« 美術展、いろいろ巡り | トップページ | 『電気自動車が加速する!』 »

2011/05/01

そして、写楽展

今日から始まった東京国立博物館の写楽展に、朝一番に行く。少し早めに着いたのだが、すでにかなり並んでいた。

最初のほうは、写楽までの浮世絵の流れという感じで、他の絵師の浮世絵が並んでいた。浮世絵の流れなどはだいたいはこれまでに見聞きしているので、人山ができていたこともあり、パス。写楽と他の絵師が描いた同じ役者を比較しているあたりから見たのだが、まだ人が少なくて、じっくり見ることができた。

同じ役者を描いたものは、特徴は共通しているが、写楽の絵は個性を強調しているように見える。

保存状態がいいものとよくないものを並べたコーナーがあったが、保存状態がよいものは、本当に色がきれい。保存状態が悪いものを見て浮世絵を判断してはいけないと思う。ミュージアムショップではアダチの復刻版を売っていたが、刷り立てはさらに鮮やかだ。

その後は、時代順にほぼすべての写楽の浮世絵を並んでいる。わずか10ヶ月くらいの間なのだが、どんどん変わっているのがよくわかる。これは、見応えあり。

Oct

常設展では、小袖や鍋島の皿が気になった。さざえをかたどったという兜が面白い。

ここでは、撮影禁止マークがついていない展示品は、写真撮影できる。蛸の根付けがかわいかったので、撮ってみた。

|

« 美術展、いろいろ巡り | トップページ | 『電気自動車が加速する!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/51544217

この記事へのトラックバック一覧です: そして、写楽展:

« 美術展、いろいろ巡り | トップページ | 『電気自動車が加速する!』 »