« ホームページをリニューアル | トップページ | 不忍池 »

2009/06/29

良元優作

土曜日に神保町にフォーク歌手のライブを聴きに行った。

もともとライブをやるようにはなっていない小さなワインバーに、十数人の観客。
音響も何もいいはずはないんだけれど、歌い手との距離が近い。
ギターの弾き語りが始まると、いきなり目の前に歌の光景が浮かび上がるような気がした。
それも、昭和40年代くらいの大阪の下町が。
気がついたら、歌の世界に引き込まれていた。

歌い手は30そこそこの年齢なので、昭和40年代のはずはないんだけれど。
でも、やっぱりその時代のにおいがする。

良元優作
7月1日から、関西TVの深夜番組のエンディングに流れるらしい。
「みずいろの手紙」はライブでも聞いたけど、あの曲がこうなるか~、という驚きがあること間違いなし。関西の人は、ぜひ聞いてみて。

|

« ホームページをリニューアル | トップページ | 不忍池 »

コメント

「みずいろの手紙」って、「みずいろは~なみだいろ~」って歌ですか?女性歌手が歌ってましたね。
流行ったのも昭和40年代だったかな。
そういえばその頃は大阪に住んでたこともある。
公害がひどくて、毎日のように光化学スモッグ出てました・・・

投稿: まりも | 2009/07/01 19:56

>まりもさん
それですね。でも、良元優作の歌は、全然違います。地声で語るように歌うんだけど、なんだか暖かみがあってむかし懐かしい感じで、ええですね。

投稿: meka | 2009/07/01 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良元優作:

« ホームページをリニューアル | トップページ | 不忍池 »