« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/28

『「まじめ」は寿命を縮める 「不良長寿のすすめ」』

健康に長生きするには免疫活性が重要。ストレスは免疫活性を下げるので、健康のためにとまじめにがんばってストレスをためるよりも、不真面目に人生を楽しんだほうがよいという話。特に「笑い」は免疫力アップに聞くという主張からか、ジョーク混じりで楽しく読める。

以前、セミナーでこの先生の話を聞いたときは、ともかく面白く、声を上げて笑いまくった。ただ、「禁煙でストレスをためるより好きに吸ったほうが長生きする」「コレステロール値は高いほうがむしろ高いほうがいい」など、「一般常識」をくつがえすような話が多くて、「本当だろうか?」とあやぶむところもあった。

今回、著書を読んでみると、いろいろな研究成果をもとに論理的な内容で、かなり納得がいく。これからは、この本に従って、なるべく笑って過ごしたほうがよさそうだ。

ちなみに身体は動かしたほうがいいが、激しい運動はよくない。特に早朝のジョギングは危険で、運動はちんたらするのがよいとのこと。本では「散歩程度に」ということだが、高齢者は散歩程度にでも、中年レベルや高齢者でもベテランランナーは、ルンルンペースの超スロージョギングや、ニコニコペースの気楽なジョギングがいいのではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/15

上野不忍池のあじさい

F6FF1411-7849-4547-B20C-09FCE0D397A26F32A974-A1AD-4363-B65C-F2CD89B818261FBA3ED0-AEBC-4B15-A4DE-5AACE37E18B1

三枚目、弁天堂の向こうにスカイツリーが見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

旧古河庭園のバラ

旧古河庭園にバラを見に行ってきた。行きも帰りも走ったので、ランニングのトレーニングにもなって一石二鳥。

Rose01_2


Rose02

Rose03

Rose04

Rose05

Rose06

Rose07

Rose08

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/10

高橋尚子さんについて

先日の利尻島一周悠遊覧人Gは、第10回記念大会ということで、高橋尚子さんをゲストランナーに迎えていた。

Qchan_2

前日に飛行機で来島して、小学校でトークイベントをやったらしい。前夜祭に途中から登場して、当日はスタート地点でみんなを見送ったあとで、声をかけながら抜いていって。途中のポイントでは、走ってくるランナーに次々ハイタッチ。30kmくらい走ったが、TV局に呼び出されて、最後はクルマで移動したらしい。私は見ていないが、ゴール地点でもランナーを2時間も迎えてくれたとのこと。表彰式では、プレゼンテイター。その後の打ち上げにも途中まで参加して、Qちゃんの提案で、プレゼント獲得のためのじゃんけん大会。Qちゃんと間近に接したおじさん、おばさんたちは大いに盛り上がっていた。

ただ、「それでいいの?」と思ってしまう。すっかりタレント業にも慣れたのか、イレギュラーな質問もさらりと受け流しているが、話の内容はわりあい無難。この人ならではというパワーを感じられないのだ。

走るのが好きでたまらないというQちゃんは、利尻島一周55.4kmを走りたかったのじゃないかな。そして、そのほうが、私たちも、魅力的なQちゃんと出会えたのじゃないかな。

フルマラソンでトップを競うことに限界を感じたのだとしても、どうして選手であることをやめてしまったのかなと思う。例えばウルトラマラソンを目指すとか、キャンペーンしながら世界中を走って巡るとか。走ることで、何かをしたほうがいいのでは。生き生きと走り続けて欲しいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/08

今年の利尻島は、風に翻弄された

6日の利尻島一周悠遊覧人G(ゆうゆうらんにんぐ)は、風に翻弄された。前夜から、びゅうびゅうとすごい風の音。朝起きる頃になっても、まったく止む気配がない。

幸い気温はあまり低くないものの、生暖かくて湿気が多い。スタート後は体験で15mくらいの向かい風。途中の消防署の前に、「ただいまの風速13m」という電光表示があったから、最低でも13mは吹いていたらしい。スタート頃は晴れて利尻富士が見えていたのが、すぐに曇天で山も礼文島も見えず。向かい風はびゅーびゅー。

Img_0412_2

無理して走ると消耗しちゃうよねと思って、10kmもいかない頃から、向かい風が強いときには歩くことにした。だって、両脚が地面から離れると、風に飛ばされそうなんだもん。それがよかったのかもしれない。それほど切れずに淡々と走り続けられた。

10kmを過ぎた頃から、風はしだいに弱まってくる。天候が変わったというよりも、島一周というコースの変化のおかげらしい。風は楽になったけど、生暖かくてじとっとして、気持ち悪い感じ。利尻富士が見えないのもかなしい。あまりの天候にがんばって歩かず走ろうという気などさらさら起きず。登りになったら歩き、下りになったらとことこ走るの繰り返し。

でも、半分を過ぎたあたりから、今度は追い風に。追い風が来た瞬間に、風に身を任せると、面白いように前に進む。面白いから、どんどん進んでいたが、ちょっと調子に乗りすぎたか。

歩いたり走ったりなんだけど、30km、35kmとそれほど疲れを感じていない。35kmを過ぎ、オタトマリ沼も南原湿原でも利尻富士が見えなくて残念だと思っていたら、急にぱーっと晴れてきて、利尻富士が姿を現した。

Img_0419

晴れると、もう、まわりの緑が美しいのなんのって。さすがに疲れが少々でてきたので、iPhoneで写真を撮るというのを口実に小休止を取りながら、走り続ける。

鬼脇を過ぎ、風も弱くなってきて、40km、45km…。おや、このペースでいけば、あとは1km10分で歩いても8時間21分の自己ベスト更新だ。ひょっとすると念願の8時間を切れるかも。いやいや、これからペースが落ちてくるから、それはやっぱり無理かなあ。でも8時間ちょっとでゴールすれば、ゆっくり豚汁を食べて、温泉にものんびりつかれて…などと考えていたら、それは49kmのあたりで、突然やってきた。

脚がいてえ。どこかの筋肉が断裂したのでも、関節を痛めたのでもない。ともかく脚を使いすぎて、痛みがどっと押し寄せてきたのだ。あいたたた…。とりあえず、しゃがみこんで、ストレッチをして、少し休む。痛いけど、歩くのは問題なさそうだ。ああ、向かい風に立ち向かうのと、追い風に乗りすぎたので、きっと消耗しちゃったんだなあ。30km程度の長い距離の練習があまりできていなかったのも、よくなかったんだろう。

あとわずか6kmなのに。歩いて、歩いて、歩いて、歩いて。まあ、歩いたりしゃがんで休んだりしている間に、痛みは減ってきた。もうこれは最後まで歩くしかないと思ったけれど、ゴール手前500mから走って見たら、意外に走れた。最後は、ともかく走ってゴール。

タイムはだいたい8時間44分。まあ、昨年9時間半くらいかかったことを考えれば、それほど悪くない。残り6km地点までは割合楽に行けたのは、最近は月100km以上を続けてきた成果かな。

走れたのは、練習のせい。走れなかったのも、練習のせい。やっぱり長距離は練習がものをいうというのを、大いに実感。

それにしても6回参加してきて、これまで雨が降って寒かったりしたことはあるけれど、今回のような風ははじめてだった。同じ季節に走っているのに、同じではない。あんなに曇っていたのに、いきなり晴れ渡る。自然の奥深さを感じたランだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

利尻島は完走

利尻島一周は、とりあえず完走。眠いので、詳細は後日。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

利尻島一周

今年もやってきた。去年までのところが工事中とかで、スタート地点が少し違う。

0E50FD2F-FF71-476D-A656-5F7DFE90FB86

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/03

メタボ撲滅宣言

メタボバスターこと佐藤誠也先生のブログで、『ゆっくり走れば健康になる~ 超スロージョギング入門 』をご紹介いただきました(紹介記事はこちら)。

佐藤先生は糖尿病がご専門の医学博士で、メタボ撲滅を目指して活動をしておられます。ネット上でさまざまなアドバイスをしておられるので、メタボが気になる方は、一度のぞいてみてはいかがでしょう(メタボ撲滅宣言-自分らしさを取り戻そう!)。とっても勉強になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/01

手賀沼エコマラソンのエントリー完了

昨夜、午前0時を過ぎると同時にrunnetへ接続。最初の2、3回は混雑ではねられたけど、5分くらい経つとゆっくりながら画面が表示されるようになり、0時10分くらいにはエントリー完了。支払いが完了した順番で受け付けという注意事項に同意させられたので、支払いはもちろんクレジットカードにした。まあ、いつもカードだけど。

今朝午前8時20分に定員に達して受付が終了したらしい。4、5年前までは、申し込み期間内に申し込んでおけばいいという感じだったけど、3年くらい前は6月末になる前に受け付け終了。一昨年は1週間で、昨年は1日半で受付が終了したことを考えれば、今年はそれより厳しくなるのは、当然だろう。ひょっとしたら、午前0時から何時間かはサーバーが重くなって、つながったときにはアウトになるのではと心配したが、それはなかったようだ。

問題だという声もあるようだが、長野マラソンは、もっと申し込みが大変だと聞いている。携帯での申し込みも可能らしいし、その夜のうちに申し込んでおけばいいというのは、まだいいのではないだろうか。

かといって、これがさらにエスカレートすると、申し込めなくなるよねえ。手賀沼では、第1回から連続完走という人たちが何十人かいたはずだが、2年くらい前あたりからかなり減ってしまったのではないだろうか。私は今回で申し込みは10年連続だが、2年前に1度仕事が片付かなくて棄権しちゃったから、連続完走はもうないんだけどね。

まあ、初ハーフの大会だし10年前からの習慣ということで、手賀沼には出たいと思っているが、もし申し込み不可能になるようなら、それも仕方がないか。

市民ランナーの数は増えたけれども、それに間に合うように大会が増えていないということと、ビギナーはどうしても有名大会に流れるということにも、原因があるのかもしれない。それぞれの地元で、よい大会をもっと育てていってはどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »