« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/16

『原発と日本の未来 原子力は温暖化対策の切り札か』

今年2月の発行。原発について、経済面から考察した本。いかにも研究者が書きましたという文体は読みやすいとは言わないが、60ページ程度の薄い本なので、すぐに読める。

原発は火力発電よりもコストが安いと言われるが、安全面の管理、使用済み核燃料の処理、廃炉になったときの後処理、いざというときの補償などを考えれば、莫大なコストがかかる。しかも、日本ではさまざまな問題で稼働率が低い。核廃棄物再処理事業はまったく成功していない。

事業としてはリスクがありすぎるので、市場競争原理にさらせば、勝てない。電力が完全に自由化されれば、電力会社は原発を選ばないだろうという話。

では、なぜそんな原発が増えてきたかというと、1950年代から国策として政府が推し進めてきたからだ。その理由は安全保障問題なのだという。つまり、「日本は核武装を差し控えるが、核武装のための技術的・産業的な潜在力を保持する方針」というわけだ。また、エネルギー問題で太平洋戦争が始まったことを考えると、石油由来ではないエネルギー源を確保する意味があったのだろう。それに賛成か反対かはおいておき、冷戦構造の当時の事情からすれば、そういう選択もあったのだろうと腑に落ちる。

それが時代の変化に関係なく続いてきたわけは、御用産業として既得権がからんでしまって、身動きできなくなったということだろう。競争原理が働かず、規制もなれ合いになって、安全対策もおろそかになったのか。それを方針転換をするためには、いまは大きなチャンスといえるだろう。

ところで面白かったのは、原発推進国が二酸化炭素放出削減には成功していない傾向があるという考察だ。環境問題に真剣に取り組む国は原発を廃止・縮小しようとしているとのこと。それは、そうだろう。何千年も危険な放射能を出し続ける核廃棄物質を残したり、いったん事故が起これば取り返しが付かない汚染をまき散らす可能性がある原発を環境にいいと主張するのは、どう考えてもおかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/15

5月22日に超スロージョギング体験会を実施します

5月22日(日)に午前10時から上野公園周辺で、超スロージョギング体験会を実施します。詳細はこちらへ。

歩くよりもむしろ遅いくらいのゆっくりしたペースで約30分走ります。どなたでもお気軽にご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/07

ボストン美術館浮世絵名品展

昨日、千葉市立美術館『ボストン美術館浮世絵名品展』に行ってきた。

浮世絵の展示は増えてきているが、これほどゴージャスなものが、これほど大量に展示されることは珍しいのじゃないだろうか。保存状態がよく、色が鮮やかで、線の1本1本がくっきり見える。とても江戸時代のものとは思えない。

明治時代の外国人は、これと同様か、もっと鮮やかなものを見たから、感激したのだろう。もし、古ぼけて色あせたものしか見たことがなかったとしたら、浮世絵のイメージががらっと変わるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『すべては戦略からはじまる』

会社経営について特に興味はないけど、評判になっていたので読んでみた。

小説仕立てで経営戦略について学べるということで、確かに読みやすい。小説の筋立ては陳腐だけれど、困りものの営業部長は、ものすごく存在感がある。こんな人、いるよねー。

経営戦略については、まあ当たり前のことなんだけど、それを体系化して考えるための手法がいろいろあるんだなということはわかった。入門書としては、よくできていると思う。経営について門外漢だからこそ、読む価値はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/02

『電気自動車が加速する!』

電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)について、その仕組みとこれまでの開発の流れ、問題点などについて、詳しくまとめた本。2009年4月の発行で、本書では開発中とされている日産は昨年リーフを発売するなどごく最近の情報は載っていないが、大きな流れには変化はないので、内容は古くなっていない。技術的な話はとっつきにくいところもあるが、かなりていねいに説明されているので、高校生レベルの理科の知識があれば、よく読めばじゅうぶん理解できると思う。むしろ、科学技術に興味がある一般人には、とても面白い。

節電ムードの中で電気で走る自動車を敵視する人もいるようだが、それはEVやFCVについてよく知らないからだろう。エネルギーを使い放題にできない時代になればなるほど、EVやFCVは役立つし、力を入れて発展させなくてはならないと思う。

電力が不足するからと行って、ガソリンを使い放題にできるわけではない。電気自動車はブレーキの回生エネルギーを利用できるし、アイドリングは存在しない。エネルギーを無駄遣いせずに大切に使うことができる。

しかもバッテリーで駆動するので、いま問題になっている電力のピーク時供給を増大させない。風力、太陽光などの不安定な電力供給でも、利用できる。また、停電時に非常用電源として使える大容量バッテリーがあちこちの家庭にあるというのは、家庭の危機管理のためには、いいことだ。

低速時にもスムーズにパワーを発揮できること、静かな車内環境など、運転する側からも大きな魅力があり、人にやさしいクルマになれると思う。価格やバッテリー性能の面など、解決していかなくてはならない問題はあるが、新しい技術が実用化されていくのは、わくわくする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/01

そして、写楽展

今日から始まった東京国立博物館の写楽展に、朝一番に行く。少し早めに着いたのだが、すでにかなり並んでいた。

最初のほうは、写楽までの浮世絵の流れという感じで、他の絵師の浮世絵が並んでいた。浮世絵の流れなどはだいたいはこれまでに見聞きしているので、人山ができていたこともあり、パス。写楽と他の絵師が描いた同じ役者を比較しているあたりから見たのだが、まだ人が少なくて、じっくり見ることができた。

同じ役者を描いたものは、特徴は共通しているが、写楽の絵は個性を強調しているように見える。

保存状態がいいものとよくないものを並べたコーナーがあったが、保存状態がよいものは、本当に色がきれい。保存状態が悪いものを見て浮世絵を判断してはいけないと思う。ミュージアムショップではアダチの復刻版を売っていたが、刷り立てはさらに鮮やかだ。

その後は、時代順にほぼすべての写楽の浮世絵を並んでいる。わずか10ヶ月くらいの間なのだが、どんどん変わっているのがよくわかる。これは、見応えあり。

Oct

常設展では、小袖や鍋島の皿が気になった。さざえをかたどったという兜が面白い。

ここでは、撮影禁止マークがついていない展示品は、写真撮影できる。蛸の根付けがかわいかったので、撮ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »