« 『英会話不要論』 | トップページ

2015/02/17

『公務員ってなんだ?』

公務員ってなんだ? ~最年少市長が見た地方行政の真実~ (ワニブックスPLUS新書)

著者の熊谷俊人千葉市長をtwitterで見かけて、ずいぶんまっとうでいいことを言う市長さんだなと思っていた。著作がでていることを知ったので、読んでみた。

大財政赤字でも、たいていの市長は選挙民に「こういうことをやります」と公約して支持されると、いい顔をしてしまうこと。公務員は、たとえやばいと感じても、選挙で選ばれた人の方針にはさからえないこと。なるほど、こういうことは気がつかなかった。でも、そうやってふくれあがる財政赤字のつけは、けっきょくは市民にはねかえってくるのだ。

人口が減少して財政難の時代に、「これをやれ、あれもやれ」では、成り立たない。何を捨てて何を優先するかだというのは、本当にその通りだと思う。ゴミ処理に多額の費用がかかっていることを、市民は自覚したほうがいい。ゴミの分別をきちんとやるかわりに、保育所や高齢者施設が充実するなら、そのほうが絶対にいい。

ただ、熊谷市長が本当に偉いところは、市民がわかっていないとか、公務員がなっていないとか言わないで、わかるように説明したり、納得できるように交渉したりするところだと思う。批判ばかりでは、何も前に進まない。自分の選挙区にこんな政治家がいたら支援したいなあ。

|

« 『英会話不要論』 | トップページ

コメント

こんばんは

涼もTwitterで応援しています。本も、Kindleで買いました。
「テキストDaisy」というのを、製作する予定にしています。

投稿: | 2015/02/17 22:10

涼さん、こんばんは。

ぜひ多くの人に広めたい本ですよね。
「テキストDaisy」化、よろしくお願いします。

投稿: 梅方久仁子(meka) | 2015/02/18 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26667/61153155

この記事へのトラックバック一覧です: 『公務員ってなんだ?』:

« 『英会話不要論』 | トップページ