなあ。マラソンは始めてとでもいうならともかく、私は、もう何度も走っているのだもの。

でも、やっぱりマナーはいいことにこしたことはないと思うけど(笑)。

|

« 東京マラソン | トップページ | 東京マラソンの経過(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/40175966

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソンを走っていてちょっと考えたこと:

« 東京マラソン | トップページ | 東京マラソンの経過(1) »