« てぬぐいお面 | トップページ | 緊急地震速報で揺れを実感する »

2008/05/07

市川市東山魁夷記念館

この前、皇居で走っていて、道路の向かい側の国立近代美術館で東山魁夷展をやっているのが、気になっていた。でも、人があふれているのにわざわざ行くこともないかと思っていたところで、ちょっと前に中山法華経寺の近くに市川市東山魁夷記念館ができていることを思い出して、昨日、はじめて行ってみた。

中山法華経寺へは往復約6kmで、遠出はしたくないけれど、家の近くをぐるぐる回るのに飽きたときに、ちょっと走って行くのに手頃な距離にある。東山魁夷記念館も、走りやすい道を選んでいけば2.5kmくらいで、ほどほどの距離だった。

ただ、東山魁夷画伯は戦後長らく市川市に住んでいたそうだが、絵の多くは長野県に寄付してしまった。おかげで善光寺の隣にすばらしい美術館が建っているが、市川市には、それほど絵はないはずだ。以前、図書館の2階に小品を展示してあったが、たいしたことはなかった。たぶん、こちらの展示室もそれほど大きくはないだろう。1回500円の入場料は、おそらくもったいない。もったいないけど、せっかく走っていったのに、入らないというのも、面白くない。ということで、なんだか矛盾しているようだけど、2000円で年間パスポートを購入する。まあ、年に8回くらい展示替えをするようだし、ちょこちょこ走っていったついでに絵も見るのなら、じゅうぶんもとは取れるはず。10回行けば、1回200円だものね。

展示室は、思った通りとてもコンパクトで、やはり1回500円ではちょっともったいないかなと思うけど、ちょっとした発見もあって、ぶらっと立ち寄るにはいい感じ。特別展で、東山画伯の岳父、川﨑小虎画伯の小品展をやっていた。梟の絵が、かわいかった。

帰りに、久しぶりに中山法華経寺も回ってみる。こちらは日蓮宗の総本山で、はでな色彩の五重塔が面白い。中山法華経寺まで同じ道を行って帰ってくるのは面白くないが、記念館も回るとアップダウンもあるし、散歩ランコースには手頃だろう。

|

« てぬぐいお面 | トップページ | 緊急地震速報で揺れを実感する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/41118612

この記事へのトラックバック一覧です: 市川市東山魁夷記念館:

« てぬぐいお面 | トップページ | 緊急地震速報で揺れを実感する »