« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/29

久しぶりに100kmを越える

昨日、皇居3周で15kmを走って、6月の走行距離が102.8kmになった。

昨年から、体調不良が続いていたこともあり、月間走行距離が100kmを越えるのは、久しぶり。実を言うと昨年4月以来で、実に14か月ぶりだ。できるだけ歩くようにして、月に100kmくらいは歩いていたけれど、やはり走っていないと走れなくなってしまう。150kmくらいは走りたいものだけど、いまのところは無理をせずに、100km走って100km歩くくらいでいいかなあ。

ちなみに今月102.8kmのうち55kmは利尻島。でも、残りはすべて10km以上を4回走ったので、まあまあいい感じかな。やはり1度に10km以上走るのと、3、4km程度でやめてしまうのでは、走った感じが違う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/19

電気のシェイプアップカルテ

東京電力で「電気のシェイプアップカルテ」というのをやっていたので、申し込んでみた。自分の今年と前年の電気の使用量をグラフで表示してくれるというのだ。

Denki 赤い線が、同じ契約の人の電気使用量の平均なのだそうだ。「同契約の方々よりもエネルギーを使用されているようです」と言われてしまった。うへっ。

でも、よく考えると、同契約の方々というのは、ほとんどが昼間は会社や学校で過ごす単身者だろう。そういう人たちは、出先で電気を使っている。こちらは、昼間もほとんど家にいて、エアコンやパソコンを使って仕事をしているわけだ。このくらいの増加なら、むしろ抑えているほうでは…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/06/16

TOEICスコアがアップ

5月に受けたTOEICの結果が815(L:440 R:375)で、やっと800台に入った。もう少しかかるかと思っていたから、ちょっとうれしい。

生のラジオ放送やペーパーバックが、以前に比べれば、かなりわかるようになってはいるが、苦労せずにスラスラわかるかというと、まだ全然。20年くらい前に製薬会社にいた頃は、TOEICで730を超えれば、英語で困ることはないんだろうと思っていたけど、そう甘くはなかった。どうやら達人の感覚では、TOEICで満点をとっても、まだまだ入り口らしいのだ。奥が深いということだろう。

それでも、できるようになるにつれ、面白くなってきた。言葉がわかる範囲が広がるというのは、楽しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/06/13

前日の姫沼散策

例年、稚内からフェリーで利尻に渡ると、宿に荷物を置いたらすぐに受付と交流会ということになるのだけれど、今年は飛行機で利尻空港に着いたので、少し時間に余裕があった。そこで、姫沼に行ってみようと思いついた。

姫沼は、25年くらい前、はじめて利尻・礼文に観光で行ったときに行っているはずだが、ほとんど記憶にない。わずかに、きれいなところだったというくらいか。地図で見るとちょっと遠そうだが、5kmはなさそうだ。3.5kmくらいかな。だったら往復7kmか。「あまり時間がかかるようなら、途中で引き返してきたらいいや」と思ってトコトコ歩いて行ったのだが、あんのじょう、考えたよりも遠かった。歩いていく道が、翌日の大会のコースの最後の部分なので、コースの確認にはなったけど。

3.5kmくらいで姫沼入り口という看板が出ていたのだが、そこから姫沼までは、1.5kmという表示があるのだ。しかし、そこまで行って引き返すのもくやしい。「まあいいや。どうせ明日の大会は、最後は歩くんだし」と思って、歩いていったが、けっこうな上り坂だ。

Himenuma でも、行ってよかった。姫沼は白樺に囲まれた静かな沼だった。ただ、姫沼からも利尻富士は見えるはずだが、あいにく雲で隠れている。周遊路を回ると時間がないので、沼をちょっと見て、すぐ戻る。

途中に、サイクリングロードが、鴛泊のほうに向かって伸びているのに気がついた。地図を見ると、受付と交流会場の上の方に出られるようだ。同じ道を帰るのは面白くないし、こちらのほうが交流会場には近そうなので、思い切ってそちらを行くことにする。

Pesi 天気はよく、緑はまぶしく、よく知らない鳥が啼いている。自転車も、歩行者も、誰もいない。林に囲まれて見通しが利かないが、ところどころで橋を渡る。橋の上からは、海と宿の近くのペシ岬を見渡せる。いいところだな~。

サイクリングロードは、いつも連れて行ってもらう温泉施設の近くに出た。そこからは、受付票の地図を見て、特に迷うこともなく、受付会場へ。交流会の開始15分くらい前に無事到着。

あとで調べたら、10kmくらい歩いたようだ。なかなか気持ちがいい散歩だったが、最後のあたりではさすがに少し足が疲れてきて、翌日の大会を考え、後悔する。でも、宿に戻ってゆったり入浴したら、疲れはさっぱりとれていた。

よく考えたら、前日に10km歩いたおかげで、翌日スタート直後に足がやや重くなり、ちょうどいいペースを守れたのかもしれない。木曜に走って調子が出てきていたら、10kmくらい走って身体が温まってきたあたりで、ついオーバーペースになる危険があったと思うのだ。

それにしても、利尻・礼文では、礼文の8時間コースがいいと思っていたが、利尻のサイクリングロードも、なかなかいい。舗装路だし、アップダウンがそれほどきつくないので、自転車でももちろんいいが、ウォーキングにも快適だ。利尻を訪ねた人は、機会があったら、ぜひ走るか歩くかしてみてはどうだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

直前の調整

利尻の前に、全然トレーニングできていないと思っていたが、記録をよく見ると、昨年も3週間前の安政遠足で29km走ったあとは、2、3kmをときどき走っただけだった。そういえば、去年は断続的に微熱が続いて、走れなかったのだ。

また、一昨年は、5月後半に風邪がなかなか治らずに、2週間くらいまったく走っていなかった。走らないというよりも、1週間くらいは半分寝込んでいたようだ。このときは、最後20kmはひたすら歩いて9時間2分でゴールしている。

利尻に関して言えば、例年練習不足なので、今年だけ特に練習不足というわけではなかったようだ。それでも、昨年、一昨年と比べて不安だったのは、4月のかすみがうらで、今年はフルではなく10マイル(約16km)しか走らなかったことと、5月の安政遠足が29kmのゴール地点ではなく、約21kmの関門で止められたこと。直前数ヶ月に30kmクラスの長い距離を走っていなかったのだ。でも、それはあまり大きな影響はなかったようだ。

昨年よりもよかったと思えるのは、まずは、かすみがうらで日曜日に10マイルを走ったあとに、水曜日に12kmを走り、さらに土曜に20kmを走ったこと。このとき、前半はあまり調子が上がらなかったが、後半になっていやに快調になり、自然に速度が上がっていった。

GWの頃にまた体調がいまひとつで走らなかったら、安政遠足では速度がでなかったのだけど、この経験があったので、練習できないまま直前1週間になったとき、このパターンをまねしようと思ったのだ。日曜日に12km走ったあと、水曜日に10kmほど走ろうと思ったのだが、仕事の都合で走る時間がなくなった。しかし、なんとしてでも走っておかなくては思って、木曜日の午前中に約10kmを走った。このときは全然調子がでなくて、たった10kmくらいなのに最後のほうは少し歩いてしまって、「大丈夫か?」と不安になったのだけど、やはり3日前の10kmが、ちょうどよかったのではなかろうか。

直前2、3か月についていえば、3、4日の間隔をあけて、散発的に10km~20km程度を走ったのが、30km、40kmを走るよりも、疲れがたまらなくてよかったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

55kmのイーブンペース

利尻の完走者リストを見ていて、気がついた。私は約20kmの第4ポイントを午前9時に通過しているが、この時点で私よりも遅い人は8人しかいない。同時刻になっている人をあわせても12人だ。ところが、ゴールタイムを見ると、私の後からゴールした人が51人もいる。つまり、20kmから55kmの間に、私は40人くらいを抜かしたことになる。

午前6時スタートだから、20kmを3時間で走ると、ペースはちょうど9分/km。
タイムは8時間21分だったので、残り35kmを5時間21分で走ったとすると、9分10秒/km。
おお、後半、ほとんどペースが落ちていない。

実際にはトイレに寄ったり、エイドで止まって飲み食いしたりしているので、同じペースでずっと走っていたわけではないけれど、この時間配分は絶妙だったかも。

といっても、時間を考えて走っていたわけではないのだ。「どうせ練習不足だから、20kmくらいは無理せずとことこ走って、あとは歩いてもいいや」というお気楽な走り方が、ちょうどいいペース配分になっていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

利尻完走

利尻完走
無事に完走しました。しかも、去年より少し速い自己ベスト。なぜだ?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

利尻富士

利尻富士
少し見えてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

石屋製菓健在

石屋製菓健在
ナンバードと参加賞にミニサイズの「白い恋人」もついてた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒトデ

ヒトデ
利尻島にて。駆除のために干しているのだそうだ。干物にして食べるわけではないらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もう着いた

もう着いた
利尻着。飛行機はさすがに速い。羽田から3時間ちょっとで着いてしまった。でも、山は雲におおわれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田

羽田
3時に原稿出して、7時15分に起きて荷物つめた。あやうくシューズを忘れるところ。間に合った。もう搭乗がはじまってるやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

双子の卵

双子の卵
らでぃっしゅの卵で、初めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/05

手賀沼エコマラソンにエントリー

10月の手賀沼エコマラソンにエントリーした。今年で8回目になる。5月の安政遠足についで、参加回数が多い大会となった。最近、人気が高まり、期日前に締め切られることが増えている。参加予定の人は、早めに申し込んだ方がいい。

昨年は、どうも調子が悪いと思ったら貧血だったようで、ハーフ自己ワーストを記録したが、今年はまともに走りたいもの。今年から関門が増えたようだが、最悪の昨年でも通過できているようなので、普通に走れれば問題ないだろう。

しかし、エントリーをしていて、ふと来年は種目(年代別)が変わることに気がついた。
ちょっとショック…。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/04

脚がつる理由

最近、どういうわけか、朝目が覚めた直後によく脚がつっていた。
そういえば、TVで朝方脚がつるのは水分不足だとか言っていたな…。

気をつけて、日中にどんどん水を飲むようにしたら、ぴたっとおさまった。

そういえば、数年前によく走れていたときにも、朝方脚がつりやすくなっていた。よくトレーニングすれば脚がつりやすくなるのかと思ったが、なんだ。長い距離をよく走っていたから、水分不足になっていただけかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

流山電鉄

流山電鉄
流山に取材に行くので初めて乗る。馬橋行きと流山行きが同じホームからでる。SUICAはもちろん使えない。松戸にこんな電車もあったんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行ったことがない県

これまで、日本国内はけっこうあちこち行ったような気がする。
まだ行ったことがない都道府県は、どこだろう。
考えてみたら、徳島県と愛媛県、それに宮崎県に行った覚えがない。
徳島なんて、兵庫県のつい隣なのに。まあ、遠いところほどあこがれて行きたくなるのが普通か。

大きな遺跡や有名な城跡には、たいてい行っている。

でも、新潟県は、スキー場しか行ったことがない。
北海道は利尻・礼文に5回(今週末で6回目)、札幌周辺にも4回くらい行ったけど、阿寒湖とか知床とかは、一度も行ったことがない。
沖縄は、NAHAマラソンでしか行ったことがない。行くたびに本島の観光はしてるけど。
あんまり、全国を回ったとは言えなさそう(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/03

フリーツアー

ここ数年、12月のNAHAマラソンと6月の利尻島は、ANAカードのショッピングポイントでためたマイレージを往復航空券に変えるという手を使ってきた。

せっかく遠くまで行くのなら周辺を見て回りたいものだが、大会参加も4年目となると、簡単に行けるところは、だいたいすでに何回か行っている。そこで、今年はちょっと足を伸ばして旭山動物園に回ることにしたのだが、そうすると稚内往復を使うのは、ちょっと無理。

いろいろ考えて、ANAのフリーツアーを自分で組む。これだと、2万マイルを3万円の割合で旅行券として使えるのだ。帰りは旭川空港から羽田へ飛ぶことにして、行きは千歳経由で利尻空港へ直接飛ぶことにした。マイレージ利用だと千歳まで往復しか使えないので稚内往復に比べてかなり高くついてしまうが、ツアー料金で乗り継ぐと、全体の交通費はそれほど変わらない。

ツアーでは、最低1泊、宿泊を取らなくてはならない。ところが利尻には契約ホテルはないし、稚内でも適当な場所にあるのがバカ高いANAホテルだけ。けっきょく稚内では楽天トラベルで探した安い宿に泊まり、旭川で1泊することにした。

さて、フェリーと稚内-旭川のJRの本数はかなり限られていて、大会翌日を有効に使うには、大会当日、最終フェリーで稚内に行く必要がある。ゴール後、温泉への送迎があり、表彰式、歓送会と続くが、最終フェリーに乗る人は、歓送会の最後に抜け出してフェリー乗り場へと向かうことになる。制限時間ぎりぎりでゴールして、へたっている暇はない。完走よりも、そっちのほうが心配になってきた(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

白い恋人

札幌の編集プロダクションから資料が届いたら、北海道のお菓子がたくさん同封されていたので、ありがたくいただく。

「白い恋人」も入っていた。中に、改善点などを報告する紙が書かれていた。外箱だけではなく、個々の包装に製造年月日と賞味期限を入れることにしたそうだ。品質管理に気を配ると同時に中のホワイトチョコレートも改良したそうで、分厚く濃厚になっていたが…私は、昔の味のほうが好きかも(^^;)。

実は、昨年の利尻島で、石屋製菓の社長さんをお見かけしている。これまで、利尻島一周悠遊覧人Gのいちばんのスポンサーは石屋製菓だったのだ。今年は利尻島の参加費がいきなり上がっていたが、スポンサーは降りたのだろうか。それでも、昨年までのナンバーカードは石屋製菓の提供で、利尻島の大会の素晴らしい思い出と共に「白い恋人」が印象づけられている。それほど悪どいことをやっていたわけではないので、なんとか盛り返して欲しいものだ。

偽装発覚後、「スポーツ振興などに気を取られすぎて本業をおろそかにしてしまっていた」ということだったが、スポーツ振興に力を入れていたことは、会社にとってけっしてムダにはなっていなかったのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/01

帝釈天から小岩菖蒲園

来週は利尻島55kmだが、相変わらず、トレーニングは進んでいない。先週、2週間前に20km以上走っておこうと思っていたが、週末はあいにくの雨で体調もいまひとつだったので、けっきょく走らなかった。

直前になってジタバタするのは、疲れがたまるだけだが、さすがに11日の安政遠足で21km走って以来、20kmどころか5km以上も走っていないのはまずい…。ということで、今日の目標は15km。

15kmというと家から葛西臨海公園までがちょうど約15kmだが、ここまで走っていくと京葉線、武蔵野線と乗り継いで帰ってくるのがやっかいだ。手近なところをぐるっと回ってこよう。まずは、いつものルートでじゅんさい池へ。

じゅんさい池は、いつ行っても何かの花が咲いていてきれいだが、今日は緑がきれいだ。つづじは終わりかけで、黄花菖蒲は咲きかけか。気になったのは、なぜか亀が目立っていたこと。これまで、この池であまり亀を見た覚えがない。それにこの亀、普段お寺の池などで見かける亀に比べて、甲羅がすべすべしているような。ひょっとして、うわさのペットが放流されて増えちゃったというやつかも。

続きを読む "帝釈天から小岩菖蒲園"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小岩菖蒲園

小岩菖蒲園
向こうに見えるのは京成の鉄橋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゅんさい池に亀?

じゆんさい池に亀?
前は、こんな亀はいなかったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »