« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/04/09

『月の森に、カミよ眠れ』

『月の森に、カミよ眠れ』 (偕成社文庫)

「守人シリーズ」の上橋菜穂子さんの初期の作品。古代日本の蛇神と人間との絆を描いたファンタジー。少し荒削りなところはあるが、異性への愛と共同体への想い、自然と人間との関わりなど、重いテーマをきびしく描いているのは、さすがだ。この人の物語は、けっして甘いハッピーエンドにはならないのだけれど、それでもなんとかがんばって生きていこうとする登場人物たちを、いつも好きになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/06

『シロクマのことだけは考えるな!』

友達が面白かったと書き込んでいた。個人的に「シロクマ」に惹かれて読んでみた。

心理学の研究成果にもとづいて、自分がくよくよせずにすんだり、人とのつきあいかで悩まずに済む考え方を指南する本。内容は社会人として経験を積んでいればわかっていることも多いが、実験結果をもとに説明されているので、納得する点が多い。

若い人には、目からウロコのことも多いのではないだろうか。生き方やつきあい方の本というと、うさんくさいものも多いが、これは読んでおいて損はないと思う。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »