2013/06/07

登録免許税の還付?

厚生労働省から、封書が届いて驚いた。

中を見ると、「薬剤師名簿訂正申請に課された登録免許税の還付についてのお知らせ」というのが入っていた。

要するに、薬剤師免許の登録申請には、これまで氏名1000円、本籍地1000円という形で、別々に料金が必要だった。それが、1枚の用紙で申請するのなら1件1000円だろうということになり、5年前にさかのぼって払いすぎた人に返してくれるのだという。

私は4年前に氏名と本籍地を変更申請したので、1000円戻ってくる。

税金還付と聞いて、最初はオレオレ詐欺の一種ではないかとうたがったが、どうやら本当らしい。

たぶん、誰かが国税局関連のどこかに文句を言って、1枚なら1件でいいでしょということで、審判がおりたということらしい。

まあ、たとえ1000円でも、払いすぎたものがかえってくるのから、ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

年金保険料を払いたいと思っているのに…

国民年金の月払い口座振替を年払いに変えようと思ってネットで調べたら、用紙があったので印刷して記入した。実は年金事務所のすぐそばに住んでいるので、先日ちょっとの空き時間をぬって持っていった。すると総合受付では2階の担当部署に持って行けという。やれやれと2階に行って「変更届を出すだけなんです」と言ったのだが、係が対応するから番号札をとって待てという。番号札は1人待ちくらいだったが、これから仕事で出かける電車の時間が気になる。書類を出せずにもういいやとそのまま立ち去った。電車の出発までは時間の余裕があったが、ダイヤが乱れていて、早めに着かないと大変なことになるところだった。待たなかったのは正解だったと思う。

しかし、2月末までには平日昼間にその事務所の近くに行く暇がない。仕方がないので郵送しようとネットを見たが、書類fはあるのに送付先とか書いていない。問い合わせ先も、年金関連の相談だけで、口座振替関係の電話番号が書いていないw。

実は去年まで年払いだったのを今年はちょっと資金難で月払いに変えていた。去年手続きしたので、受付先は近所のその年金事務所だということも、郵送するだけで手続きできるということも、年払いのための変更は2月末が期限だと言うことも知っている。その事務所の電話番号はネットに載っていたので、昨日外出先から電話したら、書類を送ってくれるという。手持ちの書類を送ってもよかったのだが、たぶん返信用封筒がついてくると思って送付を依頼した。あんのじょう、料金受取人払いの返信用封筒付きで書類が届く。

私は電話代は払ったが、これで無料で書類を送れる。でも、年金事務所は、書類の送料と返信料と、余分な経費を使っているんだよね。

そもそもこんなに受付に手間がかかるのなら、どうしてネットに書類が掲載されているのだろう。本来郵送可の書類なんだから、総合受付で受け取ればいいのに。不備の可能性が気になるのなら、住所と電話番号の記載だけチェックしておけばいい。

ところでもう1つ気になったのは、年払いにしたいと言ったので、年払いのところに○をしてくださいという付箋が貼ってあったのだけど、2月末までに手続きしなければ今年は年払いにならないという注意が、電話でも手紙でもなかったこと。まあ、書類に小さく書いてあるけど。電話したのが2月21日なんだから、「末までに送ってください」と注意するのは、常識的には必須だろう。

こっちは1年分をまとめて払おうというのに、払ってほしくないんだろうとしか思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/28

つっぱり型もの干しを使って、ベランダにすだれを

暑さよけに緑のカーテンとかすだれをたらすとかいうけれど、賃貸で軒下に釘がないと、つるすのがむずかしい。

今年、うちでは緑のカーテンを作るのに突っ張り型のベランダもの干しを使ってみた。ベランダの天井と床の間をつっぱり棒でささえて、竿を渡せるものだ。緑のカーテンだと植物が生い茂ってきたときに荷重が心配だが、もともと濡れた洗濯物を干すためのものだから、けっこうしっかりしている。

これは、すだれをつるすのにいいかもしれない。

暑さ対策ですだれを使うコツは、窓から離れたところにつるすことなのだそうだ。日が当たると、すだれ自体が熱を持ち、熱を発するようになる。窓際ぎりぎりにすだれをたらしていると、日陰はできても、すだれの熱が室内に入ってきてしまう。少し離れたところにつるせば、すだれの輻射熱が室内に入ってこない。

そうはいっても、ベランダのひさしの先には、かけ釘などは普通はない。つっぱり型もの干しを使えば、窓際から離してすだれもつるせそう。

↓ということで、いちおう紹介。うちのは多慶屋で買ってきたので、同じものかどうかはわからないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

LEDより電球型蛍光灯かな

昨夜、風呂場の電球が切れた。昨日はドア越しの洗面所のあかりで入っても特に問題なかったけど、やっぱり明かりは必要だろう。

時節柄LED電球にしたほうがいいのかなと思って、ヨドバシのサイトで探してみたが、LEDは高いだけではなく、購入には注意が必要らしい。ヨドバシの説明によれば、一般のLEDは真下だけ明るくなるので、周囲も照らしたい場合は最近出てきた全方向型のものにしたほうがよいとのこと。また、60W相当の明るさを求めるなら、825lm以上のものにせよとのこと。

風呂場の電球は、天井ではなく壁からにゅっと出ているのだから、正面だけ明るくなるというのは、困る。ところがラインナップを見ると、全方向型で825lmというのが見当たらない。近そうなのは、例えばパナソニックで比べるとLDA7D-Gは全方向型で4851lm。消費電力は7.2W、価格はヨドバシで3480円。全方向型ではないけれど8251lmのLDA9DHは消費電力9.2Wで4480円。

昨夜困らなかったことを考えるとやや暗くてもいいのだろうが、どちらも白熱球のときと比べてかなり暗くなりそうだ。

電球型蛍光灯はどうなんだろう? これはけっこうラインナップが多いみたい。例えばEFD15EL10HSは消費電力10Wで1480円。

耐久性の問題があるから価格はなんとも言えないけれど、借家住まいであることなどを考えると、ものすごく長持ちしても意味がない。当座の出費が抑えられるのはありがたい。

消費電力に関しては、少ない方がいいとはいっても7.2Wとか9.2Wと10Wでは、そんなに違わない。消費電力を抑えてもあまり暗くなっては困る。60Wの白熱球と変えるのなら、10Wの電球型蛍光灯でじゅうぶんな節電効果じゃないだろうか。

省電力の照明ならLEDと思っていたけど、今回に限っては電球型蛍光灯かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/07

東京時代まつりで、大奥御殿女中になる

Jidai1_3

11月3日に浅草で東京時代まつりというのがあって、いろいろな時代の扮装をした人たちが雷門の前の大通りをパレードする。

今年、私は区の広報で見つけた区民参加というのに応募して、大奥御殿女中をやらせてもらった。普段はできない格好を、無料でさせてもらえるというのだ。9月末に説明会があって、4時間もパレードをすると聞いて不安になったが、かつらあわせで頭のサイズを測ってもらったり、プロにお化粧もしてもらうと聞いて、本格的な様子に、ちょっとドキドキ。

着付け会場は、浅草の伝法院。普通なら入れない古い建物と庭を見学できて、それだけでも参加した価値はあった。

着物はあきらかに化繊で着け帯びなのには、ちょっとがっかり。でも、日本髪のかつらは初めての体験だ。着物はちゃちでも、かつらをつけるとかなり雰囲気が変わる。

Jidai2

着付けた後、浅草寺裏の本会場で踊りやミニ芝居が長々続く。大奥御殿女中はパレードだけなので、出番はない。立ったまま1時間以上も待たされ、しかも肝心の出し物は後ろから眺めるだけで、声もよく聞こえない。脳貧血で倒れる人も出て、かなりうんざり。しかも、スケジュールがきちんと知らされていないので、いつまで待つのかわからない。どうやら、予定よりもスケジュールが遅れていたようだ。

でも、いざ本番のパレードが始まると、そんなイライラ気分はふっとんでしまった。なにしろ、大通りの真ん中を堂々と歩くと、道の両側に観衆がいて、カメラを向けたり手を振ったりしてくれるわけ。単に仮装をしているだけで、しかも私はその他大勢の役回りなのだが、ちょっとした大物気分だ。

写真は、大奥御殿女中の一行。侍姿の男性が先導し、次に春日局など役付きの方々、それからその他大勢の御殿女中という順番。近くで見るとちょっとちゃちい矢絣も、大勢そろうときれいで迫力がある。

Jidai3

東京マラソンで大通りを走ったときにも、ちょっと似たような高揚感はあった。でも、東京マラソンでは、大勢の観光客にカメラを向けられたりはしなかったからなあ。

説明会ではパレードは4時間と聞かされていたが、実際には1時間くらいで終了。待ち時間とあわせても、予定より1時間以上早いじゃん。まあ、そのほうが楽でよかったけど。

スケジュールをきちんと教えてくれなかったり、長時間待たされたりと運営には文句があるが、着付けや化粧を担当してくださった方々は親切で手際がよくて、文句なし。とても楽しくて貴重な体験だった。

それにしても、かつらは思ったよりも重くはなかったのだけど、脱いだとたんにくらくらしたので、ずいぶん締め付けていたらしい。時代劇でかつらをかぶって長時間演技している俳優さんはえらいなあ。

ところで、この東京時代まつり、あまり知られていないみたい。大がかりな仮装大会みたいなものだが、どうせならもっと宣伝して盛り上げてもいいのじゃないだろうか。数年前にスポンサーが降りてしまって大変らしいが、22年続いているというから、それなりにがんばっている。もう少しみんなが楽しめて観光に人が集まるようなお祭りにしていければ、スポンサーもつくのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/08

超スロージョギングの情報発信ブログ開始

超スロージョギングの情報発信ブログを始めました。
超スロージョギング生活」も、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

最初が大変

2週間ほど前にまいた朝顔が、芽を出してかなり伸びてきた。

発芽を見ていると、芽が出てむくりと起き出したあとが大変そうだ。双葉の広がる力で殻を振り落とさないと、それ以上伸びられない。殻が固すぎるのか、双葉が出てこれずに、そのまま枯れてしまうものもある。

鶏のひなは、殻を破らないと出てこれない。人間は産道をくぐり抜けないと出てこれない。

そういえば、原稿書きもそうかなあ。最初にぐいっと出てくるのが大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

鮭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

うめこぶ茶

うめこぶ茶
お汁粉はともかく、こんぶ茶とは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/20

道路をふさぐ場合には

最近は谷中や隅田川・荒川方面ばかり走っていたので、久しぶりに皇居方面に走りに行ってきた。

御茶ノ水橋から明大通りを駿台下方面に抜けようとしたら、なにやら人混みが。それでもすり抜け可能なほどだったので、気にせず歩道を進んでいくと、ビデオやカメラをかまえた人が群れているあたりで、歩道にロープが張ってあって通れない。どうやら、駐車場から有名人でも出てくるらしい。

戻ろうかと思ったけれど、人混みをかき分けて戻るのも面倒。いますぐにも出てきそうな雰囲気だったので、好奇心もあって、通り過ぎるのを待つことにした。すぐに、野球選手を乗せたオープンカーが現れた。へえ。優勝でもしたのかな。しかし、3台、4台…。いったい何台続くんじゃい?

5、6台も通っただろうか。今度は徒歩の選手がぞろぞろ。そろそろ通して欲しいんだけどなあ。待ちきれずにロープをくぐって通っていく人もいるが、なんだかうれしそうに写真撮影しているし、警察官も出ているので、気後れして行きそびれる。それでも、もういいだろうかと思ったら、今度は吹奏楽の行進が…。

こりゃだめだ。あきらめて御茶ノ水のほうに戻って、信号を向こう側に渡ろうと待つ。しかし、隣の人が「ここ、渡れるのかな?」と不安そうに話す声が。そうだ。あの吹奏楽隊が、オープンカーに続いて車道を通ってくるとしたら、この横断歩道を横切っていくはず。待っていても、向こう側には渡れないかも…。

向こう側に渡るのもあきらめて、裏道を山の上ホテルのほうに回ることにした。しかし、時間が経つほど、めちゃくちゃ腹が立ってきた。ここは、天下の公道ではないか。なんで、いきなり通行を妨害されなきゃいけないのだろう。

いやいや。彼らにとってはおめでたいことがあったのだろう。一時的に通行できなくして祝勝パレードをするくらいのことは、あってもいい。マラソン大会だって、公道を通行止めして走らせてもらっている。問題は、何時から何分ぐらい通れませんとか、迂回路はこちらですとか、案内が全然ないことだ。案内がないまま、普段通りに通ろうとすると、歩道がロープでふさがれていて、いつ通してもらえるのか、どこなら通れるのがわからない。これって、やっぱりおかしいよ。一般の道路をふさぐのであれば、そのくらいの配慮はあって当然だろう。

そんなことを考えながら走っていたら、竹橋に出るつもりが、気がついたら九段下だった(;_;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧