2010/08/25

『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』

 私は高山にはほとんど登らないが興味はある。昨年の遭難の報道を見て、震撼した。なぜ、比較的安全なはずの夏山で、しかもツアー登山で、18名中8人という多くの人が亡くならなくてはならなかったのか。

 この本は、生存者にインタビューしてできるだけ当時の状況を再現した上で、多様な専門家の意見も加えている。1ライターとして、よくできた本だと思う。

 けっきょくわかったのは、低体温症の危険と、それがかなり経験がある登山者の間でさえも、あまり知られていないという事実だ。また、詳しい人が連れて行ってくれるはずのツアー登山のあやうさも、浮き彫りになっている。

 高山には、平地にない魅力がある。しかし、それは平地と同じではない危険な場所だということだ。知識がなければ、あっという間に生命の危険に脅かされるかもしれない。登るのであれば、ひとりひとりが、もっとそのことを自覚しておくべきなのだと思った。

 登山する人は、できるだけ読んで欲しい本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

『走る意味-命を救うランニング』

マラソン解説者でニッポンランナーズ理事長の金哲彦氏の自伝。

金さんとはニッポンランナーズの練習会や佐倉マラソンで何度か顔を合わせたことがあるし、著書も読んだ。まじめで頭がよく、人柄もいい人だなという印象があったが、どういう経歴の持ち主かは、よく知らなかった。

今回、この本を読んで思ったのは、「金さんって、面白すぎ」ということ。周囲におとなしく導かれて上を目指してきたのではない。でも、かといって、がんがんに自我をぶつけて来たわけでもない。自分が思った道を自分で切り開いて自然体でやってきたという感じ。でも、何をやるにも思い立ったら一生懸命で、身体をこわすような打ち込みかたも何度もやった。

いちばん驚いたのは、リクルートランニングクラブは、普通の社員として入社した金さんが、1人で作ったという話。金さんが活躍して大会に入賞したりTVに写ったりしたので、宣伝効果が大きいと気づいた会社が後押しするようになったのだとか。

金さんの人生って、驚きの連続だ。ランニングに特に興味がない人でも、1人の人間の生き方をたどれて面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

明日の那覇の気温

最高気温25度だって(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日はNAHAマラソン

11月に走った距離、7.2km(^^;)。ただし、歩いた距離は163.6km(一部歩いている途中で少し走ったのも含む)。合わせると約170km。1km以内のちょこちょこ歩いたのは入れていないが、生活上1月40kmくらい歩いたとすると、トレーニング距離は約130km。

11月18日は分散しながらだけど、1日で17.8km。10月には、かなり歩きながらだけど17.9kmと最後の6kmをほぼ歩き通したけど最初の15kmは何とか走った手賀沼の21.1km。

量的にも一度の距離的にも、とてもまともに走れるとは思えないが、ぎりぎり関門をくぐりぬけてゴールできる可能性がないとも言えず…。いっそ全然ダメだと、あきらめちゃうんだけど、ぎりぎりで行けそうだと、めちゃくちゃつらくなるからイヤなんだけどなあ(^^;)。でも、もし行けそうなら、やっぱり琉球ガラスの完走メダルは欲しいからなあ(泣)。まあともかく、中間点までは自分の足で行けると思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/26

ランステの利用料金

皇居ランナーのために新たにできるというランナーズステーション。銭湯の混雑緩和のために役立つのかなと思ったら、ビジターの利用料金が1回700円? レギュラー会員でも月2000円で、月4回分の利用権しかついていない。5回目以降は500円必要なのだという。

コインロッカーは300円だし、立地条件を考えれば地価が高いだろうことはわかるけど、入浴できる銭湯の方がかなり安いようでは、いったいどのくらいの人が利用するのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

NHKニュースのマラソンって…

土佐選手、世界陸上銅メダルおめでとう。

しかし、NHKの7時のニュースって…。

「ケニアの選手がスパートして置き去りにされた土佐がねばり…」って、あとはずっと土佐選手のことばかり。せめて、「あのヌデレバ選手が優勝」だって、報道しろよー。「ケニアの選手」で済ませちゃって、誰が1着に入ったかも言わないなんて、失礼だと思わないのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/01

世界陸上、競歩で誘導ミス

世界陸上の競歩50kmで、係員の誘導ミスから日本選手がコースを間違えたということで、失格になったそうだ。今年の陸連公認の千葉マリンハーフでミス誘導があって騒ぎになったばかりなのに、まさか世界陸上でミス誘導とはねえ。

この前の選手の部屋がなくて床で寝た件といい、新聞ダネになるようなミスが続くのは、ひやっとしたけど何とかしたというミスが、もっとあったのじゃないだろうか。

人員体制にどうも不備があるとしか思えない。資金の問題か、人数の問題か、質の問題か、教育の問題か…。恥ずかしいぞ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/29

選手の部屋がないって…

世界陸上:手配ミスで部屋ない エリトリア選手、床で一夜」(毎日新聞)

何やってんだ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/08/22

そういえば、世界陸上

この暑さの中で、やるのだろうか…。熱中症で倒れる人がいませんように。選手だけでなく、役員や見物人も注意が必要かも。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/08/09

グロスとネット

「教えて!goo」の英語カテゴリで、「グロスとネット」についての質問を発見。

走り始めてから聞くようになったので、てっきりランニング用語だと思っていた(笑)。一般的な英語だったんだ。へえ、ゴルフでも使うんだ。

そういえば、お菓子の袋に「NET ○g」などとあるなあ。ネットタイムのネットは、あれと同じだったのか(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧